チェンマイ

北方のバラとも呼ばれる美しいタイの古都!「チェンマイ」の観光スポットを紹介

2019/01/31

タイは日本人にも人気の旅行先として馴染みがあるかと思います。バンコクやスコータイ、パタヤやプーケットなどは特に人気のあるスポットでしょう。そんな中、チェンマイへ観光に行く人が昨今、増えつつあります。

この記事では、タイの古都と言われるチェンマイの魅力について紹介をいたします。

チェンマイってどんな場所?

チェンマイ
チェンマイは、タイの北部に位置する古都です。古くからの風習や文化、建造物などを楽しむことの出来る観光地として人気になっています。

チェンマイは別名、「北方のバラ」と呼ばれています。その由来は国王の別邸に王妃が大量のバラを植えたことからバラがチェンマイのシンボルとなり、いつしか北方のバラと呼ばれるようになりました。

関連記事
タイの都市「チェンマイ」の基本情報を解説 訪れたい観光スポットも紹介!
自然が生み出した絶景を楽しめるタイのリゾートで癒しの旅行を楽しもう!

日本からチェンマイへの行き方

日本からチェンマイへの、直行便は就航していません。そのため、日本からチェンマイへ行く場合は、バンコクを経由してアクセスする方法が一般的です。

日本からバンコクへの格安航空券は、平均、約4万円~6万円程度で購入することができます。また、各社LCCなどもあるので、さらに格安で行くことも可能です。バンコクからチェンマイの国内線は、安ければ片道5千円程度からあります。

そのため、格安航空券とチェンマイへの航空券を合わせると日本からチェンマイへの渡航費は、平均約5万円~8万円程度必要となります。また、バンコクには直行便だけでなく、沖縄などを経由して行く方法もありますよ。そういった経由便を利用すれば時間はかかりますが、さらに安く行くことが可能です。

関連記事
人気観光都市「タイ・バンコク」の基本情報 おすすめ観光スポットを紹介!
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介

チェンマイを観光するのにおすすめの時期

チェンマイのおすすめの観光時期は、11月~2月頃の乾季の時期となります。この時期はベストシーズンと言われていて、快適に観光できる時期となります。

チェンマイの気候は熱帯性気候で、乾季、暑季、雨季の3つのシーズンに分けられています。チェンマイの年間平均気温は約26℃程度で、1年を通じて最も気温が低いのが12月から1月頃で、5月から10月の雨季は雨が多く降ります。

チェンマイのおすすめ観光スポットや見どころ

チェンマイには多くのおすすめしたい観光スポットや見どころがあります。

ここからはその中でも特におすすめしたい、ナイトバザール、ランタン祭と(コムローイ祭)、ドイステープ寺院、ワット チェディ ルアン、カレン族の村の5つを紹介いたします。

ナイトライフを楽しめるナイトバザール

チェンマイのおすすめ観光スポットとして、ナイトバザールが有名です。チェンマイの街の中心地にあるナイトバザールは、タイ屈指の規模を誇ります。

毎晩開催されているので、観光中のナイトライフで楽しむことが可能です。約1kmに渡り露店が軒を連ね、多くの雑貨が販売されていたりするので、食べ歩きをしながら色々見るのも楽しいです。フードコートなどもあります。

幻想的な光景が広がるランタン祭(コムローイ祭)


チェンマイのランタン祭(コムローイ祭)も有名な観光イベントです。

毎年秋に、ランタン(コムローイ)に炎を灯し、一斉に夜空へランタンを飛ばします。3,000個のランタンが夜空に上がる光景は、幻想的で神秘的です。コムローイ祭りは水の精霊に感謝をするお祭りです。ランタンを飛ばすのは、天にいるとされている仏陀(ブッダ)へ感謝を捧げる意味があるそうです。

アニメ映画のあるシーンのモデルなどにもなっているお祭りで、これを目的にチェンマイを訪れる人も年々増えつつあります。

関連記事
本場のタイ料理を旅の途中で味わえちゃう!タイの空港「スワンナプーム国際空港」のおすすめレストラン
タイはリゾート旅行の新定番♡押さえるべきリゾート地を一挙公開!

チェンマイで最も有名なドイステープ寺院

チェンマイ
ドイステープ寺院はチェンマイの定番観光スポットで、高さ22mの金色に輝く緻密な装飾が美しい仏塔があります。チェンマイで最も有名な観光名所となっています。

標高1,676mのステープ山の山頂にある大人気の観光名所となっています。

ワット チェディ ルアン

ワットチェディルアンは、北タイ様式のお寺の中では最大級のものと言われており、1300年代に建てられた歴史ある寺院です。

観光のインパクトもあり、見た目が個性的な寺院となっています。高さ約80メートルの高い仏塔の内部に、金色の仏像が祀られています。

チェンマイで最も大きな仏塔(チェディ)のある寺院として、チェンマイ観光で欠かせない観光スポットとなっています。

首長族であるカレン族の村も訪問できる

チェンマイの観光では、首長族であるカレン族への訪問が可能です。

首長族(カレン族)の村は、チェンマイの中心街から車で30分とアクセスも良いため、チェンマイの観光で人気のスポットとなっています。カレン族の村は日本でも有名で、テレビなどでも何度か目にしたことのある人が多いのではないでしょうか。

村への入村料は、500バーツ(約1750円)となります。この村の入場料が、カレン族の人の生活費の足しになっているそうです。観光客が訪れることが現地の人への助けになっているのかもしれません。

チェンマイは家族旅行にもおすすめ

チェンマイ旅行は、ファミリーの海外旅行にもおすすめです。タイはキッズサービスが充実している国です。また、治安が比較的良いことやのんびりした雰囲気を満喫できるといった特徴もあります。

チェンマイ空港には、オムツ替え台付きトイレがあります。託児所・託児サービスは、大手外資系チェーンホテルなどにもあります。シャングリラホテル チェンマイには、オムツ替えのできるスペースなど託児所がありますよ。

また、フォーシーズンズ チェンマイには、ベビーシッターサービスなどもあります。こうした設備のおかげで安心して家族旅行を楽しむことができますよ。

チェンマイにカジノってあるの?

タイではギャンプルが禁止されているため、チェンマイでは、残念ながらカジノを楽しむことが出来ません。

そのため、チェンマイの近くでどうしてもカジノを楽しみたいという場合は、タイとラオスの国境の街であるビエンチャンなどに行く必要があります。タイ周辺の国でカジノができる国には、カンボジアやラオスがあります。

チェンマイはミャンマーとの国境にも比較的近いですが、現在のところ、ミャンマーもタイと同様にカジノ営業は禁止となっています。タイは今後、カジノ合法化へ向けての討議を進めていく予定だそうです。

歴史と自然を楽しめるチェンマイに旅行しよう!

チェンマイ
タイの北部にある古都、チェンマイ。

タイといえば、バンコク、パタヤ、プーケットのような海のリゾート地を思い浮かべる人も多いかと思います。もちろん、タイのリゾートは美しいですが、チェンマイではそこでしか味わえない落ち着いた旅行が楽しめます。

チェンマイはタイの地方の魅力が満載で、遺跡巡りなどの歴史と自然を満喫したい人におすすめの観光地です。日本からチェンマイへ観光される人は、年々増えつつあります。

タイの古都としてチェンマイは魅力が満載なので、ぜひ足を運んでみてください!