南アフリカ ヨハネスブルグの昼の街並み

南アフリカの都市「ヨハネスブルグ」の基本情報 おすすめ観光スポット・カジノを紹介!

2019/03/07

南アフリカにあるヨハネスブルグという都市を知っていますか?地名としては聞いたことがある!という人も少なくないと思います。

南アフリカでは2010年にサッカーのワールドカップが行なわれました。その際の決勝戦は、実はヨハネスブルグで行なわれていましたよ!海外旅行で南アフリカに行ったことがある方はヨハネスブルグに足を運んだことがあるという方も意外に多いでしょう。

この記事では、そんなヨハネスブルグの行き方や治安、観光スポットなどについて紹介をいたします。

ヨハネスブルグってどんな場所?

南アフリカ ヨハネスブルグの夕暮れ時の街並み

南アフリカは、大西洋とインド洋に囲まれたアフリカ大陸最南端の国です。ヨハネスブルグは、南アフリカ共和国の中で最大の都市となります。

南アフリカの地理的特徴として、南部から東部にかけて、インド洋に面した長い海岸線があります。その長さはなんと2,500kmにもなりますよ。また、国土の全体が高地となっています。

また、自然が多く、広大なサバンナではライオンやキリン、しまうま、サイ、象など野生の動物が見れるサファリツアーなどが人気です。

日本との時差は、-7時間となります。日本が午後19時の時に、南アフリカは正午となります。

日本からヨハネスブルグまでの行き方

日本から南アフリカへは直行便が就航していません。そのため、ヨーロッパや中東、アジアなどの第3国を経由して行く必要があります。フライト時間は1都市経由だと、18時間程度となります。

例えば、香港を経由すると香港まで約5時間、その後、ヨハネスブルグまで約13時間です。

予算は格安航空券ですと、12万円前後が平均的な値段です。最も安い航空券だと、9万8千円程度からあります。航空会社は、南アフリカ航空を中心に、エミレーツ航空、エティハド航空、キャセイパシフィック航空など様々な種類がありますよ。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介

ヨハネスブルグの気候

南アフリカにも日本と同じように四季があります。春・夏・秋・冬があり、日本に比べ、年間の温暖差が緩やかです。また、南アフリカは南半球なので、四季が日本とは逆になります。

年間を通して比較的過ごしやすい気候ですが、朝夕は冷えることもあるので、羽織る物を持参しましょう。ヨハネスブルグの年間平均気温は16.0℃です。1年の平均降雨量は790mmとなります。

観光のベストシーズンは、11月~3月です。

ヨハネスブルグの治安

ヨハネスブルグは治安が良いとは言えません。世界最恐都市と揶揄されることもあります。世界的に見ても、トップレベルに注意しなければいけない街と言えるでしょう。

バックパッカーも狙われやすいので、注意が必要です。

強盗や殺人は少ないですが、現金などの盗難が多くなっています。在南アフリカ日本大使館からは、襲われそうになった時は、抵抗せずに、潔く渡すようにしましょうとの呼びかけがされています。置き引きやスリなどに気をつける必要がありますよ。

また、1人歩きなどには十分注意しましょう。貴重品はしっかり身につけて目立たないようにすることが大切です。人気の少ない通りなどには絶対に入らないようにしましょう。危険の恐れが高い地区には近寄らないというのが鉄則です。

2019年現在では、外務省の南アフリカへの渡航情報の危険レベルは、1の「十分注意してください」となっています。ただ、十分な注意をしながらであれば、観光を楽しむことが可能な街となっていますよ。

関連記事
南アフリカの治安ってよくないの?南アフリカの治安について紹介

ヨハネスブルグのおすすめ観光スポット


ヨハネスブルグには多くの観光スポットがありますよ!

