スーツケース ステッカー

スーツケースにステッカーを貼るときの選び方や注意点を紹介!

2018/12/18

出張や旅行、様々な場面でスーツケースは使いますよね。そんなスーツケースに、ステッカーをおしゃれに貼って、自分だけの個性を出したり旅行の記念にステッカーを貼ったりしている人をよく見かけるかと思います。

空港など大勢の人が集まる場所では、ステッカーでデコレーションしているとすぐに自分の物を見つける事が出来たり、盗難防止にもなりますよ。

この記事では、そんなスーツケースに貼るステッカーについて紹介していきます。

スーツケースに貼るステッカーの選び方

スーツケース ステッカー
ステッカーをいきなりスーツケースに貼るとなると、少しハードルが高いと感じる人も多いと思います。そのため、どのあたりに貼ってどこを重ねるか、ポップな感じなのかアンティーク調にするのかなどのテーマを最初に決めておくと、アレンジしやすいですよ。

初心者の方はまず、大小様々な大きさのステッカーを使うことがオススメです!

また、ステッカーを選ぶ際には剥がれづらいものを必ず選ぶようにしましょう。せっかく貼ったステッカーが簡単に剥がれてしまったら、残念ですよね。剥がれてしまった際にスーツケースを汚してしまう恐れもあります。

そういった点から、まずは剥がれづらいステッカーを選ぶことが大切です。実際お店などで気に入ったステッカーを見つけてもそのステッカーが剥がれやすいかなどは分かりません。

そのため、レビューをチェックすることをおすすめします。チェックして、剥がれづらいという声があれば買っても大丈夫なものなのかなと自分なりの判断が出来ます。

他に注意することの一つとして、自分が日本人であるという事がバレバレになってしまうような日本語のステッカーはなるべく貼らない方がいいでしょう。海外旅行の際にトラブルの元になる可能性もあります。

スーツケースに貼るのにおすすめのステッカーの種類

ここからはスーツケースに貼るのにおすすめのステッカーの種類を紹介していきます。

ステッカーにも様々な種類があるので、自分の好みに合わせて選んでみましょう。

国がテーマのステッカー

 

View this post on Instagram

 

Christina Sさん(@christina_sgm)がシェアした投稿


海外旅行に出かけるとその行った国でのステッカーを購入する機会があると思います。これを、「国名ステッカー」と呼びます。

国名ステッカーをスーツケースに貼っていくと、どこの国に行ったのかを思い出と共に残すことが出来ますよ。旅行が趣味な方や、よく出張に行かれる方は、いろんな国のステッカーを集めて貼ってみるのもいいかもしれません!

航空会社のステッカー

旅行や出張、移動手段として航空会社を利用したときに、航空会社のステッカーを貰えることがあります。

それぞれの会社のロゴマークがあり、見比べるのも面白いですよ!

ブランドステッカー

 

View this post on Instagram

 

roooooooookie9さん(@roooooooookie9)がシェアした投稿


お気に入りのブランドがある方は、ブランドのステッカーを貼るのも良いでしょう。

特に、ブランドのキャラクターなどを真ん中に貼ると目立つため、すぐに自分の荷物と判断することもできます。

スーツケースの素材によって貼りつき具合が変わる

スーツケース ステッカー
ステッカーを貼るスーツケースの素材によって、ステッカーの貼り付き具合に差が出ます。

1番剥がれにくいのは、表面がなめらかな素材です。表面がなめらかな素材はステッカーが貼りやすくなっています。車のボディなどの質が高い塗装が施されている素材も粘着性は高いと言えるでしょう。

逆に、つや消し加工がされていて表面がザラザラしている素材や、歪みがあって平面の精度が悪い素材などはステッカーが剥がれやすい素材の代表と言えます。つまり、ステッカーの糊面がどれだけ素材と密着するかが剥がれやすさを左右するポイントとなります。

しかし、せっかくステッカーと相性の良い素材でも、表面の状態が悪いと剥がれやすくなってしまうので注意が必要です。

スーツケースのステッカーが剥がれにくくなる方法

ここからは、スーツケースにステッカーを貼った際に剥がれにくくなる方法を紹介していきます。

ステッカーを貼る前に貼る場所を綺麗にする

ステッカーの糊面にとって、1番の大敵は油分です。表面に油分があると糊が上手く素材に貼り付かず、非常に剥がれやすくなってしまいます。また、同じ理由でホコリや指紋などの汚れも剥がれやすくなってしまう要因となります。

そのため、ステッカーを貼る前は、貼る部分の汚れ・油分などを中性洗剤でしっかり落とすことをおすすめします!

ドライヤーを使って剥がれにくくする

スーツケース ステッカー
剥がれにくくする方法の一つとして、「温度」があります。

ステッカーの糊面は気温20℃あたりを下回ると、柔らかさを失い素材に馴染みにくくなってしまいます。これは特に、スノーボードへ貼る場合や、秋冬など気温の低い時期に貼ったとき、失敗する原因の一つとなります。

対策としては、気温が高い場所で貼るのが一番いいのですが、ドライヤーで貼る部分を温めてからステッカーを貼り付けるという対策があります。この方法の場合、ステッカー自体は熱に弱いので、ステッカーを直接暖めるのはあまりおすすめできません。

旅行に出かける前などに事前に貼っておく

ステッカーに使われている糊は、貼った直後は粘着性が低く、貼ってから徐々に硬化し強力に貼り付くと言った特性の物が使われています。そのため、糊が硬化する3日間くらいは、物が当たったりするなど物理的な接触に気をつけることでステッカーの粘着度を引き出すことが出来ます。

車やバイクだとステッカーを貼った後、すぐに洗車したり、雨に当たってしまうことは避けましょう。スノーボードの場合、滑る前日にステッカーチューンをする方が多いかと思いますが、出来ればもっと前にステッカーは貼っておいたほうが良いです。

スーツケースにステッカーを貼って個性を出そう!

スーツケース ステッカー
普段何気なく使っているスーツケース。しかし、ステッカーを貼ることでおしゃれに可愛く、自分の個性を出し自分だけのスーツケースを作ることも出来ますよ。初心者の方でも、最初から無理はしないで自分でアレンジ出来そうなステッカーから集めてみるのもいいと思います。

あまり、ステッカーには興味が無い方も、偶然、旅行などで訪れた場所があなたのステッカー1号になるかもしれません。ステッカーを貼る際には、上で書いたようにどのようにすると剥がれにくいかを参考にしていろんな貼り方を試してみましょう。

スーツケースにステッカーを貼って、世界に一つしかない自分だけのものを作ってみるのも旅の醍醐味のひとつですよ!

TAGS