台湾

人気の旅行先「台湾」の基本情報 おすすめ観光スポット・グルメなどを紹介

2019/02/26

毎年数多くの日本人観光客が訪れている「台湾」。世界中から多くの旅行者が訪れる台湾には魅力が詰まっていますよ!

この記事では、そんな台湾の旅行でおすすめしたい観光スポットや魅力、グルメについて紹介をいたします。

台湾ってどんな場所?

台湾

台湾は、中国の福建省の対岸にある南北に細長い島国で、正式名称は「中華民国」です。沖縄県の南西に位置しています。日本から最も近い熱帯の島で、豊かな自然と文化に恵まれていますよ。

日本の植民地になった時代もありましたが、太平洋戦争後、中国共産党との内戦で追いやられた蒋介石らが率いる国民党が、台湾に中華民国を樹立しました。

それ以来、台湾は、ハイテク技術を中心に発展し、今や近代的な都市と史跡、グルメなどで世界的に人気の観光地となっています。

関連記事
台湾の第二の都市 高雄のおすすめ観光スポットと魅力的な部分を紹介

日本から台湾への行き方

台湾には、台北の台湾桃園国際空港と高雄の高雄国際空港があります。

成田(成田国際空港)、大阪(関西国際空港)、名古屋(中部国際空港)、福岡(福岡国際空港)、札幌(千歳国際空港)の主要国際空港だけでなく、旭川、函館、仙台、小松、富山・静岡、広島、高松、大分、宮崎、熊本、鹿児島、沖縄など日本各地の空港から直行便が就航していますよ。

また、台北にはもう一つ台北松山空港がありますが、直行便は東京(羽田国際空港)のみになっています。

所要時間は、成田国際空港から台湾桃園国際空港まで約4時間20分、関西国際空港からは約3時間10分、福岡国際空港からは約2時間20分です。台湾への航空券代は、大手航空会社の場合、安くても往復3万円以上しますが、LCCなら2万円前後で購入できます。

また、季節によって異なりますが、2泊3日で3万円ぐらいの格安ツアーもあります。一般的なツアー料金としては5万円ぐらいが目安です。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介

台湾の気候

台湾は沖縄よりも南に位置しているので南国のイメージがありますが、日本と同じように四季があります。気温は季節に合わせて14℃から34℃に変化しますが、10℃未満もしくは、36℃を超えるような日はほとんどありません。

5月上旬から6月上旬までは梅雨の時期で雨量が多くなります。また、9月から10月の間は台風シーズンで、突然の豪雨に見舞われることもあります。

台湾旅行でのおすすめシーズンは、3月から5月の春と台風シーズンが終わった10月から11月です。暑過ぎず寒過ぎない理想のシーズンですよ。

台湾の治安

外務省の海外安全ホームページでは、台湾に関しての危険情報はありません。アジアの中でも比較的安全な地域でしょう。

しかし、中国人グループによるスリや振り込め詐欺が多発しているので、外出の際にはバッグや貴重品の管理に十分注意してください。タクシーの「ぼったくり」も横行しているようなので、移動には地下鉄やバスがおすすめです。

また、台湾で最も注意したいのが交通事故です。日本のように歩行者優先の意識がなく、運転も乱暴なので、車やバイクには十分に注意しましょう。

台湾旅行が日本人に人気の理由

台湾は日本人観光客のリピート率が高い観光地の一つです。

ここからは、台湾旅行が日本人に人気の理由「日本から近くて安い」「食べ物が美味しい」「親日で日本人に優しい」の3つを紹介いたします。

日本から近くて安い

海外旅行で長時間飛行機に乗っているのは大きな苦痛です。台湾なら3時間前後で手軽に行ける距離なため、金曜日の夜に出発して日曜日に帰るようなツアーも可能です。

また、コストが安いのも大きな魅力ですよ。格安ツアーや格安チケットが多く、5万円もあれば十分に台湾旅行を楽しめます。

食べ物が美味しい

台湾の料理は日本人好みの味で、チャーハンや餃子、飲茶や小龍包など日本でも人気の料理が美味しく食べられるので安心です。

また、フルーツやスイーツが豊富で日本人観光客にも人気となっています。

親日で日本人に優しい

台湾では、日本語が通じる場所が多く存在します。

また、台湾は親日家が多く、日本人に「ありがとう」や「さようなら」の日本語で語りかけてくれる人が多くいますよ。

台湾のおすすめ観光スポット

台湾には旅行で訪れたい観光スポットが数多くあります。

ここからは台湾のおすすめ観光スポット「九份」「台北101」「中正紀念堂」「愛河」の4つを紹介いたします。

関連記事
「グランドハイアット台北」で叶える、ちょっと贅沢な台北大人旅

幻想的な風景を見ることができる九份(ジォウフェン)

