世界的に人気の高いセブ島に安くお得に旅行に行きたい!セブ島の旅行費が安い時期を紹介

2019/01/02

世界には多くのリゾート地がありますが、その中でもフィリピンのセブ島は人気スポットのひとつです。

日本から比較的近い距離にあり、時差も少ないため日本でも旅行先として注目が集まっています。また、セブ島は学生の留学先としても人気が高いです。

そんな、セブ島に安くお得に旅行をしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

この記事では、セブ島旅行に安くお得に行ける時期や、セブ島の魅力などのご紹介をいたします。

セブ島ってどんな場所?

セブ島 安い
セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島です。縦に細長く伸びた島で、その距離は225kmあります。

セブ島はリゾート地としても評価が高く、多くの観光客が世界中から訪れています。海が美しいのはもちろんのこと、自然を活かしたグルメやアクティビティも充実しています。

また、冒頭でも述べたように留学生も多く訪れる場所です。

関連記事
セブ島リゾートのほとんどが集まる「マクタン島」の魅力とおすすめスポットを紹介!
観光地としても人気の高いセブ島に世界遺産はあるの?セブ島周辺の世界遺産について紹介!

日本からセブ島へのアクセス

日本からセブ島へのアクセスは、「日本(成田)」から「セブ・マクタン国際空港」まで直行便で約5時間です。時差が1時間しかないため、時差ボケになる恐れも少ないでしょう。

そのため、多くのリゾート地の中でも、短時間で現地に向かうことができ、週末などの時間を利用して旅行することも可能です。

航空券の平均的な値段は7~8万円で、ベストシーズンに旅行をする場合は更に高騰する可能性が高いです。

セブ島の気候

セブ島は、亜熱帯気候に属します。そのため、気温が1年間ほとんど変化がありません。しかし、乾季と雨季の2つに別れるため、それによっては天候が大きく左右されます。

一般的には、乾季が1月~5月で、雨季が6月~12月となっています。さらに、7月~9月は台風シーズンということもあり、急なスコールや一時的なゲリラ豪雨と天候が荒れやすいことも多いです。

また、セブ島には日本のように四季が存在せず、年間を通して基本的に暑い環境です。5月は最も暑く、33度ぐらいまで上がることもあります。熱中症対策を十分するようにしましょう。1番涼しい時期でも25度ぐらいです。

セブ島の治安

セブ島の治安はフィリピンの他の地域と比較すると安定しています。しかし、夜に一人で出歩くなどの行為は危険なため控えるようにしましょう。

また、スリやひったくりなど軽犯罪が起こる可能性もあるため、外に出歩く際は昼間でも身の回りの貴重品には気を配るとよいです。

セブ島のハイシーズンはいつ?

1年を通して楽しめるセブ島ですが、3月と8月が最も人気の高いシーズンとなっています。

また、1月はセブ島最大のお祭り「シヌログフェスティバル」があり、日本だけでなく世界から多くの外国人がセブ島を訪れます。そのため、人気のシーズンは航空券などの値段も少し高くなっています。

逆に安く行くことができる時期は、GWを除く「4月から7月」と「10月から11月」です。

安く行くことができる理由として、セブ島は留学生も多いため、春休みが終わる4月ごろから、観光客・留学生共に旅行者の数が落ち着き始めることで値段も下がってきます。その後、GWで値段が上がるものの、再びGW明けから夏休み前までお得に旅行することができます。

10月と11月は、大きな連休がなく旅行者の数がそもそも少ないです。そのため、運が良ければハイシーズンの半額程度の4~5万円で航空券が取れる可能性があります。

また、閑散期だとホテルの価格も安く、予約もとりやすいでしょう。

関連記事
旅行に安く行けるかも!?オフシーズンの意味や時期を紹介!

セブ島のグルメ 海鮮やお肉など様々!

セブ島にはセブ島ならではのグルメも多くあります。

ここからはセブ島のグルメの紹介をいたします。

関連記事
癒しの空間・セブ島!優雅に過ごしながらセブ島ならではの美味しい食事を堪能!

シシグはセブ島の人気郷土料理

シシグは、豚肉のほほ肉を刻んで、醤油やにんにくで炒めた料理です。セブ島の人気郷土料理の1つとなっています。

味が濃いため、ビールとの相性も抜群!

気軽に食べることができるガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプは、エビをガーリックたっぷりのバターで炒めた料理です。香ばしい匂いが食欲をそそる一品です。

セブ島では、観光客にも大人気のプレートとなっています。カフェなどのランチで気軽に食べることができます。

ソースとの相性が抜群のマグロのグリル

マグロのグリルは、ミンダナオ島付近で取れるマグロを軽く味付けをして焼いた料理です。

炭で焼くため、炭の良い香りを楽しむこともできます。仕上げにかけられるソースとの相性も抜群ですよ!

