ユタ州

大自然と独特の文化に溢れたユタ州はどんな場所?ユタ州の魅力を紹介!

2018/12/21

大自然と、独特の文化で知られているのが、アメリカのユタ州です。2002年冬季オリンピックの開催地としても有名な地域で、留学生の受け入れも多く、学問の町としても知られています。

この記事では、オリンピック開催地に選ばれるほど、世界中の人々をを魅了している、ユタ州について紹介していきます。ユタ州に旅行を考えている方もぜひ参考にしてみてください。

ユタ州ってどんな場所?

ユタ州
ユタ州は、アメリカの西部に位置しています。州都はソルトレイクシティで、ユタ州の中心機関が集まっています。

ソルトレイクシティは、末日聖徒イエス・キリスト教会が築いた都市でもあり、末日聖徒イエス・キリスト教会の本部が置かれています。また、戦後は、日系人を多く受け入れており、日系人が多く住んでいる地域でもあります。

ユタ州の気候は日本と同様に四季がある

ユタ州には、日本同様に四季があります。

ただし、夏は日本よりも乾燥しているので、肌がべたつくような暑さではありません。年間の気温は、-5°Cから34°Cの間で基本的に変化し、それ以上や以下になる日は少ないです。

また、アメリカ国内では、比較的雷雨の少ない地域でもあります。

ユタ州の治安はアメリカの中でも良い

規律の厳しいことで知られる末日聖徒イエス・キリスト教の信者が多いことから、アメリカでも有数の治安の良さと言われています。

ユタ州では、アルコールやギャンブル、カフェインや薬物などが、宗教的に制限されています。オリンピックの開催地に選ばれた理由として、治安の良さが関係しているとも言われています。

しかし、治安が良いからといって、深夜に一人で出かけるなどの行為は避けた方が良いでしょう。

日本からユタ州への行き方

日本からユタ州への直行便はありません。そのため、羽田空港からは、シアトル、成田、羽田、関西国際空港からは、サンフランシスコを経由し、国内線でソルトレイクに行く方法が一般的です。どちらも、合計12時間から15時間のフライトとなります。

デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空などが、フライトを運行しています。費用は、エコノミークラスで、往復20万円前後が多いです。

ユタ州で人気のおすすめ観光地

ユタ州
ユタ州は自然が味わえる観光地が多いです。

ここからは、ユタ州で人気のおすすめ観光地を紹介していきます。

ブライスキャニオン国立公園は自然が作り上げた芸術品

 

View this post on Instagram

 

K a t i e P u r l i n gさん(@mycolourfulworld_)がシェアした投稿


ブライスキャニオン国立公園は、ユタ州の南西部にあります。

雨や川の水によって削られたことによって作られた、ギザギザとした多くの岩を見ることが出来ます。その壮大な風景は、自然が作り上げた芸術作品として、高い人気を集めています。

太陽の光によっても、岩の色が変わるため、常に変化のある神秘的な風景です。特に、朝日を浴びた姿は、これを見逃したら来る意味がないと称されるほど、非常に美しい姿です。

公園内のホテルに宿泊し、朝日を見ることができるアクティビティは人気も高いためぜひ参加してみてください。

モニュメントバレーはナバホ族にとって神聖な場所

 

View this post on Instagram

 

Destinosさん(@paradisetravell2018)がシェアした投稿


モニュメントバレーは、ユタ州からアリゾナ州にまたがる地域です。真っ赤な大地には、岩山や丘が独特の形をして広がっており、壮大な景色を眺めることができます。

モニュメントバレーはインディアン最大の部族であるナバホ族にとって、とても神聖な場所です。現在も、ナホバ族の中では、電気・水道などを通さずに伝統的な暮らしを続けている人たちがいます。

モニュメントバレーでは、年間で300日近くが晴天です。夏でも朝夕は20度以下となることも多く、冬には雪が積もります。冬の雪景色も、とても壮大で美しいですよ。標高が1500mほどあり、寒暖の差が激しいのが特徴です。

