ジャズやアートの街ニューオリンズ!魅力を余すことなくご紹介!

ジャズやアートの街ニューオリンズ!魅力を余すことなくご紹介!

2019/01/05

フランスやスペインの植民地時代を経て、独特の文化を築いたアメリカ・ルイジアナ州の街が、ニューオーリンズです。ジャズやアートなど、ストリートミュージシャンが溢れ、多くの有名人を輩出しています。

その文化は、多くの観光客を集め、今では観光業も盛んになりました。

この記事では、観光都市としても人気の高いニューオーリンズの魅力について紹介をいたします。

ニューオーリンズってどんな場所?

ニューオーリンズってどんな場所?

ニューオーリンズは、アメリカルイジアナ州南部にある湾岸都市です。

かつてはフランス・スペインの植民地時代がありましたが、1803年にアメリカ合衆国の一員となりました。そのため、植民地時代の名残から、アメリカの中でもアフリカ系アメリカ人が多く住んでいる地域です。

メキシコ湾に面しており、工業や観光地としても魅力的な都市でしょう。

日本からニューオーリンズまでのアクセス

日本からニューオーリンズまでの直行便はありません。そのため、アトランタ、シカゴ、ダラスで乗り継いでニューオーリンズまで向かうのが一般的です。

飛行時間は、約12~14時間かかります。航空券は往復で約20万円は最低でもかかるため、ハイシーズンの際は航空券の高騰に注意しましょう。

ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港から市街地まではタクシーなどを利用して、30~40分で移動することができます。

ニューオーリンズの気候

ニューオーリンズの気候は、夏は湿度が高く暑い日が続きます。

また、冬は、10度から20度と比較的暖かくて過ごしやすい冬となっていますよ。

ニューオーリンズの治安

ニューオーリンズの治安は、人気の観光スポットであるフレンチ・クォーターなど観光地は治安がよいでしょう。

しかし、観光地外は治安が悪く、注意が必要です。

観光地に関しても物乞いが多く、そのため、一人での外出、夜の外出は控えた方がよいでしょう。

ニューオーリンズの文化ってどんなもの?

ニューオーリンズは、ジャズの発祥地と言われるほど、音楽が盛んです。ニューオーリンズ・ジャズ、ディキシーランド・ジャズ、ニューオーリンズ・ブラスバンドなどのジャズや、ニューオーリンズR&B、ファンク、セカンド・ラインなどの音楽が盛んに演奏されています。

ルイ・アームストロング、ハリー・コニック・Jr、ジョニー・アダムスなど、多くのミュージシャンの出身地として有名です。

ニューオーリンズの観光スポット

ニューオーリンズには文化を感じることができる観光スポットが多くあります。

ここからは、ニューオーリンズの観光スポットの紹介をいたします。

フレンチクウォーターはニューオーリンズで最も有名な場所

 

View this post on Instagram

 

Rhys 🇺🇸 Travel | Adventureさん(@somedayisnow_rtw)がシェアした投稿


フレンチクウォーターは、ニューオーリンズで、最も有名な場所です。The Quarterとも呼ばれています。植民地時代の建物が多く残る街には、観光客やミュージシャン、アーティストなどが集まっている活気溢れる場所です。

街の中央にはセントルイス大聖堂があり、その荘厳な佇まいには心を奪われるでしょう。

レストランやバー、音楽と食を楽しむスポットもフレンチクウォーターに集まっています。

世界で1番美しい墓地といわれているセントルイス墓地

ニューオーリンズの墓地は、埋葬ではありません。水害が多い地域であり、土壌の状況から、土を掘って埋めることが難しい地域だからです。そのため、独特の形をしたお墓を、地上に作るのが風習です。

3つのエリアに分かれているセントルイス墓地は、その独自の光景を見るために、血縁関係が全くない観光客も見学に訪れます。特に目立つピラミッド型のお墓は、俳優のニコラス・ケイジが、自身の為に購入したものです。

夜景を楽しめるアクティビティがあるクルーズ船

ミシシッピ川では、蒸気船ナッチェス号という、クルーズ船が出ています。夜景を楽しめると人気のアクティビティです。船内では、ジャズの生演奏などのイベントも行われています。

