「行きたいのは南極!」世界の絶景で話題を呼ぶ詩歩さんの素顔

2019/02/15

唯一無二の「絶景プロデューサー」

世界には、私たちが感じたことのない体験や、目にしたことのない景色が数多く残されています。そんな世界の広さを多くの人に伝えようと、絶景の美しさを伝え続ける人がいます。

詩歩 絶景プロデューサー

「絶景プロデューサー」として活躍されている詩歩さんです。

 

ちょっと待った。「絶景プロデューサー」として活躍… ってどういうこと?

 

そんなふうに思われる方もいるかと思いますが、つまりは「絶景に関する幅広い仕事をしている」というシンプルなお話です。

いやまだよくわからない… という方のために詩歩さんの経歴をご紹介すると、70万以上のいいね!を獲得したFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の運営に始まり、書籍としては『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』シリーズを出版。こちらもなんと累計60万部を突破…。出版や広告業界では「絶景と言えば詩歩さん」という状況なのです。

さて、この記事でご紹介するのは、そんな詩歩さんがこれまでSNSやウェブサイトにて紹介してきた美しい写真の数々。見るだけで世界に飛び出してしまいたくなるので要注意ですが、ぜひご覧あれ。

また記事の後半では、詩歩さんへのプチインタビューやここでしか手に入らないプレゼントの情報も掲載していますのでお見逃しのないように!

詩歩さんが投稿する数々の絶景

1. ウクライナ・恋のトンネル

ウクライナ 恋のトンネル

2. 香港・イースト香港ホテル

香港 イースト香港ホテル

3. モロッコ・シャウエン

モロッコ シャウエン

4. ポルトガル・アンブレラスカイプロジェクト

ポルトガル アンブレラスカイプロジェクト

5. マルタ・ポパイビレッジ

マルタ ポパイビレッジ

6. イタリア・ランペドゥーザ島

イタリア ランペドゥーザ島

7. ドバイの砂漠

ドバイ 砂漠

8. ギリシャ・ザキントス島・ナヴァイオビーチ

ギリシャ ザキントス島 ナヴァイオビーチ

9. トルコ・トゥズ湖

トルコ トゥズ湖

10. スイス・マッターホルン

スイス マッターホルン

11. イギリス・ストーンヘンジ

イギリス ストーンヘンジ

12. スイス・インターラーケン

スイス インターラーケン

13. スイス・イゼルトワルド城

スイス イゼルトワルド城

あなたの知っている場所はありましたか?詩歩さんのSNSにはこの他にも「死ぬまでに行きたい」場所の写真が数多く投稿されていますので、チェックしてみてください(Facebook | Instagram | Twitter)。

詩歩さんにインタビュー!

今回、編集部は詩歩さんに直接インタビューを実施。簡単にお話を伺ってきました。

詩歩 インタビュー

この日もトレードマークのニット帽でご登場された詩歩さん。つい最近イギリスから帰国されたとのこと。さすが絶景を仕事にしているだけあって世界が広い!

早速、詩歩さんにいくつか質問をぶつけました。

Q. 世界の果てまで行き尽くしたようなイメージがありますが、今まで行ったことのない場所で行きたい場所は?

詩歩 インタビュー

たくさんありすぎて迷っているのかな… と思いきや。こんな答えが返ってきました。

実は、私は意外にこれまで50カ国しか行ったことがなくって。「思ったより少ないね」ってよく言われます(笑)。

詩歩 インタビュー

行ったことのない場所に行くとすれば、次は南極に行きたいですね!南米から船に乗っていくんですけど、それだけで100万円ぐらいかかったりします…。

確かに、南極は行きたくてもそう簡単に行ける場所ではないですからね…。「行きたいけど行けない!」と思った方は、詩歩さんが撮影した南極の写真を見て楽しめる日を待ちましょう。

Q. 死ぬ前の最後の最後に行きたい場所は?

詩歩 インタビュー

こちらも考える…。

詩歩 インタビュー

そして考える…。

…。

しばらくし、こんな答えが返ってきました。

イエローナイフでオーロラをみたいですね!以前行った時はもちろんカメラを持って行ったんですが、次回行く時はカメラを持たずに「浸る」ことをしたいですね。

美しい瞬間をカメラに収めるのも素敵ですが、カメラにとらわれない旅は、体で感じる雰囲気や情感を大切にできそうですね。

Q. 一番好きな国はどこですか?

「日本!(即答)」

詩歩 インタビュー

この答えには全く迷いがなかったようです。詩歩さんの話し方からは、日本に対する愛情が確かに伝わってきました。その表れか、詩歩さんのSNSには国内の投稿が増えてきたようにも感じられます。

茨城県 国営ひたち海浜公園 福岡県 宮地嶽神社

茨城県・国営ひたち海浜公園(左)と福岡県・宮地嶽神社(右)

また地元となる静岡県浜松市の観光大使も務めている詩歩さん。絶景と言われると海外に目を向けがちですが、詩歩さんのSNSを見ると、日本国内にも素晴らしい場所が数多くあることが伝わってきます。

ここでしか手に入らないプレゼント!

さて、詩歩さんの大人気書籍『死ぬまでに行きたい!世界の絶景』の「体験編」と「新日本編」のサイン入りバージョンを4名の読者様にプレゼントいたします。

詩歩 インタビュー

特別に詩歩さんにサインを入れていただいた書籍は、現在ここでしか手に入らない素敵な贈り物。抽選で2名様に「体験編」を、そして「新日本編」を2名様にプレゼントします。

詩歩 死ぬまでに行きたい!世界の絶景 体験編 新日本編

※応募時に「体験編」と「新日本編」の選択はできませんのであらかじめご了承ください。

応募方法は以下となっています。締め切りも迫っていますので、ぜひTwitterからお早めにご応募ください。

応募方法

  1. Twitterで @resortlinejp をフォロー
  2. こちらのツイートをリツイート

 

応募締め切りは2月24日(日)19:00とさせていただきます。また、応募要項を必ずご確認ください。

 

あとがき

ちなみにインタビューは、Twitterで人気のカフェ「リシュー」にて行いました。リシューのラテアートは有名で、海外からのお客さんまでよく来るそう。リクエストに応じてラテアートが作られるこの場所では「これはアートだから飲むことはできない…!」なんて言葉が聞こえることもあるんだとか。

というわけで、詩歩さんと編集部も作ってもらいました。作っていただいたのは、こちらもTwitterに投稿されるラテアートが大人気のじょーじさん

詩歩 ラテアート リシュー

詩歩さんリクエスト「飛行機に乗るネコ」

詩歩 ラテアート リシュー Resortline

編集部リクエスト「Resortlineのロゴ」

もちろん味も抜群でした。崩れていくラテアートを守りたい気持ちとおいしいラテを飲みたい気持ちのせめぎ合いがたまらない体験でした。原宿に行く際はぜひリシューに足を運んでみてください。

プレゼントキャンペーンへのご応募、お忘れなく!