リペ島

絶景ビーチをひとり占め?!タイの超絶穴場リゾート「リペ島」の魅力に癒される

2019/01/23

マレーシアの国境付近、穏やかなアンダマン海に浮かぶ小さな島「リペ」は、タイ最南端のリゾートアイランド

その景観の美しさは、自然環境の保護を行う「国立海洋公園」内に位置しているだけあって、“タイ随一”との評も聞かれます。

透明度が高く、水深や日差しによって様々な表情を見せてくれる海に、輝くような白砂のビーチ。そして、むっと匂い立つような島の緑と、のんびり浅瀬にたゆたう小舟は、現地を訪れる人々をエキゾチックな雰囲気のなかに誘います。

島は徒歩でもひと巡りできるほどの小さなものですが、島内にはパタヤ、サンライズ、サンセットという3つのメインビーチがあり、他にも、高級リゾートホテルから現地民に愛されるローカルなレストランに至るまで、バカンスを盛り上げてくれる要素が満載。

なかでもパタヤビーチは、海岸線沿いに様々なレストランが軒を連ねており、お土産店やマッサージ店などの集まる「メインストリート」にも直結していることから、現地を訪れる観光客たちで連日大賑わいを見せています。

とは言えこのリペ島、ガイドブックや観光雑誌に取り上げられることが少ないため、近辺のリゾート地でハリウッド映画の舞台にもなった「ピピ島」などに比べれば穴場も穴場。ピピに負けない最高のリラックスタイムを、ピピよりもストレスフリーに、じっくりたっぷり堪能することができるんです。

ということで、タイ最南端の超穴場リゾート「リペ島」で、ゆっくりと日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

アクセス

“タイの最後の秘境”とも言われる「リペ島」ですが、そのアクセスは想像するほど難しくはありません。

具体的なアプローチ経路は、タイのバンコクを経由するか、お隣の国マレーシア・ランカウイ島を経由するかのいずれか。ただ、リペ島はタイ-マレーシア国境のすぐそばにあるため、バンコクに用事がない限り、ランカウイ島から高速船を利用して島を訪れるほうがスムーズです。

ランカウイ島からリペ島までの所要時間は、約1時間。島の沖合までは高速船で向かい、その後は小舟を利用して島に上陸します。ちなみに、上陸の際は足元が濡れてしまう可能性が高いため、サンダルやタオルの用意を忘れずにしておきましょう♪