サイパン

サイパンへ何度も行った方へ こんな風景見たことありますか?

2019/01/18

ハネムーン旅行やカップル旅行、卒業旅行や連休中のバカンスの目的地として、日本でも根強い人気を誇る太平洋のリゾートアイランド「サイパン」

昨年5月には、国内で唯一直行便を運航していたデルタ航空が運休を発表するなど、残念なニュースも聞かれましたが、日本からのアクセスの良さは健在。グアムを経由しても5時間ちょっとのフライトで到着してしまうという手頃な距離感から、日本ではハワイ・グアムと並ぶ“南国リゾートの大定番”としての地位を不動のものにしています。

そんなサイパンを遊び尽くすうえで、絶対にハズせないのが、サイパンのラグーン内にある周囲1.5㎞ほどの小さな無人島「マニャガハ」です。

先住民たちの言葉で「ひとやすみ」を意味する“マニャガハ”の名を与えられたこの島は、日常の疲れを癒すのにはぴったりのポイント。サイパンからフェリーで10~15分というスムーズなアクセスと、島全体が国立公園に指定されるほどの美しい自然景観。そして島の周囲360°に広がるターコイズ色のオーシャンビューは、何度見つめても、何時間見つめても、新鮮な感動を与えてくれる魔法の景色です。

木陰でのんびり読書するも良し、水着に着替えて海水浴やシュノーケリングを楽しむも良し――リゾートだからと言って気取らないマニャガハの時間は、いつまでも変わらず、フレンドリーな雰囲気で満ちたサイパンの魅力を、まさに体現しているかのようです。

ということで、何度訪れても飽きのこない不動の定番リゾート「サイパン」へ、今年も遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

アクセス

昨年5月6日にデルタ航空が直行便の運休を発表して以降、日本-サイパン間を結ぶ直行便は運行されていません。一部報道によるとスカイマークエアラインズが直行便の就航を、アシアナ航空やジンエアーがチャーター便の運航を計画しているとのことですが、詳細は未定です。

したがって現在、日本-サイパン間の移動は、グアム島を経由するのが一般的。所要時間は5時間30分ほどと直行便があった頃に比べれば長くなっていますが、それでもスケジュールがギリギリになりがちな週末旅行の目的地としても十分選択肢に入れられるレベル。

ちなみに、サイパン島からマニャガハまでは水曜日・金曜日を除き毎日4本のフェリーが運航されているため、こちらもアクセスは容易です。