ミラノ 観光地

歴史を感じながら気軽に歩いて見て回れる!ミラノの絶対オススメしたい観光地を紹介!

2019/01/22

ファッションの発信地としても有名なイタリアの都市・ミラノ。数百年の歴史を感じる大聖堂など見所のある観光地を、公共機関を使わず歩いて回れるのが特徴です。

この記事では、流行の最先端と、刻まれた歴史の両方を堪能できるミラノの魅力の紹介をいたします。

ミラノってどんな場所?

ミラノ 観光地
ミラノはイタリア全土において、首都ローマに次ぐ第2位の規模となる都市です。

商業・工業・金融の中心地でもありますが、何といっても「ミラノファッション」で知られるようにファッションの最先端を行く街でもあります。そのために高級ブティックが立ち並び、歩いているだけでセレブ感を味わえる街でもあります。

人口は130万人ほどで、近郊を含むと500万人を超えます。南ヨーロッパではスペインのマドリードに次ぐ規模です。しかし、観光名所は1日で歩いて回れる範囲にまとまっているため、観光客にとってはコンパクトな観光地としても有名です。

関連記事
古代ヨーロッパの雰囲気が残る「スペイン」で様々な文化や芸術を体感できる観光をしよう!

日本からミラノへのアクセス

日本からミラノへは、直行便が出ています。成田空港からミラノの玄関口であるミラノ・マルペンサ国際空港までおよそ12時間半かかります。航空券価格は全日空で5月から6月の場合、往復で240,000円ほどになります。

格安航空を利用する場合、例えば2019年2月26日の中国国際航空で往復66,960円というものがあります。上海を経由するもので、時間は19時間45分となっています。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ミラノの気候とベストシーズン

ミラノの観光シーズンは初夏である5月か6月です。緯度が北海道の稚内とほぼ同じなので、冬場はかなり寒くなります。

また、11月から3月と9月・10月は天気が不安定で雨が降りやすくなっています。ただし、夏場は日本とは違い、湿気が少ないので蒸し暑さはありません。

関連記事
旅行に安く行けるかも!?オフシーズンの意味や時期を紹介!

ミラノの治安

観光地では観光客を狙ったスリなどの被害が多く、ミラノも例外ではありません。注意すべきエリアはミラノ中央駅周辺と地下鉄の駅や車内、ブランド街やドゥオーモ広場などです。

事例の多いケースとして注意したいのは、オートバイからのひったくりです。背後から追い越しざまにバッグを奪い取るので、バッグや荷物は車道と反対側の手で抱えるように持ちましょう。

次に多い犯罪がスリですが、子どもを近寄らせて気を逸らした隙に財布などを抜き取るというパターンが多いようです。また、列車の車内では、人に押された際に抜き取られることが多いので注意しましょう。

ホテルでも、従業員になりすました人物が出入りしていることもあるため、貴重品などは預けずに身に付けておくことが大事です。食事の際にはテーブルにバッグなどを置いたままにしないようにしましょう。

関連記事
海外旅行保険への加入は必要?クレジットカードの保険じゃダメ?

ミラノでオススメしたい観光地

ミラノには多くの観光スポットがあります。

ここからは、ミラノでオススメしたい観光スポットの紹介をいたします。

ミラノの定番観光地!ドゥオーモ


ミラノの定番ともいえる人気観光地が「ドゥオーモ」です。世界最大級のゴシック建築とあって、圧巻のドゥオーモはミラノの中心的建造物です。

西暦1386年に建設が始まり、ナポレオンの時代である1813年に大半が完成するも細部の建築が続き、なんと1965年になって完全に完成したという長い歴史を持っています。約600年にもわたって建築が続いたので、それぞれの歴史を見ることができる点もドゥオーモの魅力ではないでしょうか。

例えば、1400年代に作られたステンドグラスは新約聖書をモチーフにしていますが、当時は文字を読めない人が多かったためステンドグラスの絵で聖書のストーリーを追えるようにしています。

開館時間は8時から19時で、入場料は3ユーロです。階段やエレベータを使って屋上に出ることもできるので、ミラノの景色を楽しんだり聖人などの彫刻が刻まれた尖塔を観察したりできます。

最後の晩餐を見ることができるサンタ マリア デッレ グラツィエ教会

ドゥオモと同様に歴史を感じさせる観光地が「サンタ マリア デッレ グラツィエ教会」です。

映画『ダ・ヴィンチ・ コード』の舞台としても登場しましたが、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作である「最後の晩餐」はここで見ることができます。人気スポットなので完全予約制となっています。訪れる際は必ず予約しましょう。

ミラノらしさを感じるヴィットリオ エマヌエーレ2世のガッレリア

ミラノ 観光地
歴史的建造物のほかにミラノでの楽しみといえば、やはりショッピングでしょう。「ヴィットリオ エマヌエーレ2世のガッレリア」は石づくりとガラスドームが特徴の十字型アーケードです。

ルイ・ヴィトンやプラダ本店といった高級ブランドショップやカフェ、レストランが立ち並ぶミラノらしさを感じるエリアです。

ガッレリアの中央部にはイタリア4都市の紋章が描かれていますが、その中のひとつ、「牡牛を描いたトリノの紋章」には常に多くの人が集まっています。実はその牡牛の股間付近のくぼみにかかとをつけて一回転すれば、幸運を招くといわれています(このくぼみは多くの人が回転したために出来たものです)。

ガッレリアを訪れたら、ぜひチャレンジしてみることをオススメします。

ミラノにカジノってあるの?

ミラノ市内にカジノはありません。

一番近いところではコモ湖のスイス国境にある街「カンピオーネ・ディターリア」にイタリア公営のカジノがあります。ミラノ中央駅の横にあるGALLIAホテルの角から1日3本、無料バスが運行しています。時間は1時間ほどになります。

入場料は無料ですが18歳以上でないと入場できません。パスポートチェックがあるため、必ず持ち歩くようにしましょう。ドレスコードは比較的緩く、Tシャツや短パン、ジーンズでも入場できます。ただし、サンダルなどのかかとがない靴は拒否されることがあるので注意しましょう。

テーブルゲームは13種類以上、テーブルは56台以上あります。スロットマシンは778台以上もありますよ!

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介

ミラノに旅行して魅力ある観光地を巡ろう!

ミラノ 観光地
ミラノは1日で主な観光地を回れるので、長期滞在せずに楽しむことができる街です。

また、観光を楽しんだ翌日には無料バスでカジノへ向かい、思う存分カジノゲームを楽しんでみるのも良いでしょう!