パラダイス島

カリブ海No.1の透明度!ため息出るほど美しい大人の楽園「パラダイス島」で味わう非日常

2019/01/17

カリブ海随一の透明度を誇る海と、大人もつい童心に返ってしまう魅惑の施設とが併存するバハマのパラダイス島。

360度どこを見ても絶景というまさに天国なこの島は、意外にもニューヨークからは飛行機で約3時間ほどとアクセス良好。そのため米国人を始めとした多くの観光客で連日賑わっています。

パラダイス島の海の透明度を一度体験してしまっては、もう他の海では満足できなくなるかもしれませんね。ここで出会えた海洋生物とは一生の思い出になる交流ができるはず。

パラダイス島の魅力は大自然だけではありません。ホテルやカジノなど、大人も寝る間を惜しんで楽しみたくなるような施設が充実しているんです。

その中でも一番人気は、このホテル「アトランティス・パラダイス・アイランド」。

古代都市「アトランティス」をモデルとして造られた、バハマ最大の5つ星テーマパークリゾートです。外観だけでなくロビーの天井や通路には神殿風の装飾が施され、滞在する人々を異世界へと迷い込ませます。

アトランティス・パラダイス・アイランドは、約2500室の客室からなる4つのタワーが連なっており、他にも約50,000匹の海洋生物が泳ぐ水族館や海底トンネル、カジノ、ウォータースライダー、21軒のレストランなど、ホテル施設としては規格外の規模を誇っています。何日か滞在しないと全部周りきれませんね!

喧騒を離れ非日常を味わいたい方は、ぜひ休みをしっかりとってパラダイス島に足を運んでみてはいかがでしょうか?

アクセス

日本からパラダイス島への直行便はありません。成田や羽田空港からは、アメリカ、カナダを経由してバハマのメイン空港「リンデン・ピンドリング国際空港(ナッソー)」に向かいます。リンデン・ピンドリング国際空港から車でおよそ30分でパラダイス島に到着します。デルタ航空を使用すればアトランタ経由で乗り換えが1度で済みますが、どの経路を選んでも片道約20時間前後かかるので、ゆとりを持った計画が必要です。