ここからはヨハネスブルグのおすすめ観光スポット「アパルトヘイト博物館」「ライオンパーク」「ゴールド・リーフ・シティ」の3つを紹介いたします。

南アフリカの激動の時代を学べるアパルトヘイト博物館

アパルトヘイト博物館は、ヨハネスブルグ近郊の巨大テーマパーク「ゴールド・リーフ・シティ」の広い敷地内にある博物館です。

20世紀の南アフリカで50年以上、施行されていた人種隔離政策アパルトヘイトをテーマに絞った博物館となっています。ネルソン・マンデラの功績などについても学ぶことができますよ。

天井にぶらさがる131本の首つり縄や入り口の標識など、処刑された政治犯の生々しい跡が残してあります。また、写真やビデオ、空間展示などで、南アフリカの歴史上最も激動の時代を理解することができます。

アパルトヘイト政策について改めて考えさせられ、南アフリカの歴史を学べますよ。

子供連れや家族旅行にもぴったりのライオンパーク

ライオンパークはヨハネスブルグ近郊にあります。1966年にチッパーフィールド・サーカスによってオープンしました。世界中のセレブリティも訪れる南アフリカの大人気観光スポットです。

ライオンに必ず会えるので、お子様連れのファミリー旅行などにも人気があります。以前は、ライオンだけが見所でしたが、様々なサービスと共に、バラエティーに富んだ楽しみを提供する観光スポットとして近年変化していますよ。

幅広い世代が楽しめる!ゴールド・リーフ・シティ

ゴールド・リーフ・シティは、ヨハネスブルグ中心部から南に8キロの場所にあるテーマパークです。遊園地とカジノ、2つのホテルがある巨大テーマパークとなっています。

様々なアトラクションがあり、ジェットコースターなどもあります。ヨハネスブルグのゴールドラッシュの真っ只中に造られたテーマパークで、ヨハネスブルグを訪れる観光客が最も多く訪れるスポットです。

また、カジノを楽しみたいという大人の旅にも人気のスポットとなっていますよ。24時間楽しめるゴールドリーフシティカジノには、1700台のスロットマシンや50台のテーブルゲームがあります。

幅広い世代に人気の観光スポットです!

関連記事
カジノ初心者でも楽しめるスロットの遊び方と利益を出すコツ
カジノのスロットマシンで大当たりが出る確率と仕組みを紹介!

ヨハネスブルグのおすすめカジノホテル

ルーレットとカジノチップ

ヨハネスブルグには多くの贅沢で豪華なホテルがあります。また、カジノを完備したホテルも多くありますよ。

ここからは、そんなカジノも併設されたホテルの中から人気のホテル「サザン サン モンテカジノ」「パラッツオ モンテカジノ」の2つを紹介いたします。

サザン サン モンテカジノ

サザン サン モンテカジノは、大都市・ヨハネスブルグにある大規模カジノホテルです。ヨハネスブルグ中心部から北へ約20キロの位置にあります。

サザン サン モンテカジノは、豪勢な外観と内装がリッチな気分にさせてくれるホテルです。1泊2万4千円程度から宿泊できますよ。

屋外プールやフィットネスセンターなど様々な施設が充実しています。

また、カジノの営業時間は、24時間です。主なゲームの種類は、ブラックジャックやポーカー、バカラ、クラップス、アメリカンルーレット、スロットマシンなどがあります。

パラッツオ モンテカジノ

パラッツオ モンテカジノは、ヨーロピアンスタイルのエレガントな建物の5つ星ホテルです。

ヨハネスブルグ近郊のホテルの中でも、屈指の人気を誇るホテルとなっています。客室はアンティークな家具を配置しており、クラシックで豪華な雰囲気のインテリアになっています。

また、広々としたカジノも完備されていますよ。24時間営業で、1700台以上のスロットマシンと76台のゲームテーブルなどがあります。周辺にはショッピングセンターも多くあるため、ショッピングが好きな人にもおすすめです。

関連記事
技術なし!心理戦なし!単純でわかりやすいバカラのルールを紹介
ディーラーとの駆け引きが醍醐味のブラックジャックの遊び方を紹介

ヨハネスブルグで自然や歴史を体感しよう!

南アフリカ ヨハネスブルグの昼の街並み

南アフリカには多くの自然がありますよ。広大なサバンナでは、野生のライオンや、象、キリン、サイなどを見ることができます。

ケープタウンから南へ50km延びたケープ半島の突端にある喜望峰は、アフリカ大陸最南端となります。最大の都市であるヨハネスブルグにも観光スポットが豊富です。豪華なホテルも多く、滞在でも贅沢な気分を味わうことが可能です。

これらは、特別な体験が多くできるので、アフリカへの旅行を計画している方は、ぜひ南アフリカへ訪れてみてはいかがでしょうか!