2時間ほどのクルーズでは、ダウンタウンの高層ビルや、セントルイス大聖堂などの建物、工場地帯では甘い香りなど、多くの場面に遭遇します。

ニューオーリンズの移動に便利な路面電車

ニューオーリンズの移動には、路面電車が便利です。1日券などもあるので、気軽に乗ることができます。降りるときには、窓際にある紐を引っ張って、運転手に知らせます。

木のベンチと、裸電球という古くからある車両もあります。古いタイプの路面電車は、緑色をしており、通常の車両は赤色です。

地元の若手アーティストの作品を楽しめるアートギャラリー巡り

ニューオーリンズの街には、地元の若手アーティストの作品などを扱う、ギャラリーがたくさんあります。美的センスあふれる作品を楽しめる場所です。

気に入った作品を、ギャラリーで購入することも♪空き時間などに、ふらっと入ってみるのもいかがですか?

ニューオーリンズのカジノの基本情報

実は、ニューオーリンズは、ラスベガスと競い合うほどカジノの盛んな地域です。特に、ホテルを併設している大型のカジノが多いのが特徴です。

カジノへ入場できるのは21歳からです。入場の際には、パスポートなど年齢の確認できるIDが必要となります。忘れずに必ず持ってくるようにしましょう。また、ドレスコードは、厳しくはありません。しかし、カジュアルすぎない程度の、服装は必要です。

ニューオーリンズのおすすめカジノホテル

ニューオーリンズには多くのカジノホテルがあります。

ここからは、ニューオーリンズのおすすめカジノホテルの紹介をいたします。

ハラーズ ニューオーリンズ

ハラーズ ニューオーリンズは、ミシシッピ側沿いの、大きなカジノです。夜になると建物がライトアップされて、一際目立ちます。ポーカー、ブラックジャック、バカラなどのテーブルゲームと、1500のスロットゲームがあります。

併設のホテルは、4つ星ホテルです。450室の部屋と、5つのレストラン、ナイトクラブなどの施設も利用できますよ。また、フロントやビジネスセンターは、24時間対応しているので万が一トラブルが起きたとしても安心ですね。

宿泊に関しては、一番安い部屋で、3万5000円前後となります。

ブームタウン・カジノ & ホテル・ニュー・オーリンズ

ブームタウン・カジノ & ホテル・ニュー・オーリンズは、建物に、大きくネオンが光るサインがあるのが特徴です。オークウッド センターやマルディグラ ワールドなどが、近隣にあります。

29のテーブルゲームと、1400のスロットマシーンがあります。24時間年中無休で楽しめ、ポーカートーナメントなどのイベントも、随時開催しています。

併設のホテルには、150の客室があります。3軒のレストランや、フィットネスセンターなどの施設も利用できます。

大型のホテルが多いニューオーリンズでは、小規模に入るカジノホテルです。しかし、環境やサービスの良さなどは、宿泊サイトでもよい感想が多くみられます。特に部屋は快適に過ごせて、フレンドリーなスタッフだと評判です。

宿泊費はシーズンオフで1万3000円前後、ピークは3万円を超えるなど、価格に開きがあるので、チェックしましょう。

ル メリディアン ニューオーリンズ

ル メリディアン ニューオーリンズは、ハラーズ カジノからも近く、多くの観光スポットにも徒歩で行ける立地の良いカジノホテルです。

ホテル内は、改装されたことにより、新しくて綺麗だと好評です。410の客室と、23階建てのホテルには、カジノ、レストラン、フィットネスセンター、プール、屋上テラスなどがあります。

ホテル自体が街の中心部にあるので、すぐ近くにレストランやバーが、たくさん並んでいます。ホテル周辺に、お店がたくさん並んでいるので、治安が悪いと言われるニューオーリンズで、危険な夜道を歩くことなく、すぐに帰ることができます。

綺麗で、使いやすいと評判の客室ですが、ベッドには特にこだわり、マットレスやシーツ、枕の柔らかさまで追求したアイテムが揃っています。

宿泊費は一番安い部屋で2万円前後となります。

ニューオーリンズで本場のジャズやアートを楽しもう!

植民地時代の文化が深く残るニューオーリンズですが、大型のカジノホテルや観光客向けのアクティビティなど、観光業が盛んな地域へと変わってきました。

本場のジャズやアートを楽しみながら、歴史と文化を楽しめる人気の都市です。ニューオーリンズにぜひ足を運んで日本では感じられない本場のジャズやアートを体感してみましょう!