パース

『千と千尋』の世界?!「海の上の機関車」が超絶フォトジェニック

2018/12/27

オーストラリア西部の街「パース」は、雄大な自然の風景と都市の洗練された雰囲気とが調和した美しい街。

Martyman | CC BY-SA 3.0

オーストラリア観光と言うと、東部のメルボルンやシドニーなどの大都市を思い浮かべがちですが、その魅力では、西部だって負けてないんです。

海に囲まれたパノラマビュー!バッセルトン桟橋

西部の街パースからバスに揺られること2時間半。

オーストラリア大陸から見える景色の中でも、一際美しいとされる海原に向かって、長ーく伸びているこの建造物は「バッセルトン桟橋」です。

その全長は、なんと2㎞!これは木造の桟橋としては、南半球随一の大きさなのだとか。

そんな長~い橋を渡った先、突端にあるのは、各国の都市を指し示した標識と、かわいい海の生き物のペインティングです。

橋は歩いて渡ることもできますが、オススメしたいのは「機関車」

実はこのバッセルトン桟橋、橋の上に線路が敷かれており、その上を小型の機関車に乗って行き来することができるんです。

海面すぐ近くをはしる機関車なんて、ジブリ映画『千と千尋の神隠し』のあの重要なシーンを彷彿とさせますね♪

ただし、そんなバッセルトン桟橋一番の魅力は、なんと言ってもその景色。

視界いっぱい、一面青のパノラマビューは、恋人や友人、大切な人との貴重な時間を鮮やかに彩ってくれること間違いなしです。

ということで、パースの「バッセルトン桟橋」で、美しい思い出をつくってみてはいかがでしょうか。

アクセス

オーストラリアの主要都市であるシドニーを始点とした場合、パースまでは飛行機で5時間程度。パースからバッセルトンまでは観光バスで2時間半ほどとなっており、トータルで考えると、かなりヘビーな移動になりそうです…。

ただ、パース自体がオーストラリア第4位の都市ということで観光スポットやアクティビティも充実しているため、思い切ってパースを拠点にするというのもアリですよ♪