ボリビア旅行と観光はツアーがオススメ!ボリビアの現地ツアーの仕組みなどを紹介!

ボリビア旅行と観光はツアーがオススメ!ボリビアの現地ツアーの仕組みなどを紹介!

2019/01/12

世界中には多くの有名スポットがありますが、ウユニ塩湖もそのうちの一つです。ウユニ塩湖はボリビアにある観光スポットで、日本人にも人気の高いインスタ映えスポット。海外旅行好きさんにおすすめの。

この記事では、ウユニ塩湖があるボリビアのツアーについての紹介をいたします。ツアーを選ぶ際や参加する際には注意するべきことがいくつかあります。ぜひ、ツアーを考えていた方や旅行の計画を練っている方は参考にしてみてください。

ボリビアってどんな場所?

ボリビアってどんな場所?
ボリビアは、南アメリカにある国の一つです。面積は日本の約3.3倍の広さがあります。かつては、更に広い面積を持っており、太平洋沿岸部にも領土がありましたが、周辺国との戦争に負け続けたため、現代は最大時の半分ほどの面積です。

また、ブラジルやアルゼンチンなどの国に囲まれた内陸国です。

憲法上などの正式な首都は「スクレ」となっていますが、議会をはじめとした政府の主要機関は「ラパス」にあります。ラパスは、世界で一番高度にある首都となっていますよ。

ボリビアには約1万人ほどの日系ボリビア人がおり、日本人町もあるため、実は日本とは馴染みの深い国です。

関連記事
リゾート地が多く集まる「カリブ海」のオススメリゾートと基本情報を紹介!
島全体がサンゴ!カリブ海の美しい国「バルバドス」とは?

日本からボリビアへのアクセス

日本からボリビアへの直行便はありません。

そのため、日本からボリビアへは少なくとも2回の乗り継ぎが必要となります。一般的には、アメリカのマイアミで乗り継ぎをすることが多いです。マイアミからアメリカン航空がラパスへ運航しています。日本からラパスまでの所要時間は、乗り継ぎ時間も含めて約25時間半ほどかかります。

航空券の価格は、平均15万円ほどで、年末やクリスマスの時期は航空券の値段も大幅に上がるため注意が必要です。また、ツアーなどに申し込むことで費用を安く抑えられる場合も多いため事前にチェックしておきましょう。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ボリビアの気候

ボリビアの気候は、年間を通して寒暖の差はそこまでありません。また、乾季(4月~11月)と雨季(12月~3月)に分かれているのが特徴となります。

ボリビア旅行のベストシーズンは比較的暖かい乾季ですが、ウユニ塩湖の絶景を見る場合は雨季がオススメです。なぜならば単純に雨季と乾季では湖の水量が違うため、雨季の水が張った状態がおすすめだからです。

ボリビアの治安と旅行する際の注意点

ボリビアでは、外国人観光客を標的にした犯罪が度々発生しています。そのため、特に夜間の単独行動は控えるようにしましょう。

また、ミニバスが発着するボリビアのラパス市内のセメンテリオ地区では、荷物の置き引き被害も発生しています。置き引きを未然に防ぐためにも、荷物の管理は入念に行いましょう。

日本とは違い、海外は多くの危険があるため、ある程度周囲に気を配るようにすると良いです。

ウユニ塩湖に行くならツアーがオススメ!

ボリビア旅行と観光はツアーがオススメ!ボリビアの現地ツアーの仕組みなどを紹介!

ウユニ塩湖は、ボリビアの中心的な街・ラパスから南へ約550km行ったウユニという街にあります。2011年に、ウユニに空港が開設されたため、ラパスから片道約45~60分で行くことができるようになりました。

ウユニの街の中心部へは空港から車で10分ほどで行くことができ、ホテルやツアー会社もそこに集中しています。

ウユニ塩湖へは個人で行くことが難しいため、ツアーに参加するのがオススメです。穂高ツアーと呼ばれる現地でも人気の高いツアーは当日でも参加することが可能です。

ウユニ塩湖はその日の天候などによって大きく景観が左右されます。そのため、ベストな状態で見たい方には当日ツアー予約をオススメします。また、ウユニ塩湖のツアーは、事前にネットで予約することもできますが、安心できる反面料金が高い場合があり、現地ツアーを使用した方が格安で行ける可能性も高いでしょう。

関連記事
一生に一度は行っておきたい!世界中のおすすめ絶景スポット・ホテルを紹介

ボリビアの現地ツアーの主な内容

 

View this post on Instagram

 

Heidi Graciaさん(@heiditravelstheworld)がシェアした投稿


ボリビアの現地ツアーでは、地元エリアのエキスパートが町を案内してくれます。1年半ラパスに在住している人や、何年も中南米を旅した経験者、ラパスの会社に勤めている人など様々なエキスパートが揃っており、旅行雑誌で知り得なかった穴場を現地で知ることができます。

また、ボリビアは南米の真ん中にあるため、ペルーやチリ、パラグアイやアルゼンチンを始めとした南米の国々の観光への相談にも乗ってくれることがあります。

人によって行きたい場所や合うプランなども異なるため、主要観光スポットから、ここへ行ってみたい!などの要望に合わせ、個人にそれぞれ合った観光プランを作成し、現地で案内をしてくれるのも現地ツアーの魅力です。

現地ツアー会社の一部にはホームページがなくインターネットでの予約が難しい場合もあります。その際は電話で予約をするようにしましょう。ツアーの料金はあくまで目安となっているため、全体の参加人数や時間、内容によって左右されます。ツアーを申し込む際には具体的な人数や時間などをしっかりと伝えるようにしましょう。

現地のツアー会社によっては、ウユニ塩湖のツアーにも関わらず水の張っている場所まで行ってくれないこともあります。そのため、要望は必ず細かく伝えることをオススメします。万が一、人数などが間違って伝わってしまうと、余分に費用が掛かってしまう可能性もあるため注意が必要です。

ボリビアのツアーはパッケージ型がオススメ!

ツアーには主にパッケージ型と、航空券とホテルだけ手配してくれるフリープラン型があり、それぞれメリット・デメリットがありますが、ボリビアでツアーを組む場合は、パッケージ型がオススメです。

ボリビアのツアーの場合、パッケージ型だと同じ場所へ向かう人達がいる安心感などを得ることができるでしょう。また観光地が限られていること、ボリビアには治安の悪い地域があることから、パッケージ型で十分観光を満喫できると思います。

ボリビアに旅行に行く際はツアーを組んでみよう!

ボリビア旅行と観光はツアーがオススメ!ボリビアの現地ツアーの仕組みなどを紹介!

ボリビアには、ウユニ塩湖という世界的に有名で一度は足を運んでみたいと思う観光スポットがあります。

そんなボリビアに旅行をする際は、治安の面などを考えて、一人旅として向かうよりも、ツアーに参加して行きたい場所を巡るというような楽しみ方の方が、ボリビアをより楽しむことができるでしょう。

ボリビアは実は旅行先として人気の高い場所でもあります。ぜひ一度、ツアーを組んでボリビアに訪れてみてください!ウユニ塩湖を始めとした絶景を見ることができますよ。