アマンプロ

フィリピン・パマリカン島の最高級リゾート「アマンプロ」のおもてなしが極上すぎる

2019/02/05

フィリピンの首都マニラから南へ400㎞。長さ2.5㎞、幅は500mほどの大きさの「パマリカン島」は、フィリピン国内最高クラスの居心地を誇る超プレミアムなリゾート島

そんなゴージャスな触れ込みの「パマリカン島」を管理・運営しているのは、世界各国にラグジュアリーリゾートを展開している「アマンリゾーツ」グループ。島の代名詞ともなっているリゾート施設「アマンプロ」は、その秘めやかな雰囲気と抜群のホスピタリティから、アマンリゾーツの運営するホテルのなかでも“最高峰”との呼び声高い、スペシャルな空間となっています。

ふんわりと包み込むような、上質の静寂――そうした「アマンプロ」独特の空気感を作っているのは、プライバシーを重視して採用された「カシータ」と呼ばれる独立型コテージ。それぞれのカシータは、各々離れた場所に配置されているため、他のゲストの目や喧騒を気にすることなく、のんびりと自分だけのバカンスを楽しむことが可能です。

また、滞在中の身の回りのお世話は、各部屋の“ゲスト専任のスタッフ”が行ってくれるため、入れ替わり立ち替わり、忙しなくやってくるホテルスタッフに煩わされる心配はなし。自分だけのコンシェルジュによる至れり尽くせりのサービスに、気分はまるでお嬢様…。

ということで、フィリピン「パマリカン島」のプライベートリゾート「アマンプロ」で、静かなバカンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

アクセス

日本からフィリピンの首都マニラまでは、1日10便以上の直行便が運行されているため、アクセスは非常に容易です。所要時間は片道5時間20分ほどで、費用も往復5万円ちょっととヨーロッパ諸国などに比べれば遥かにリーズナブルなので、浮いたお金でぜひ「アマンプロ」にも泊ってみましょう♪

なお、マニラから「パマリカン島」まではリゾート専用機で約1時間ほどの行程となっています。