ワシントン州

シアトルがある「ワシントン州」の観光地やカジノを紹介!

2019/02/18

ワシントン州は日本でも人気の高いメジャーリーグのチーム「シアトルマリナーズ」の本拠地として有名ですが、実は他にも体験したいスポットがたくさんある州です。

この記事では、日本でも有名なワシントン州で、ぜひ行ってみたいおすすめの場所や、カジノなどを紹介いたします。

ワシントン州ってどんな場所?

ワシントン州
ワシントン州は、アメリカ最北の州で、カナダとの国境にあります。最も栄えている都市はシアトルですが、州都はオリンピアです。

ワシントン州という名前は、初代アメリカ大統領のジョージ・ワシントンに由来しています。ちなみに、大統領の名前が付いている州は、ワシントン州だけです。アメリカの首都であるワシントンD.Cと区別するために、首都はD.CやワシントンD.Cと呼びます。

ワシントン州の広さは、日本の半分ほどです。気候の特徴として、西部と東部で、気候に大きな違いがあります。西部の夏は乾燥して過ごしやすく、冬は雨が多いです。一方の東部の夏は40度近くまで気温が上昇し、冬になると氷点下の日が多くなります。

産業都市として栄えたワシントン州では、アマゾンやマイクロソフトなど世界的規模の企業が拠点としている場所でもあります。

日本からワシントン州への行き方

日本からシアトルまでのフライト時間は、約9時間です。シアトルから日本への帰国便は、フライト時間が約11時間となります。

ワシントン州へは、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港から直行便が発着しています。JAL、ANA、デルタ航空がフライトを運行しており、渡航費は、10万円前後です。

ワシントン州の大都市といえばシアトル

ワシントン州最大の都市といえば、シアトルになります。シアトルは、イチローや菊池雄星、岩隈久志や青木宣親など、多くの日本人選手を受け入れているシアトルマリナーズの本拠地として有名です。

そのため、シアトルは日本でも知名度の高いアメリカの都市となっています。

また、世界で大人気のコーヒーチェーン、スターバックスはシアトルから始まりました。現在でもスターバックス1号店があり、日本人観光客に人気のスポットです。1号店限定のマグやタンブラーもあり、お土産や旅の記念として人気が高いですよ。

シアトルには、コストコ、アマゾン、マイクロソフト、Expediaなどの大企業が集まり、世界有数の産業都市となりました。カナダとの国境も近いので、週末にはカナダから日帰りで来る旅行者も多いです。

ワシントン州の主な観光地

ここからは、ワシントン州の主な観光地「クレセント・レイク」「ディセプション・パス州立公園」「ファーマーズマーケット」の3つを紹介いたします。

歴代大統領もお忍びで訪れたクレセント・レイク


クレセント・レイクはその名の通り、三日月のような形をした湖です。氷河によって作られた、透明度の高い水が特徴です。

付近の森を散歩できるトレイル、キャンプや釣りも楽しめる宿泊施設などがあります。大自然の中にひっそりとあるリゾート地は、歴代大統領も訪れるほど、多くの有名人がお忍びで訪れる場所です。

人気が少なく静かな場所ですが、時間や仕事を忘れてのんびりと過ごせます。街の喧騒から離れ、自然の中でリラックスできますよ。

多くのアクティビティを体験できるディセプション・パス州立公園

ディセプション・パス州立公園は、シアトルから高速道路を利用し、2時間ほどの場所にある公園です。キャンプ、ハイキング、釣り、カヌー、サイクリングや潮干狩りなど、自然豊かな場所で多くのアクティビティができます。

ウィッビー・アイランドとフィダルゴ・アイランドを繋ぐ橋からは、二つの島と海を眺めることができます。なんと、野生のシャチが生息しており、岸からみえることもありますよ。子供向けの遊具や、キャンプ場の設備なども充実しており、アウトドア派にはおすすめの場所です。

シアトルからは、シャトルバスなども運行していますが、曜日により乗り場や行き先が異なるので、事前にホームページでの確認が必要です。

地域密着型で珍しいアイテムも手に入るファーマーズマーケット

ワシントン州
夏になると、多くの広場でファーマーズマーケットが開催されます。生産者から直接購入でき、スーパーでは売っていない珍しいアイテムなどが安く手に入ります。

コーヒーやホットドッグなどの軽食を売るトラックなどもあり、地元の人の生活を体験できる機会です。夏季限定や公園などで開催され、地域密着型のものも多いです。新鮮な野菜やフルーツも、安く手に入りますよ。

ワシントン州にカジノってあるの?

ワシントン州のカジノは、年中無休で24時間営業の場所が多いです。21歳未満は入場できません。

また、レストランなどが併設されている場所がほとんどです。派手なネオンの外観は少ないですが、最新のマシーンが揃っており、設備が整っています。

ワシントン州のおすすめカジノホテル

ワシントン州にはカジノを楽しめるホテルが数多くあります。

ここからはワシントン州のおすすめカジノホテル「Little Creek Casino」「Tulalip」「Swinomish Casino & Lodge」の3つを紹介いたします。

Little Creek Casino

Little Creek Casinoには、スロット、テーブルゲーム、ポーカールーム、ビンゴなどのゲームが遊べますよ。

スロットは、230種類の人気ゲームがあり、台数は1200ほどになります。テーブルでは、ブラックジャックやルーレットなど9種類のゲームが楽しめます。

ホテルは温水プール、スパやレストランがあり、近くにはゴルフ場もあるので、ゴルフ好きにも人気の場所です。宿泊料金は、平日で1泊150ドルから、200ドルとなっています。

Tulalip

Tulalipの約19000平方メートルもあるフロアには、2400もの最新スロットが並んでいます。スロットは、毎月最新のものへと、常にアップデートされていますよ。テーブルゲームは、ポーカーやビンゴなどがあります。

カジノ以外にも、メイク落としなどのアメニティの種類も多く、女性への配慮がされています。また、室内温水プールなど、ホテル内でのアクティビティも充実していますよ。

宿泊料金は、1泊200ドルから400ドルと、部屋のランクにより異なります。

Swinomish Casino & Lodge

Swinomish Casino & Lodgeのカジノの規模は小さめで、アットホームな雰囲気です。12種類のスロットが800台あり、5種類のテーブルゲームが行われています。

Swinomish Casino & Lodgeのカジノは、24時間営業しており、毎日のようにイベントが開催されています。部屋はシンプルですが、清潔でモダンだと高い評価です。宿泊料金は、1泊150ドル前後の部屋が多いですよ。

大自然と大都市の両方を体験できるワシントン州

ワシントン州
大自然と大都市の両方を体験でき、日本人にも馴染みのある場所がワシントン州です。日本からも直行便が多く発着し、移動も便利な都市ですよ。

野球、アウトドア、カジノなど、多くのアクティビティを体験できます。ぜひアメリカ旅行を考えている方はワシントン州へ足を運んでみてください!