レフカダ島

レフカダ島って知ってる?ビーチリゾートが好きなら絶対外せない場所をご紹介

2019/01/11

今回ご紹介するイオニア諸島の「レフカダ島」は、地中海のイオニア海に浮かぶギリシャ領の島。同諸島の中で4番目に大きな島です。

「一生に一度は行ってみたい」とはまさにこのこと

そんなレフカダ島は、ギリシャ国内からも国外からも人気を博するリゾート地。美しいビーチに囲まれ、7〜8月の過ごしやすい時期になると、観光客が多く訪れます。この時期の最高気温は23度ほどと暑すぎず寒すぎず。そして雨も1年で一番少ない時期になります。

そして以下がレフカダ島が擁するビーチの数々。こんな美しいビーチ… 他ではなかなか見ることができません。

エグレムニ・ビーチ

ペフクリア・ビーチ

ポルト・カツィキ・ビーチ

山に面したビーチから断崖絶壁に面したビーチまで。リゾート好きにはたまりませんね。

街も散策する価値あり

レフカダ島の中心街は「THE 地中海」を思わせる美しい景観。古めかしくもオシャレな建造物が並んでおり、リゾート感満載。昔に建てられた教会もたくさん残っているんだとか。

街にはこのような細い路地が点在しています。この島なら、こんな路地にも迷い込んでみたいと思えます…。

実は日本にゆかりが

日本とは縁もゆかりもなさそうなこのレフカダ島。実は両者には意外な接点があります。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)という名前を聞いたことはあるでしょうか?明治時代の作家である彼は、母親がギリシャ人であったことから幼少期をこの島で過ごしました。以降レフカダ島を離れた小泉でしたが、この世を去った時はなんと東京・新宿区に暮らしていたのです。そんな経緯があり、なんと平成元年にレフカダ市と新宿区は友好都市になりました。

アクセス

レフカダ島には、飛行機または自動車にてアクセスをすることができます。ギリシャ本土とは橋で繋がっているため、フェリーに乗る必要はありません。最寄りの空港はプレベザ・アクティオ空港から自動車で30分ほどの距離になります。ただ、この空港は夏場にしか開港しておらず、夏場以外に訪れる場合は「Lefkada KTEL」というバス会社のバスを利用してギリシャ本土よりアクセスするのが便利です。