永世中立国ってどんな国のこと?永世中立の仕組みと永世中立国の代表でもあるスイスを紹介!

永世中立国ってどんな国のこと?永世中立の仕組みと永世中立国の代表でもあるスイスを紹介!

2018/12/30

世界でスイスとオーストリアが永世中立国となっていますが、「永世中立国」と聞いて、あまりピンとこない方もいると思います。

この記事では、そんな永世中立国について紹介していきます。スイスとオーストリアに旅行に行く場合もぜひ参考にしてみてください。

永世中立国ってそもそもなに?

永世中立国

永世中立国とは、将来、万が一、他国間で戦争が起こってもその戦争の圏外に立つ国を意味します。

永世中立である国は、中立の立場である事を宣言し、他国がその中立を保障・承認している状態となります。中立を宣言した場合、国際法上の義務となります。また、永世中立の立場をとるのは実効性のある政府でも可能で、厳密には国家に限られません。

永世中立は伝統的中立とともに古い歴史を持つ概念であり、かなり古くから国際法に存在していました。また、永世中立国になるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。

永世中立の条件

永世中立として認められるためには、条件があります。永世中立国の条件は8つほどあります。

例えば、永世中立国は自国の平和・安全を守ること以外の理由で戦争をすることができません。万が一、他国同士で戦争が発生した場合も参加することはできません。

また、中立の立場でなくてはならないため、他国と軍事関係の条約を結ぶことも禁止されています。もちろん、基地を提供することもできません。軍事に関係のない国際条約などには参加でき、言論の自由も守られています。

このように永世中立国になるための条件は、世界の中で常に中立の立場でいることを約束するものがほとんどです。

どんな国が永世中立国なのか

永世中立国としてあげられるのが、スイスとオーストリアです。

スイスの永世中立は1815年の議定書によって成立しました。締約国はスイスの永世中立を承認するだけでなく、万が一、スイスの中立の立場が、他国によって危うくなった場合は、スイスを援助するなど、中立を保障することを約束した状態です。

オーストリアの場合は、第二次世界大戦後の1955年に永世中立が認められました。

永世中立国のメリット

永世中立国のメリットとして、他国の紛争に巻き込まれることが少なくなります。

また、不干渉主義はどこの国にも肩入れしないという意味も持つため、どの国が相手でも外交の窓口を開いている事になります。そのため、スイスの都市・ジュネーブには、国際機関が多く置かれています。

永世中立であることで、国際信用もあります。スイスの金融機関には各国の通貨が流通し、企業も様々なビジネスを展開出来る国際都市化されています。

永世中立国のデメリット

永世中立国では、戦争の可能性が低いため金融業が著しく発展しています。そのため、物価がそれ相応に高くなってしまうというデメリットがあります。

それ以外にも、自らで自国の中立を守らなければいけないため、国防に力を入れており、火器の兵器産業は世界でも有数です。また、国民も兵役に課されています。

永世中立国のスイスの実態

永世中立国 スイス

ここからは、永世中立国の代表ともいえるスイスの実態を紹介していきます。

スイスの永世中立はいつから始まったのか?

スイスが永世中立となったのは、1515年にマリニャーノの戦いで敗れたことがきっかけといわれています。多くの戦死者を出したスイスは領土拡大政策の果ては、国の滅亡だと悟り、それ以降、スイスは状況に応じて中立の立場をとるようになりました。

中立の立場をとる政策はスイスの伝統として定着していき、1674年に正式に中立を宣言しました。そして、1814年~1815年のウィーン会議で永世中立国として承認され、現在に至ります。

そもそも、中立はスイスが発明したわけではなく、中立の概念は旧約聖書にも出てきます。また、中立政策を長きに渡り、維持してきた国はスイス以外にもマルタ・コスタリカ・カンボジアがあり、軍事同盟に不参加の国にはアイルランド・スウェーデンなどがあります。

しかし、スイスは、その中でも永世中立国としての歴史が最も長い国であり、中立を堅持しています。

スイスの実際の様子

現在も、スイスの政府、議会、政党、国民は基本的に中立を堅持しています。しかし、実際に何が中立なのか、何が中立に反するのかについては、頻繁に議論が行われています。

例えば、スイスの重要な収入源でもある武器の輸出は、中立に反することではないかと度々指摘もされています。この先もスイスではそのような議論が繰り広げられていくことでしょう。

スイスは旅行先としても多く観光客が訪れている

 

View this post on Instagram

 

@y_sssoriがシェアした投稿

スイスは旅行先としても人気があり、多くの観光客が訪れています。物価が高いため、旅費は少々膨らんでしまいますが、避暑地が多いため特に夏の旅行などに最適です。

アルプスの山々を始めとした大自然はもちろんのこと、歴史を感じる観光スポットも多いため、ぜひヨーロッパ旅行の際には検討してみてください!

永世中立国は世界の中で中立を保ち続けている!

永世中立国

永世中立国は現在も世界の中で中立を保ち続けています。そのため、政治に関する点では日本とは全く異なった状況の場合が多いでしょう。

この記事では、スイスを中心にお伝えしてきましたが、永世中立国はスイス以外にもあります。他の国は実際中立に対してどのように考えているのか、どのような政策があるのかなど、興味がある人は実際にその国へ足を運んでみるのもいいでしょう。

また、永世中立国といった点を除いても魅力ある国ばかりです。旅行の計画にぜひ参考にしてみてください。

TAGS