スワンナプーム国際空港 レストラン

本場のタイ料理を旅の途中で味わえちゃう!タイの空港「スワンナプーム国際空港」のおすすめレストラン

2019/02/03

毎年多くの日本人観光客が訪れている「タイ」は、パクチーなどを使ったタイ料理が人気の国です。

この記事では、そんなタイ料理が空港でも手軽に味わえると評判の高いスワンナプーム国際空港について紹介いたします。

スワンナプーム国際空港ってどんな場所?

スワンナプーム国際空港 レストラン
アジアのハブ空港を目指して、2006年9月にオープンしたのがスワンナプーム国際空港です。スワンナプームとは、黄金の土地という意味で、タイのプミポン前国王が名付けました。

飛行機の到着階にはワット・プラケオ(エメラルド寺院)にあるヤック像を模した巨大な像が立ち並んでいます。ヤックとはタイ語で鬼という意味です。ヤック像は善人を悪から守る役目を果たす守護神のような存在で、タイを訪れる人々を出迎えています。

空港の敷地はかつてタイの玄関口であった、ドンムアン国際空港の5倍、成田国際空港の3倍の広さで、まさに世界的規模の国際空港となっています。

空港の3階にはタイ料理だけでなく様々な国の味が楽しめるレストランやカフェがあります。回転寿司や日本食のレストランもあるので、日本食を食べたい人も安心です。しかし、国際空港のレストランということもあり、料金はタイ市内に比べると高くなっています。

関連記事
北方のバラとも呼ばれる美しいタイの古都!「チェンマイ」の観光スポットを紹介
タイの都市「チェンマイ」の基本情報を解説 訪れたい観光スポットも紹介!

リーズナブルに食事できるマジック・フード・ポイント


タイ市内と比較すると少々料金の高いスワンナプーム国際空港のレストランの中で、タイ市内の食堂と同じ値段で食べられると密かに人気となっているのが「マジック・フード・ポイント」です。

マジック・フード・ポイントは、空港職員のために作られたフードコートタイプの24時間営業のレストランです。

マジック・フード・ポイントの魅力はなんといっても値段の安さ!市内の食堂とほとんど同じ値段で、日本円で数百円もあれば、様々なタイ料理を楽しめますよ。もちろん空港職員でなくても利用できます。

関連記事
様々な国や地域ごとの違いを楽しむ!世界の料理のおすすめを紹介
タイの都市「チェンマイ」の基本情報を解説 訪れたい観光スポットも紹介!

マジック・フード・ポイントへのアクセス

マジック・フード・ポイントは基本的には空港職員用のフードコートなので、一般の旅行客には分かりづらい場所にあります。

空港1階の外の出口を左側に進んでいくと、大きく「8」と書かれた8番出口があり、その付近にマジック・フード・ポイントの入り口があります。看板は大きくありませんが、「Magic Food Point」と書かれているためわかりやすいでしょう。

マジック・フード・ポイントの利用方法

マジック・フード・ポイントは、大きな荷物の持ち込みが禁止なので、注意しましょう。

また、マジック・フード・ポイントで食事をするにはクーポンが必要です。空港内の入り口から入るとカウンターがあるので、そこでクーポンを購入します。

クーポンの購入は1綴り100バーツからで、10バーツと5バーツの組み合わせになっています。ちなみに100バーツは日本円で約340円(2019年1月現在)です。クーポンが余った場合は、そのままバーツで返金してもらえるので安心です。

マジック・フード・ポイント内のテーブルは自由に座れるので、料理を決めるまでに席を確保しておくことも可能ですよ。フードコートには、10店舗近くのお店があり様々なタイ料理が味わえます!

食事に使用する箸やフォーク、スプーンは中央にまとめて置いてあります。衛生的に気になる人は、沸騰したお湯が用意されているので、お湯で軽くゆすいでから使用するのがおすすめです。

マジック・フード・ポイントのおすすめ料理

マジック・フード・ポイントでは様々なタイ料理が楽しめます。

ここからはその中でも特におすすめの「カオパット」「カオマンガイ」「クイティアオ」「タイ風かき氷」の4つを紹介いたします。

タイ料理の定番!カオパット

タイ料理の定番中の定番が、タイ風チャーハンの「カオパット」です。

マジック・フード・ポイントでは、エビが入った「カオパット・グン」や豚肉入りの「カオパット・ムー」、鶏肉が入った「カオパット・ガイ」やシーフードチャーハンの「カオパット・タレー」など、様々なカオパットが味わえます。

タイのソウルフード!カオマンガイ


タイのソウルフードとして人気の屋台料理「カオマンガイ」もマジック・フード・ポイントで人気が高いです。

鶏のスープで煮込んだご飯と柔らかく煮込んだ鶏肉のぶつ切りは、抜群の相性で、日本人の舌を満足させる逸品ですよ!

クイティアオは具材や麺を自分好みにできる

タイの麺料理で定番となっているのが「クイティアオ」です。

麺の種類や具材から選べるので、自分好みのクイティアオを探すことができますよ。

タイならではのデザート!タイ風かき氷

マジック・フード・ポイントには、料理だけでなくフルーツやお菓子、デザートなども豊富に用意されています。その中でも特に人気なのが、タイ風のカキ氷です。

バナナやマンゴーなどのドライフルーツ、ブドウやライチなどの他にも、コーンやレンコン、梅や蓮の実、海草など変わった具材のトッピングが楽しめます。

スワンナプーム国際空港のおすすめのレストラン

マジック・フード・ポイントは空港内でも離れた場所にあるので、時間に余裕のない方は3階のレストランで食事する方が安心できます。

多少、値段は高くなりますが、美味しいお店が多く揃っていますよ。ここからはその中でも特におすすめのレストラン「Eat Tion」「CHINATOWN」「FUJI RESTAURANT」の3つを紹介いたします。

ここで紹介する場所以外にも、スワンナプーム国際空港の3階には日本でもお馴染みの「BURGER KING」や「Starbucks Coffee」やタイで人気のお店が数多くあります。

関連記事
人気観光都市「タイ・バンコク」の基本情報 おすすめ観光スポットを紹介!
自然が生み出した絶景を楽しめるタイのリゾートで癒しの旅行を楽しもう!

サービス精神に富んだタイ料理店Eat Tion

タイを離れる前にタイ料理を食べる人で賑わっているのが、Eat Tionです。タイの定番料理から地方料理まで様々なタイ料理が揃っています。

スタッフがサービス精神に富んでいて心地よく食事が楽しめます。

中国系のタイ料理を味わえるCHINATOWN

中国系のタイ料理が味わえるのが、CHINATOWNです。

タイ料理の定番になっている「プーパッポンカリー」やタイ風お好み焼きの「オースワン」などの料理が味わえます。また、ココナッツミルクで炊いたもち米にマンゴーを乗せた「カオニャオ・マムアン」は人気のデザートです。

FUJI RESTAURANTは日本食を食べたい人におすすめ!

FUJI RESTAURANTは、タイで最も有名な日本食チェーンです。タイ資本のレストランですが、味は日本人でも満足できます。

日本食を食べたい人にはおすすめのレストランです。

スワンナプーム国際空港でタイ料理を楽しもう

スワンナプーム国際空港 レストラン
タイ料理は日本でも人気の高い料理です。

スワンナプーム国際空港に行ったら、是非美味しいタイ料理を堪能してみてください!