アジアNo.1のビーチにうっとり!セブ島超えの絶景に人生観も変わりそう

2019/01/11

フィリピンのボラカイ島は、首都マニラから飛行機で1時間ほどの場所にあるアイランドリゾート。

日本からの直行便のあるセブ島などに比べれば、その知名度は劣るかもしれませんが、その美しさ・楽しさはフィリピン随一と言っても過言はないほど。

と言うのも、ボラカイ島の南西にある「ホワイトビーチ」は、世界最大の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーが発表したランキングで「アジアNo.1ビーチ」に選ばれたこともあるのです。

青い空と、白い雲。純白の砂浜と、太陽に向かってつんと立ったヤシの木、そして透き通るような海を備えたこのホワイトビーチは、まさに非の打ちどころのないNo.1ビーチ。

絵に描いたような“南国感”に、各国のリゾートラバーからの好評価にも納得せざるを得ません…。

しかし、このホワイトビーチの魅力は、その美しさだけに非ず。島の全長7.5㎞に対して、約4㎞もの長さを占める広大さも、このビーチが圧倒的多数の支持を得る所以になっています。

ちなみに、ホワイトビーチはその特徴毎に、最も美しいとされる「ステーション1」、賑やかでカフェやバーへのアクセスが容易な「ステーション2」、穏やかな雰囲気を満喫したい人向けの「ステーション3」というようにセクション分けされています。

ただし、それぞれのセクションはハッキリと分断されているわけではないため、気分に合わせてステーションを行き来するのも楽しいかもしれません♪

ということで、好みに合わせて自分なりの楽しみ方を創造することができるボラカイ島・ホワイトビーチで、極上のリラックスタイムを堪能してみてはいかがでしょうか。

アクセス

残念ながら、日本からボラカイ島への直行便はありません。

そのため、現地へ向かう一般的なルートはマニラを経由するものとなっており、マニラから国内線でカティクラン空港かカリボ空港へ向かったあと、今度は船に乗ってボラカイ島へ…というように多少複雑になっています。

しかし、そんな移動疲れを補って余りあるほど、ボラカイでの体験はあなたの人生に大きな影響を与えるはず♪

ちなみに、島には他にもビーチが点在しているので、ボラカイを巡って自分だけのベストビーチを探すのも楽しいかもしれませんよ。