ピピ島

映画のロケ地としても有名なタイのリゾート!ピピ島で癒しの旅を楽しもう

2019/01/24

タイの周辺に浮かんでいる島「ピピ島」は、ザ・ビーチという映画のロケ地としても有名な場所で、観光地としても最高な場所となっています。ダイビングのスポットとしても良く、のんびり過ごしたい方にはとっておきの場所ですよ。

この記事では、「ピピ島」の紹介をいたします。ぜひ一度ピピ島に足を運んでみてください。

ピピ島ってどんな場所?

ピピ島
ピピ島は、タイのプーケットの南東約48kmほどの場所に浮かぶ島のことです。エメラルドグリーンの美しい海が広がり、「ピピ・ドン島」を中心とした6つの島の総称でもあります。

サンゴ礁に囲まれた美しい海と独特の地形で形成されたピピ島は、まさに「神秘の島」と言われています。透明度の高い海が特徴的でダイバーはもちろんのこと、世界各国の観光客が訪れていますよ。

自然豊かなピピ島ですが、ここ数年で急速に観光地化が進み、ホテルや飲食店にも困りません。ピピ島住民の古きよき生活を感じながらのんびりとした時間を過ごすことが出来ます。

その他にも、猿がたくさんいるシュノーケリングスポット「モンキービーチ」などもあり、個性豊かでユニークな観光スポットが盛りだくさんです!

関連記事
タイの都市「チェンマイ」の基本情報を解説 訪れたい観光スポットも紹介!
人気観光都市「タイ・バンコク」の基本情報 おすすめ観光スポットを紹介!

ピピ島の行き方

ピピ島には、飛行機が離発着出来るところがないため、ピピ島へのアクセスは船での移動となります。

プーケットもしくはクラビまで飛行機で移動してから、ピピ島へ入るのが一般的となっています。

プーケット・クラビまでは成田からの直行便やバンコク経由の乗り継ぎで、日本(約6時間)→バンコク(約1時間20分)→プーケット・クラビ着となります。その後、大型フェリーに乗り約90分ほどでピピ・ドン島に着きます。日本からピピ島までは、乗り継ぎ時間も含めて半日前後を見ておくと良いでしょう。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ピピ島の気候

ピピ島は乾季と雨季に分かれています。乾季が10月から4月、雨季が5月から9月となっています。

ベストシーズンは1月頃から3月頃までで、透き通るようなエメラルドグリーンの海の色を楽しむことが出来ます。この期間は湿度もあまり高くなく過ごしやすいですが、日差しも強いので注意が必要です。

年間を通して最高気温は35℃前後、最低気温は25℃前後となっているため、比較的安定しています。そのため日本のような四季がありません。

また、4月は気温が最も高くなる時期です。雨季への移行期でもあるので少しずつ湿度が高くなり、雨も少しずつ増え始めます。昼間の紫外線はかなり厳しいのでラッシュガードなどの紫外線対策を必ずしましょう。

服装は半袖、半パンなどの暑さをしのげるものがおすすめです。日差し対策としてサングラスや日焼け止めなどもした方がいいでしょう。室内は冷えている所が多いため、羽織るものがあると便利ですよ。

関連記事
旅行に安く行けるかも!?オフシーズンの意味や時期を紹介!

映画「ザ・ビーチ」のロケ地として有名

ピピ島
ピピ・レイ島にある「マヤベイ」は、2000年公開の「ザ・ビーチ」という映画のロケ地になりました。

「ザ・ビーチ」は、レオナルド・ディカプリオが主演を務め、1人でバンコクを旅するリチャードが誰も場所も名前も知らない「伝説の楽園」を探しに行くというストーリーとなっています。マヤベイのビーチは、世界のベストビーチにもランクインしました。

ピピ島の海を満喫!

ピピ島のダイビングスポットは、「ピピ・レイ島」と隣の小島「ビダノック」「ビダナイ」がメインとなっています。様々な種類のダイビングスポットが揃っているため、初心者から中級者、ベテランダイバーまで幅広いレベルの方がダイビングを楽しむことが出来ます。

マヤベイの沖合いは初心者向けのダイビングスポットにもなっています。ピピ・レイ島の東側にあるローサマ湾は、雨季でも穏やかなコンディジョンになることが多く、エメラルドグリーンの深さ数メートルのサンゴ礁で1年中シュノーケリングも楽しめます。

ピピ島のベストシーズンは11月から4月までとなっています。多種多様なサンゴ・ヤッコ・チョウチョウウオ・アジの仲間なども見られますよ!

関連記事
自然が生み出した絶景を楽しめるタイのリゾートで癒しの旅行を楽しもう!

ピピ島でおすすめしたいホテル

ピピ島にはおすすめしたいホテルがいくつかあります。

ここからはその中でも特にオススメしたいピピ島のホテルの紹介をいたします。

ジボラリゾート

ジボラリゾートは、ピピ島の北端に位置する隠れ家的なリゾートです。美しい砂浜に客室、屋外プール、スパ、レストランなどがあります。

アクティビティセンターでは、ダイビングコースや、島巡り、シャークスポッティングツアーを利用できます。また、レストランでは、各国のワインとともにタイ料理が楽しめ南国の海を望みながらバーベキューも味わうことが出来ますよ。

各客室に衛星テレビ、ミニバー、専用バスルームもあり快適な時間を過ごせます。

ピピ・アイランド・ビレッジ・ビーチリゾート


ピピ・アイランド・ビレッジ・ビーチリゾートは、ロバーカオ湾沿いに位置しています。プーケット国際空港からは乗り合いバスか、専用トランスファーサービスを利用して向かうことができますよ!

プライベートビーチ、インフィニティープール(プールバー付)、テニスコート、ダイビングセンター、フィットネスセンター、スパ、レストラン4軒と施設も充実しており、女性も存分に楽しむことが出来ます。

ピピ・ナイス・ビーチホテル・ヒップ

ピピ・ナイス・ビーチホテル・ヒップは、ピピ・ドン島の海辺沿いに位置し屋外プールがあるホテルです。客室は美しい内装で無料wi-Fi、薄型テレビ、ミニバー、専用バスルームを完備しています。

併設されているレストラン&バーはビーチからすぐの場所にあり、美しい景色を眺めながら飲み物や料理が楽しめますよ。トンサイ桟橋があるピピ島の中心部まで徒歩約10分で行くことができるため、ショッピングや食事も気軽に楽しめます。

タイはギャンブルが禁止!

タイはギャンブルが禁止されている国なので、カジノはありません。

しかし、バンコクにはいくつも闇カジノがあると言われており、度々警察に摘発されています。闇カジノは違法なため、絶対に利用しないで!カジノ旅をするなら旅行先の変更がおすすめです。

ピピ島で日頃の疲れを癒す旅行をしよう!

ピピ島
ピピ島と言えば、まずは綺麗なビーチが思い浮かび、ダイビングにも最適な場所となっています。リゾート感に溢れた場所なため、日ごろの疲れを癒したい方にはおすすめの観光地です。

ピピ島は、治安も比較的安全なため、女性同士の旅行などにも最高な場所ですよ!ぜひ、ピピ島で癒しの旅をしてみてください。