九份は、台湾北部の山間にあり、日本が統治している時代に金鉱山の町として栄えました。1989年の映画「悲情城市」のロケ地となったことで観光地として一躍注目を浴び、現在も多くの観光客が訪れています。

メインストリートの両脇にはオシャレな雑貨や台湾グルメなどのお店が立ち並び、夜にはライトアップされた幻想的な風景が繰り広げられます。

また、千と千尋の神隠しに出てくる風景に似ていることから、宮崎駿監督がモデルにしたと噂されていますよ。映画の世界が体験できる場所としても人気があります。

360度のパノラマを体感できる台北101

地上101階、地下5階、高さ509メートルの台湾のランドマーク的な建物が、台北101です。

世界最高速のエレベーターで、89階の展望台までわずか40秒、展望台からは台北市内が360度の大パノラマが堪能できます。

蒋介石の哀悼のために建てられた中正紀念堂

中正紀念堂は、中華民国の初代総統であった蒋介石の哀悼のために建てられました。

広大な敷地内には、蒋介石の記念館である本堂の他に国家戯劇院(オペラハウス)、国家音楽庁(コンサートホール)や庭園や池(光華池・雲漢池)などがあります。

350円でクルージングを楽しめる!愛河

台湾の高雄市の中心を流れるのが、愛河です。

愛河からの夜景は観光カタログにも使われほど有名で、クルージングはわずか日本円で350円前後という格安で楽しめます。

台湾のおすすめグルメ

台湾

台湾には台湾ならではの美味しいグルメも豊富にありますよ!

ここからはその中でもおすすめの台湾グルメ「小籠包」「牛肉麺」「かき氷」の3つを紹介いたします。

関連記事
中国!フランス!トルコ! 世界三大料理の特徴と共通点の解説
様々な国や地域ごとの違いを楽しむ!世界の料理のおすすめを紹介

溢れだす肉汁が堪らない!小籠包

日本人が台湾に行った際に、絶対食べたいグルメNo.1と言えるのが小籠包です。薄い皮からあふれ出す肉汁は旨味たっぷりですよ!

鼎泰豐(ディンタイフォン)、明月湯包(ミンユエタンパオ)、杭州小篭湯包(ハンゾウシャオロンタンバオ)などのお店がおすすめです。

牛肉とスープの相性が抜群の牛肉麺

柔らかく煮込んだ牛肉と旨味があるスープで観光客の人気を得ているグルメが、牛肉麺です。庶民的な味で、台湾には牛肉麺のお店が数多くありますよ。

小籠包でも人気の鼎泰豐(ディンタイフォン)や、永康牛肉麺館(ヨンカン・ニウロウミェングァン)は特に人気の高いお店です。

ふわふわの食感を楽しめる台湾風かき氷

台湾で人気なのがマンゴーなどのフルーツをトッピングした雪花氷(シェーファーピン)と呼ばれるかき氷です。台湾のかき氷はふわふわの食感を楽しめます!

日本の表参道に支店のある、アイスモンスターは、台湾でも人気のかき氷店です。

台湾でおすすめのお土産

台湾には様々なお土産があり、選ぶのにも困ってしまうかもしれません。

ここからは、台湾でおすすめのお土産「パイナップルケーキ」「ヌガー」「台湾烏龍茶」の3つを紹介いたします。

台湾お土産の定番!パイナップルケーキ

台湾のお土産の中で、定番中の定番と言えるのがパイナップルケーキです。

台湾産のパイナップルのみを使用した「微熱山丘(サニーヒルズ)」は人気のショップとなっています。

ヌガーは人気急上昇中の台湾のお土産

フルーツとミルクを混ぜ合わせたお菓子のヌガーは、人気急上昇中の台湾お土産です。

ホテルオークラ・プレステージ・台北にあるThe Nine(烘焙坊)は、可愛いパッケージで人気となっています。

お茶好きな人におすすめの台湾烏龍茶

お茶が好きな人へのお土産には台湾烏龍茶がおすすめです。

数あるお茶を試飲しながら購入できるので安心です。

日本からも近い台湾へ旅行してみよう台湾

日本に近くて安心な観光地、台湾には世界中から毎日多くの観光客が訪れています。

ぜひ、台湾に旅行に訪れて台湾ならではのグルメや観光スポットを楽しみましょう!