トプカプ宮殿

イスタンブールを訪れたら絶対に行くべき!贅沢な雰囲気に包まれたトプカプ宮殿の見どころを紹介

2019/01/14

世界遺産にも登録されているトプカプ宮殿を知っていますか?トルコの都市・イスタンブールを訪れたなら、必ず立ち寄ってほしい場所の一つがトプカプ宮殿です。

この記事では、トルコを旅するなら絶対に行くべき歴史ある建造物として大変人気の高いトプカプ宮殿の紹介をいたします。

トプカプ宮殿ってどんな場所?

トプカプ宮殿
トプカプ宮殿は、かつて栄華を極めたオスマン帝国に君臨し、絶大な権力と莫大な富を持った君主「スルタン」の居城です。三方を海で囲まれた高台に建つトプカプ宮殿は、メフメット2世が長い歳月をかけ1478年に完成させました。

スルタンをはじめ、トルコ版大奥とも言うべきハレムや、オスマン帝国最強と恐れられたイェニチェリなど、世界史で習ったオスマンに思いを馳せて訪れるイスタンブールへの旅なら、絶対に外せないスポットです。

関連記事
トルコの首都「アンカラ」の基本情報 おすすめ観光スポットやお土産を紹介!
世界三大料理「トルコ料理」の人気メニューやデザートを詳しく紹介!

日本からトプカプ宮殿のあるイスタンブールへのアクセス

日本からトプカプ宮殿のあるイスタンブールへは、まず成田空港からターキッシュエアラインズと全日空から直行便が就航しています。直行便の場合、フライト時間はおよそ12時間30分です。乗り継ぎ便であれば約19時間かかります。

また、関空からはエミレーツ航空なら毎週3便の運行があります。

格安航空券のHISなら冬の時期は12万円弱で行くことができますよ。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

トプカプ宮殿の基本情報

トプカプ宮殿の休館日は火曜日です。祝日や特別の祭事の扱いは都度異なるので、事前に確認しておくのが良いでしょう。

営業時間は09:00 OPENですが、CLOSEは16:45や18:45など時期により異なります。

チケット代は60TLです。なお、ハレムへの入場料はチケット代に加え、プラス35TLが必要です。(2018年10月1日よりチケット代がこちらの価格に値上がりしました)

トプカプ宮殿までのアクセス

トプカプ宮殿はアヤソフィの北東側に位置します。

旧市街であるスルタンアフメット地区内のホテルに宿泊している人なら徒歩でのアクセスがベストですが、トラムを利用するなら最寄りの「Sultanahmet station(スルタン・アフメット)」駅まで行き、そこから徒歩10分ほどで行けます。

Sultanahmet station(スルタン・アフメット)で、トラムを降りたら東方向へアヤソフィに突き当たるまで進みます。アヤソフィに突き当たると、アヤソフィを常に左側に見えるようにして(反時計回りに)道なりに進みます。

すると、トプカプ宮殿へと続く一本道に出るため、その道を北へと3〜5分ほど進むと正面にトプカプ宮殿が見えてきますよ。

トプカプ宮殿のオススメ情報

トプカプ宮殿を観光するなら「ミュージアムパス」が断然お得です!ミュージアムパスを持っていれば、チケット購入の際に列に並ばずともイスタンブールのミュージアムはもちろん、宮殿など主要スポットに入場できます。価格は185TLです。

「トプカプ宮殿」以外にも「アヤソフィア」「ブルーモスク」などの人気スポットを効率よく観光できるため、持っていて損はないでしょう。

トプカプ宮殿を観光する上での注意点

宗教的な理由から、男女共に肌の露出が多い服装では入館できません。

女性なら足首が見える程度のロングスカートならOKです。

関連記事
全世界に約16億人「ムスリム」の基本情報とムスリム特有のマナーなどを紹介!

トプカプ宮殿の内部ってどうなっているの?

ここからは、トプカプ宮殿の内部の紹介をいたします。

宮殿敷地の大部分は緑に恵まれた庭園

宮殿周囲の大きな特徴は敷地の大部分が緑に囲まれた庭園になっていることです。宮殿は四つの広い中庭で構成されており、敷地内の庭周辺に張り付くような形で離れの建造物や小部屋が並んでいます。

その広い庭園の奥にひっそりと佇むのがトプカプ宮殿です。

トプカプ宮殿の外壁は内部とは対称的にシンプル

 

View this post on Instagram

 

Scott Knudsonさん(@scott.knudson)がシェアした投稿


トプカプ宮殿の外壁は 冒頭でご紹介したような「贅を凝らした」と言う言葉とは、あまりにもかけ離れた、装飾のないシンプル過ぎる印象を受けることでしょう。

しかし、宮殿内部は贅沢な財宝や調度品に溢れています。かつて、繁栄し栄華を極めたオスマン帝国の痕跡を堪能したいなら、ぜひ宮殿内部へと入ってみてください。

豪華な造りをした政庁

「政庁」の広場である第二庭園へ入ってまず最初に目に入るのが豪華な政庁の入り口です。

内部はオスマン政権の風格漂う宰相の執務室・会議の間・客間などが続きます。

別料金で入場可能なハレムは複雑な構造

トプカプ宮殿
別料金で入場可能な「ハレム」も政庁の一角から入れますよ。

ハレムは、目にも鮮やかなブルーのタイルで装飾されており、スルタンの寵愛を奪い合った女性たちが暮らしていたとされる場所です。また、小部屋が迷路のように入り組んだ先にあるという複雑な構造をしています。

スルタンが使ったであろう贅沢な大理石風呂や玉座からはその当時の繁栄ぶりを感じられます。また、壁から天井まで彩るアラベスク文様も訪れる者を圧倒します。

トプカプ宮殿の目玉ともいえる宝物館!

トプカプ宮殿最大の見所が「宝物館」です!宝物館にはスルタンを含めた権力者がコレクションした、贅を尽くした財宝が展示されています。

巨大なエメラルドが輝く「トプカプの短刀」、眩しいほどに煌めく「スプーン職人のダイヤモンド」なる86カラットものダイヤなど、ラグジュアリーな美しさに思わずため息が出ることでしょう。

トプカプ宮殿は歴史を感じる贅沢で豪華な空間!

トプカプ宮殿
いかがでしたか。トプカプ宮殿はイスタンブールには欠かせない観光スポットとなっています。かつて栄華を極めたオスマン帝国の名残を感じられる場所でもありますよ。

また、オスマン帝国のトップに君臨したスルタン取り巻く女性たちの激しい競い合いの場でもあったハレムは贅沢に装飾された豪華な雰囲気を感じることができます。

トプカプ宮殿の最大の見どころでもある宝物館にはため息が思わず出てしまうほどの豪華な宝物が多く眠っています。

イスタンブールに旅行で訪れた際には、ぜひ、トプカプ宮殿に立ち寄ってかつて生活していたスルタンや女性たちの生活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

関連記事
入国手順が厳しいチベットの神聖で美しい観光地「ポタラ宮殿」の魅力に迫る!
サンクトペテルブルグ旅行ならぜひ!ロシア「エカテリーナ宮殿」の解説