マクタン島

セブ島リゾートのほとんどが集まる「マクタン島」の魅力とおすすめスポットを紹介!

2019/02/17

フィリピン中部の海に浮かぶマクタン島。聞き慣れない場所かもしれませんが、マクタン島はフィリピンのセブ島に隣接する島で、セブ島と聞いて日本人がイメージするリゾートのほとんどが、実はこの島に存在しています。

また、マクタン島とセブ島は橋でつながっていて、行き来も簡単となっていますよ。

この記事では、そんなマクタン島の、行き方、観光スポット、人気ホテル、カジノ事情などを紹介いたします。

マクタン島ってどんな場所?

マクタン島
マクタン島とは、フィリピン第2の都市、セブ都市圏(メトロ・セブ)を構成する島の一つです。セブ島(セブシティ)リゾートのほとんどがマクタン島にあります。

島内にはバスや電車がないため、移動手段は安くて早いタクシーがおすすめですよ。ローカルな雰囲気を楽しみたい方は、カラフルにペイントされた乗合バスや、ジプニーを使っても良いでしょう。時間はかかりますが、タクシーより更に安価です。

また、食べ物は、地元のシーフードを沢山使ったパエリアや、果物やアイスがのったフィリピン版かき氷のハロハロなどが美味しいです。水道水は飲めませんので、外出の際はミネラルウォーターを持ち歩きましょう。

マクタン島には高級リゾートホテルも多く、観光客も多いため、治安も安定しています。マリンスポーツを存分に楽しみたい場合は、海が穏やかで晴天が続く2月~5月頃がおすすめです。

日本からマクタン島への行き方

日本からマクタン島のマクタン・セブ国際空港までは、フィリピン航空やLCCのセブパシフィック航空などが直行便を飛ばしています。渡航費は、直行便で2万円~4万5千円前後(燃油・各種手数料別)となっています。所要時間は5時間ほどです。

また、台湾や香港などでの乗り継ぎ便も多いので、日本からは非常に行きやすい南国リゾートの一つです。2018年7月には、世界初のリゾートエアポートをコンセプトに、国際線専用の新ターミナルがオープンし、24時間営業を開始しました。

空港からセブ島(セブシティ)の中心部までは、車で30分ほどです。

マクタン島のおすすめ観光スポットやアクティビティ

マクタン島はリゾート地なだけあって、多くの観光スポットやアクティビティが充実しています。

ここからは特におすすめしたい観光スポット・アクティビティ「アイランドホッピング」「マクタンシュライン」「アレグレ・ギター工場」「10000 Roses Cafe&More」「シャングリラ・マクタンリゾート&スパ セブ」「高級ホテルのデイユース」の6つを紹介いたします。

セブ島で一番人気のアクティビティ!アイランドホッピング

マクタン島
アイランドホッピングは、セブ島で一番人気のアクティビティです。マクタン島から専用のボートで、近くに点在する離島を巡って、透明度抜群の海でシュノーケリングやダイビングを楽しみます。

スパ付き、体験ダイビング付き、マリンスポーツ付き、バーベキュー付きなど、様々なコースがあるので、事前にじっくり検討しましょう。日本より現地の代理店の方がツアーのバラエティが豊富で、値段も安めです。ネットなどでチェックしてみてください。

訪れる島数やコースにより様々ですが、相場は1万円前後となっています。家族や友達同士で船をチャーターすることも出来ますよ。

ローカルなお土産屋さんも豊富なマクタンシュライン

マクタンシュラインは、ラプラプ像とマゼランの記念碑がある公園です。1521年、地元の領主・ラプラプと航海中のマゼラン軍の戦いで、ラプラプ王が勝利したことを記念して作られました。入園は無料となっています。

マクタンシュラインは、広くはありませんが、綺麗に整えられた芝生とヤシの木が美しく、散歩にも良い場所です。地元の民芸品などを中心に、ローカルなお土産屋さんも沢山並んでいますので、ぜひ足を運んでみてください。

良質のギターやウクレレが安価で手に入るアレグレ・ギター工場

ギターの有名な産地でもあるマクタン島では、様々な場所でギターが売られているのを目にします。島内には製造工場も多く、良質のギターやウクレレが安価で手に入ることもあって、観光客も多く訪れています。

最も有名なアレグレ・ギター工場では、日本語の解説付きで作業工程を見学することも可能です。作業は全て熟練職人の手作業で行われています。入場は無料ですので、日本ではあまり目にすることの無いギターの製造方法をぜひ見学してみましょう!

美しいバラを楽しめる夜景スポット!10000Roses Cafe&More


10000Roses Cafe&Moreは、その名の通り、1万本のバラ(生花ではありません)がライトアップされた夜景スポットです。夕方を過ぎると白いバラにあかりが灯り、幻想的な風景が楽しめます。

カフェが併設されているので、屋外席では光り輝くバラとマクタン島の海原を楽しみながら開放的なひと時を過ごすことが出来ます。島の南端に位置するので、タクシーをチャーターして行きましょう。

セブで人気のホテル!シャングリラ・マクタンリゾート&スパ セブ

マクタン島北部のオーシャンフロントに位置する「シャングリラ・マクタンリゾート&スパセブ」は、セブ全域の中でも一番人気の5つ星リゾートホテルです。

シャングリラ・マクタンリゾート&スパ セブの最大の魅力は、全長350mにも及ぶ白砂のプライベートビーチです。海洋生物保護区内のため海は綺麗で、すぐ足元で様々なトロピカルフィッシュが泳ぐ姿や、サンゴ礁が見られます。泳ぎが苦手な方や子どもでも、簡単に熱帯魚と触れ合えますよ。

敷地内には4つのダイニングと、5つのラウンジ&バー、スパ、フィットネス施設、プールなどもあり、飽きることはありません。

セブ国際空港から車で15分と立地も良く、セキュリティも厳重です。日本人スタッフも常駐しているので、言葉の面でも安心できますね。シーズンにもよりますが、宿泊費は一泊5万円前後(2人利用)です。

高級ホテルのデイユース

シャングリラをはじめ、マクタン島の高級リゾートでは、日中だけホテルのプライベートビーチやプールを開放する、デイユースを行っています。セブシティ方面にホテルをとってナイトライフを楽しみつつ、昼間はビーチリゾートを満喫する、ということも可能です。

価格も日本円で1万円前後とお手頃なので、アクティブ派にはおすすめですよ。

マクタン島にカジノってあるの?

マクタン島のセブ・マクタン空港の敷地内には、ウォーターフロント エアポートホテル&カジノ マクタンというカジノリゾートがあります。

24時間営業で、バカラ、ブラックジャック、ポーカー、ルーレットなどが楽しめます。入場できるのは21歳以上で、パスポートが必須です。ドレスコードは厳しくなく、ジーンズやTシャツ、短パンでもOKですが、ビーチサンダルや水着はやめましょう。

マクタン島で日頃の疲れも癒せる旅行を楽しもう!

マクタン島
綺麗な海やカジノ、観光や買い物が楽しめるリゾート地、マクタン島。直行便もあり日本からも近いので、数日間の休暇でも気軽に訪れることが出来ます。

旅行の疲れも感じることもなく、リラックスタイムが満喫できますよ!