ハロハロはフィリピンでは代表的なスイーツ

ハロハロはフィリピンを代表するスイーツです。

ハロハロとはフィリピンの言語の一つであるタガログ語で「混ぜこぜにする」という意味があるそうで、その名の通り、ハロハロはかき氷に様々な食材を乗せたり、混ぜるスイーツとなっています。

アイスやゼリー、タピオカ、フルーツなどが沢山入っているため、一度で様々な食感や味を楽しむことができます。

セブ島の見どころ・魅力 アクティビティの紹介


ここからは、セブ島の見どころや魅力の紹介をいたします。

セブ島の文化を味わうことでより深くセブ島を知ることができるでしょう。

初心者が気軽に参加することもできるスキューバダイビング

セブ島の海に行ったら、ぜひスキューバダイビングを体験してみてください。

セブ島のスキューバダイビングは、セッティングから機材の装着、脱着まで全てスタッフがやってくれるため、ダイバーはダイビングのみに集中することができます。

また、スキューバダイビングは「Cカード」と呼ばれるライセンスを持っている人が対象となりますが、初心者でも気軽に参加できる体験ダイビングも人気ですよ!

関連記事
一度は訪れたい美しい南の島を紹介! 南の島で楽しめるアクティビティも紹介

夜景を一望できるデートにもおすすめの山頂展望台 トップス

トップスは、セブ島でも夜景スポットとして有名な山頂展望台です。

トップスには、レストランもいくつかあります。特に、「Lantaw(ランタウ)」というレストランがオススメです。開放的な空間で夜景を楽しむことができますよ。週末や休日は混み合うため、あらかじめ予約を済ませておくとよいでしょう。

美味しい料理を食べながら夜景を見ることができるので、ハネムーンやデートにもおすすめ♪

ジェイパーク・アイランドリゾート&ウォーターパーク・セブ

ジェイパーク・アイランドリゾート&ウォーターパーク・セブは、セブ島にある最大級のデラックスリゾートです。

556室あるゲストルームの半数以上がスイートルームという贅沢な造りが人気の1つです。

また、ホテルの敷地内には「波の出るプール」や「海賊船」、「ウォータースライダー」など大人も子供も楽しめるアトラクションが沢山あります。快適で飽きないリゾートホテルになっているので家族連れにも人気が高いです。

セブ島のツアーやアクティビティが大人気

セブ島ではツアーやアクティビティも大人気です。

セブ島ならではのアクティビティも多いため、ぜひ体験してみてください!

関連記事
世界的に人気の高いセブ島に安くお得に旅行に行きたい!セブ島の旅行費が安い時期を紹介

オスロブのジンベイザメ・ウォッチング

 

View this post on Instagram

 

The PH Archipelagoさん(@thepharchipelago)がシェアした投稿


セブ島で楽しめるマリンアクティビティと言えば、ダイビング・シュノーケリングです。

セブ島ではジンベイザメや、ウミガメと間近で一緒に泳ぐことができます。その中でも、オスロブのジンベイザメウォッチングは、迫力満点の体験ができることから、世界でも注目されているツアーです。

ジンベイザメが自分のすぐそばを通ったり、泳ぐため、まさにココにしかできない体験といえるでしょう。

滝を体感できるカワサンフォールのツアー

カワサンフォールは、森林に囲まれマイナスイオンが多く出ている場所として知られています。エメラルドグリーンの滝つぼが広がっているのも特徴で、カワサンウォールのツアーではその滝つぼを泳いだり、イカダで滝の下まで行くことができます。滝の裏をボートでくぐったときの景色はまさに圧巻!

ナルスアン島のアイランドホッピングは人気が高い

ジンベイザメと並ぶ、セブ島の2大アクティビティがアイランドホッピング!

アイランドホッピングは、それぞれ特徴のあるセブ島周辺の美しい島を複数巡るアクティビティで、フィリピンの海とリゾート感を最大限に感じることができます。

アイランドホッピングの島々の中でも特に人気なのが、ナルスアン島。海の上に続く長い桟橋で知られている離島で、コテージのホテルで、のんびりできるのはもちろんのこと、シュノーケリングなども盛んとなっています。

アイランドホッピングをする際はナルスアン島にぜひ足を運んでみてください。

豊かな自然を体感できるボホール島のツアー

美しい海と豊かな自然で溢れた、見どころの多いボホール島には、セブ港から高速船に乗って片道2時間で行くことができます。

フィリピン最古と言われる「石造教会」や、世界一小さなメガネ猿「ターシャ」を見ることができます。また、世界遺産にも登録されているチョコレートヒルズの見学もでき、特におすすめのツアーです。

セブ島の安い時期を狙って旅行に行ってみよう!

セブ島 安い時期
日本からのアクセスも良く、四季がないため基本的に1年中過ごしやすいことから、リゾート観光地としても大人気のセブ島。

人気の高いハイシーズンは旅行費も高くなってしまいますが、渡航費の安い時期を狙って計画を立てればお得で快適なセブ島旅行を楽しむことができますよ。その分、料理やアクティビティを楽しみましょう!