ロドス島

アジアNo.1の絶景アイランド!世界が認めた奇跡の海に心が浄化されちゃいそう

2019/01/15

タイを代表をするリゾートアイランド・サムイから北へ約60kmの地点にある「タオ島」は、南北に7㎞、東西に3㎞ほどの大きさしかないコンパクトな島。

しかし、そんな島のコンパクトさに反して、その存在感は絶大。

ダイバーたちの間では、巨大なジンベエザメや、愛らしいクマノミたちと出会える絶好のダイビングスポットとして知られているだけではなく、世界最大の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーが2015年に発表したランキング「旅行者が選ぶアジアのベストアイランド」でも1位に選出されるなど、島の美しさを讃える声はとどまるところを知りません。

波の穏やかな美しい海と、晴天日が年間300日にも達するという恵まれた気候とを有するこのタオ島は、ダイビングに良し、シュノーケリングに良し、のんびりとしたバカンスに良しな、まさに“アジアNo.1”の名に相応しい絶景アイランドリゾートです。

さて、そんな美しいタオ島を語る上で絶対に欠かせないのが、最高の眺望を誇るナンユアン

生命力に満ちた島の深緑と、この海が持つ神秘的なエメラルドグリーン…そして、潮の満ち引きによって現れては消えるこの白砂の道は、絶景に肥えたあなたの目にも、きっと特別な印象を与えることでしょう。

ということで、“アジアNo.1”の名を欲しいままにする絶景アイランド・タオで、常識を超えた未体験の美を堪能してみてはいかがでしょうか。

アクセス

日本からタオ島へのアクセスは、空路でバンコクやシンガポールを経由し、まずサムイ島へ向かうのが一般的。タオ島には空港がないため、サムイから現地までは高速船を利用します。

高速船の料金は600バーツ(日本円にして2,000円)程度に設定されており、所要時間は片道で約2時間です。ちなみに、ナンユアンへ向かう場合はタオ島のメーハート湾桟橋からボートを利用する必要があります。こちらの所要時間は片道20分、料金は往復で300バーツ(1,000円)ほどと手頃になっているので、タオ島を訪れるならぜひ足を運んでおきたいですね♪

タイには他にも美しいリゾートがたくさんあります。気になる方はコチラもチェック♪