地中海のセレブリゾート

3つの色のビーチに驚愕!地中海のセレブリゾートは街ブラだけじゃ終われない!

2019/01/18

ギリシャのサントリーニ島は、紺碧の海と白壁の街並みによる鮮やかなコントラストが印象的な、地中海のリゾートアイランド

島北部の港町である「イア」はそんなサントリーニの美しさを象徴する場所として知られ、毎年、世界中から多くの観光客が訪れています、

昼間には地中海の日差しに白く輝き、夕暮れから夜にかけてはあたたかな橙に染まる美しい景観。ヨーロッパ有数のリゾート地として、各国のセレブリティたちを魅了し続けているここ「サントリーニ」では、青と白が産み出す幻想的な街並みのほうにスポットが当てられがちですが、実は、色彩豊かでバラエティに富んだビーチに恵まれた魅惑のマリンリゾートでもあるんです。

島の南部にある「レッドビーチ」はそんなサントリーニビーチの多様さを体現する、赤土色の珍しいビーチ。

溶岩からなる赤茶けた岸壁とエーゲ海の濃紺とが織りなす雄大な景観は、この地を訪れる多くの観光客たちを圧倒しています。ただし、ビーチ周辺は岸壁によって守られているため、インパクト絶大なその色合いに反して波は非常に穏やか。もちろん遊泳にも適しています。

そんなレッドビーチからたった10分ほどの場所にある「ホワイトビーチ」は石灰岩でできた真っ白い岩山が印象的。

“白いビーチ”と聞くと砂浜の色を連想してしまいますが、こちらでも名前の由来になっているのは岸壁のほうです。青い海と、白い岸壁――かつての人々は、こんな風景をもとにイアの街を建設したのでしょうか――ゆるやかな波に揺られながら、そんな想像を膨らませてみるのも悪くないですね♪

そのホワイトビーチと双璧を成す「ブラックビーチ(カマリビーチ)」は、火山灰を多く含んだ“黒い砂浜”を持つ新感覚のビーチ。

白い砂浜に慣れていると、海辺で撮る何気ない1枚も、なんだかシックで大人っぽい印象になりますね。

ということで、印象の異なる多様なビーチでアクティビティを楽しめるギリシャ・サントリーニ島で、いつもと違うバカンスを堪能してみてはいかがでしょうか。

アクセス

ギリシャの首都・アテネからサントリーニ島までは飛行機で約30分ほど。

ちなみに、ヨーロッパの各都市からは直行便が出ているので、旅行日程にロンドンやローマを組み込めば、アテネをショートカットすることも可能です。ちなみに、アテネ-サントリーニ間の飛行機は航空会社によってはオンシーズンのみの運行となっている場合もあるため、移動時間の質にもこだわりたい場合は事前のリサーチが必要です。