まさに楽園のようなニューカレドニアで幸せいっぱいの新婚旅行を楽しもう!

まさに楽園のようなニューカレドニアで幸せいっぱいの新婚旅行を楽しもう!

2019/01/12

1980年に映画「天国にいちばん近い島」が公開され、一躍有名になったニューカレドニアですが、新婚旅行で訪れる方も多い場所となっています。美しい海、日々の疲れを癒せるホテルなどニューカレドニアはまさに楽園のような場所でしょう。

この記事では、新婚旅行でオススメしたいニューカレドニアの見どころやホテルなどの紹介をいたします。

新婚旅行にオススメしたいニューカレドニア

新婚旅行にオススメ ニューカレドニア

ニューカレドニアは、オーストラリアの東に位置するいくつもの島々からなる国で、フランスの海外領土でもあります。日本とニューカレドニアの時差は約2時間で、ニューカレドニアの首都はヌメアです。

ヤシの木が並ぶ青いビーチや、美しい海の数々はまさに楽園です。また、本島でもあるグランドテール島の周辺には、巨大なサンゴ礁が広がり、多くのダイバーが集まるスキューバダイビングのスポットでもあります。

また、ニューカレドニアの代名詞ともいえる、美しいラグーンは、オーストラリアのグレートバリアリーフに次いで、世界で2番目に大きいラグーンです。ユネスコの世界自然遺産にも登録されていますよ。

イル・デ・パン周辺の海は、全て世界遺産に登録されているエリア内なため、世界遺産のサンゴ礁をシュノーケリングで見ることができます。

このように美しい海やラグーンに憧れる新婚夫婦は多く、新婚旅行の場所としてニューカレドニアはおすすめです。

関連記事
お得に「ニューカレドニア」へ旅行に行くにはツアーがおすすめ!

日本からニューカレドニアへのアクセス

日本からニューカレドニアまでは直行便があります。ニューカレドニアの首都・ヌメアにあるヌメア国際空港までは、約8時間で行くことができます。

ニューカレドニアの航空券は平均往復6万円ほどと比較的安い価格で旅行をすることが可能ですよ。

ニューカレドニアの気候

ニューカレドニアは、年間を通して24℃前後と爽やかな気候です。また、降水量が少ないのが特徴となっています。

1~4月はスコールや、ハリケーンが接近することもあり、比較的雨が多いですが、日本の梅雨の半分程度の降水量しか降りません。また、日本の冬の時期が、ニューカレドニアでは夏にあたります。1番暑くなる時期で、亜熱帯気候の雰囲気を味わう、観光にオススメのシーズンですよ!

5~9月は、比較的涼しく過ごしやすいので、観光以外にもゴルフやトレッキングなどのスポーツをしたい方にオススメの時期です。10~12月は、雨も少なくカラっとした空気になっているので、海を楽しむには絶好のシーズンです。

ニューカレドニアの治安

ニューカレドニアの治安は良く、女性の1人旅も比較的安心して行くことができる場所と言われています。

そのため、新婚旅行先としても非常に安心できる国となっています。しかし、観光地ゆえにスリや置き引きなどの軽犯罪は多く、必要最低限の注意は必ずするようにしましょう。

ニューカレドニアでは自然に溢れた食事を楽しめる!

ニューカレドニアでは、新鮮な魚介類を使用した料理や、フランス、アジア、オセアニアのなどの文化が合わさったニューカレドニアならではの料理を楽しめます。

また、フランスの海外領土でもあることから、ヨーロッパに行かずとも、本場フランスの味を堪能できますよ!美しい海を見ながら、自然が育んだ食材を使ったおいしい料理を味わえます。

関連記事
絶品グルメを思う存分満喫できるニューカレドニアのレストランを紹介!
様々な国や地域ごとの違いを楽しむ!世界の料理のおすすめを紹介

新婚旅行にオススメのニューカレドニアの観光地スポット

ニューカレドニアは多くの島々で構成されている国となります。それらの島々は新婚旅行でぜひ訪れてほしい観光スポットでもあります。

ここからは、新婚旅行にオススメしたいニューカレドニアの観光スポットの紹介をいたします。

映画の舞台にもなったウベア島

ニューカレドニア ウベア島

ウベア島は、映画「天国にいちばん近い島」の舞台となった島です。ウベア島の場所は、グランドテール島から国内線の飛行機に乗って約35分で行くことができます。

ウベア島は、美しいビーチが20km以上も続き、その中でも「ムリ・ビーチ」は、きめ細かい真っ白な、ふわふわな砂と青い海のコントラストがオススメのビーチです。また、ウベア島とムリ島をつなぐ「ムリの橋」の下は魚たちの通り道となっています。

