極上ビーチ

ヨーロッパセレブ御用達!南フランスの風薫る「極上ビーチ」が美しすぎる!(ニース)

2019/01/24

フランスの南東部に位置する小さな街「ニース」は、モナコやカンヌを含む世界的リゾート地帯「コート・ダジュール」の中心地。

季節を問わず穏やかな地中海性の気候と、海水浴にぴったりな美しく快適なビーチ、そして、オシャレな雰囲気漂うヨーロピアンモダンな街並みとに恵まれたここ「ニース」は、“リヴィエラ(景勝地)の女王”とも呼ばれ、世界中の観光客から憧れの熱視線を注がれています。

そんなニースの名物と言えば、街の沿岸部の約7割以上を占める広大な浜辺「ニースビーチ」

街の南端「コートダジュール国際空港」から北西へ向かう遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」に沿って伸びるこのビーチの長さは――なんと3.8㎞。コート・ダジュールでも最大級を誇るこの広大さは、さすが“リヴィエラの女王”といったところです…。

さて、シーズンオフ中は大道芸人やシンガーたちのステージとして、ゆったりと穏やかな雰囲気を見せているこの「ニースビーチ」ですが、最盛期の夏にもなれば、世界中から詰めかけてきた各国のセレブや観光客で大賑わい。色とりどりのパラソルやデッキチェアによって、浜辺は一面覆い尽くされます。

とは言え、ビーチが見せる表情はエリアによって様々。それと言うのも総延長3.8㎞にも及ぶこのニースビーチは、水深や管理者ごとに20以上のブロックに分けられているため、同じビーチにありながらバリエーション豊かなエクスペリエンスを楽しむことができるのです。特に、ホテルやレストランが管理を行うプライベートビーチには、子供向けの遊具が設えられたものから、レストラン直結でドリンクやグルメを楽しむことができるものまで、そのユニークぶりは、まさに百花繚乱の様相を呈しています。

様々なエリアを巡って、自分にぴったりのビーチを探すのも楽しいかもしれませんね♪

ということで、ヨーロッパセレブたちに愛され続けるリゾートタウン「ニース」で、胸躍る大人のバカンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス

日本からニースまでの直行便は就航していないため、現地にはフランス・パリを経由することになります。

パリの「シャルル・ド・ゴール国際空港」からニースの「コート・ダジュール空港」までのフライトは1時間30分ほど。南仏の美しい村々を通る鉄道ルートもありますが、こちらの場合、所要時間が空路の4倍近く(6時間弱)かかってしまいます。また、経由地をフランス国内にこだわらない場合、イタリア・ミラノスペインのバルセロナを利用するのもOK。ニースはフランス-イタリアの国境付近にあるため、移動時間は1時間弱で済みます。

なお、「コート・ダジュール空港」からニースの中心市街までは片道25ユーロ(3,000円ほど)のタクシー、もしくは6ユーロ(750円ほど)のエアポートバス15分ほどとなっています。

余談ですが、ニースの夏は湿気が少なく過ごしやすい反面、お肌が乾燥しやすいので、しっかりと保湿対策をしてゆくことをオススメします。