また、うさぎ、しか、リス、蛇、鳥類などの野生動物が生息しています。しかし、ほとんどが夜行性なため、昼間に見ることは難しいでしょう。

ビジターセンターの横には、ザ・ビューというホテルがあります。全ての客室にバルコニーがあり、部屋から朝日や夕日を楽しめます。伝統工芸品のカチーナ人形が飾られ、大きな暖炉や煙突がある吹き抜けのロビーが素敵です。

非常に人気の高いホテルなため、観光シーズン時の予約は、難しい場合があります。そのため、確実に宿泊したい方は出来るだけ早めに予約することをおすすめします。

末日聖徒イエス・キリスト教会が築いた宗教都市 ソルトレイクシティ

 

View this post on Instagram

 

shawn stewartさん(@utahshotz)がシェアした投稿


ソルトレイクシティは冒頭でも述べたように、末日聖徒イエス・キリスト教会が築いた宗教都市であり、ユタ州の州都です。

そんな、ソルトレイクシティの象徴的な存在となっているのが、6本の尖塔があるソルトレイク神殿です。

ソルトレイク神殿は、信者以外は基本的に立ち入り禁止ですが、大礼拝堂などは見学ができる場合もあります。中には、世界最大のパイプオルガンがあります。

また、宮殿のような議事堂は、アメリカにある議事堂の中でも特に美しい場所として知られています。無料で見学ができ、ツアーなども行われているため気軽に訪れることが出来ますよ。

そして、最近ではショッピングモールも次々とオープンしています。映画館なども併設されており、週末は家族連れで賑わっています。ソルトレイクシティでは、ユタ大学やウェストミンスター大学があり、多くの留学生も滞在しています。

ソルトレイクシティの中でも、グレート・ソルトレークは観光に欠かせない場所です。まるで雪のように真っ白な湖では、湖の上を歩くことができます。映画のロケ地としても人気の場所で、パイレーツオブカリビアンや、インディペンデンス・デイなどの撮影が行われました。

ユタ州でおすすめのお土産

ここからはユタ州でおすすめのお土産を紹介していきます。

注目度の高いビールやウイスキー

 

View this post on Instagram

 

Beth Doughertyさん(@sheloveslavender)がシェアした投稿


ユタ州のお土産でおすすめなものの1つとして、ビールやウイスキーがあげられます。

ユタ州では、アルコールが禁止されていましたが、オリンピック開催を機に、アルコールに関する規制が緩和されました。地ビールやウイスキーは、アメリカの雑誌でも紹介されるほど、注目度が高いです。

カラフルな見た目が可愛いタフィー

 

View this post on Instagram

 

@meeveefoodzがシェアした投稿


タフィーという名前のお菓子も、お土産として人気が高いです。

タフィーは、チューイングキャンディで、カラフルな見た目が可愛らしいことが特徴です。一つずつ包んであるので、お土産として配る時に、便利です。海外独特のとても甘いスイーツとなっていますが、甘いもの好きには堪らない一品です。

ソルトレイクシティの塩はお土産にもぴったり!

ソルトレイクシティのお土産といったら、1番有名なのが塩です。

良質な天然岩塩は、ミネラルが豊富に含まれています。体にもよく、料理にも、もちろん使えることから人気のお土産となっています。

ユタ州にカジノってあるの?

ユタ州
ユタ州には、残念ながらカジノがありません。

ユタ州は、宗教都市であり、ギャンブル自体が禁止されています。

ユタ州の近くでカジノが楽しめる地域ってあるの?

ユタ州の隣にあるネバダ州では、カジノが合法化されています。

また、カジノの本場ラスベガスも近くにあるため、ユタ州に訪れてカジノを楽しみたくなった場合は周辺の地域でカジノを楽しみましょう。

治安もよく観光スポットも多いユタ州に行ってみよう!

ユタ州
ユタ州は、大自然が作った美しい風景から、近代的な都市まで、多様な姿を見ることができます。また、治安も良く、観光客も訪れやすいのが特徴です。

宗教都市ではありますが、信者以外でも普段とは違う経験がたくさんできます。アメリカへの旅行を検討している方はぜひユタ州も訪れてみてください!