1ヵ国で2度楽しい!カリブの海の「新感覚リゾート」は多彩すぎて遊びつくせない!

2018/12/26

カリブ海に浮かぶ島国・キューバと言えば、「チェ・ゲバラ」などの革命家と一緒に連想されることも多い、なんだか危なそうな国…。

名産品1つとっても葉巻ラム酒など、なんだかちょっと危険な匂いがしますよね。

でも、そんな印象がある一方で、実際のキューバは、シブさのなかにもポップさも兼ね備えた新感覚のアイランドリゾートなんですよ♪

シブくてポップな新感覚リゾート・キューバ

キューバの首都・ハバナの旧市街は、16世紀から18世紀までの特徴的な建築物たちを一度に見ることができる、ちょっぴりお得な世界遺産

ちなみに、写真に写り込んでいるクラシックな車たちも、実はキューバの歴史を象徴するものなんです。

と言うのも、つい最近までアメリカと国交を断絶していたキューバには、国交のあった1950年代以降のアメリカ製品がほとんど入ってきていないため、オールドな雰囲気満点なクラシックカーだって、今なお現役で使われているんです。

遠い昔の歴史的街並みと、懐かしい日常の風景とが混在するキューバの街は、映画のセットのような不思議な雰囲気。

こんな独特な空気感が味わえるのは、世界広しといえどキューバだけ!歴史の奇妙な采配に、思わず感嘆のため息が漏れそうですね。

そんなキューバですが、カリブの美しい海に浮かんでいるだけあって、王道のビーチリゾートの条件も、しっかり満たしているんです。

白い砂浜、青い空。

そして透きとおった青い海!

市街の独特な雰囲気との落差に、2ヵ国を回ってきたような、そんな満足感を覚えること間違いなしです。

ということで、1国で2度おいしい、盛りだくさんな国キューバへ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

キューバの治安は?

日本の外務省による発表によれば、キューバ国内での感染症の流行やテロ事件など、直接命に関わるような危険な事案の発生は、近年では確認されていません。

ただし、スリや両替詐欺など軽犯罪は頻発しているようなので、日中であっても気を抜かず万全の対策をしておくべきでしょう。

また、時間帯によっては強盗や殺人などの凶悪犯罪に巻き込まれるリスクも高まるため、不安なら迷わず、国内旅行会社が提供するツアーを利用することを強くオススメします。