運が良いとウミガメも見ることができ、とにかく海を眺めながら、のんびりできる島です。

関連記事
天国に一番近い島で”何もしない”を楽しむ
天国に一番近い島!ニューカレドニアの基本情報と旅行の楽しみ方をご紹介

海の宝石箱とも呼ばれるイル・デ・パン島

 

View this post on Instagram

 

Ksenia Roseさん(@kseniarose)がシェアした投稿


イル・デ・パン島は、グランドテール島から国内線の飛行機に乗って約30分で行くことができる島です。

イル・デ・パン島のビーチは砂が白いことが有名です。透き通った海の中は、珊瑚の周りを泳ぐ色鮮やかな熱帯魚が多く生息し、「海の宝石箱」とも呼ばれています。シュノーケリングには最適な場所といえるでしょう。

ニューカレドニアで唯一水上コテージのあるメトル島

メトル島は、グランドテール島からタクシーボートに乗って、約20分で行くことが出来る島です。

ニューカレドニアで、唯一水上コテージがある島でもあります。水上コテージは、なんと言ってもプライベートな空間で自由気ままに過ごせることが特徴です。コテージからそのまま海にダイブしたり、シュノーケリングを楽しむこともできます。また、かなりの確率でウミガメに遭遇できるスポットでもあるんですよ!

アクティビティをするよりも、ゆっくり体を休めたいという方は、コテージ内でゆったりとお昼寝を楽しむのも良いでしょう。

貴重な生態系を見られるリビエール・ブルー州立公園

リビエール・ブルー州立公園では、約1万ヘクタール以上もの広大な敷地で貴重な植物や鳥などの生態系が育まれています。

リビエール・ブルー州立公園では、豊富なトレッキングコースやサイクリングコースがなど、様々なアクティビティも楽しむことが出来ます。

また、ニューカレドニアの国鳥「カグー」は、青白色の羽が特徴で、一度つがいになると一生添い遂げるという特徴を持つことから「愛の鳥」とも呼ばれています。そんなカグーに出会えたら、カップルの仲もより深まるかもしれませんね!

ニューカレドニアでの新婚旅行で泊まりたいホテル

ここからは、ニューカレドニアの新婚旅行で泊まりたいホテルの紹介をいたします。

新婚旅行ではプライベートな時間をできるだけ大切にしたいですよね。ホテルも自分たちに合ったものを選びましょう。

ル・メリディアン・ヌメア

ル・メリディアン・ヌメアは、首都ヌメアの中でも、特に高評価を獲得しているスターウッド系列のホテルです。

リノベーションして生まれ変わったこのホテルは、スタイリッシュさとリゾート感をミックスした居心地の良い雰囲気となっています。また、ビーチ沿いにあるため、ベランダから美しい海を一望することができますよ。

関連記事
絶景を楽しむならオーシャンフロントがおすすめ!海外ホテルも紹介

ル・メリディアン・イルデパン

ル・メリディアン・イルデパンは、それぞれの部屋が独立したヴィラタイプのホテルとなっています。広いリビングルームに、バスルーム、ベッドルーム、ベランダがついた一軒家のような雰囲気です。

コテージの目の前にはエメラルドグリーンに輝く海と、緑豊かな大自然が広がり、人目を気にせずプライベートを楽しむことができます。

シェラトン・デヴァ・リゾート&スパ

シェラトン・デヴァ・リゾート&スパは、隠れ家的なリゾートホテルです。

南太平洋の島の雰囲気を感じられるウッドベースの空間はセンスが良く、静かで洗練された大人のカップルのための秘密のリゾートとなっています。ベランダにある大きなソファベッドで、木々の匂いを感じながら、リラックスした時間を過ごしてみてください。

ハネムーンにぴったりのニューカレドニア!

まさに楽園のようなニューカレドニアで幸せいっぱいの新婚旅行を楽しもう!

白い砂浜と透き通った青い海が美しい南の楽園、ニューカレドニアは、ハネムーンにぴったりなリゾート地です!また、フランス領ならではの街並みは「プチ・フランス」とも言われており、特に首都・ヌメアのあるグランドテール島は、海以外にもショッピングや観光も楽しめますよ!

ぜひ、プライベートな時間を大切にしながらニューカレドニアで癒しの新婚旅行をしてみてください!