ジョホールバルの夕暮れの風景

マレーシアの都市「ジョホールバル」の基本情報 おすすめ観光スポットを紹介!

2019/03/23

ジョホールバルという名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。ジョホールバルは、マレーシアにある都市です。1997年にサッカーのフランスW杯の最終予選が行なわれ、本大会への出場が決まったことからジョホールバルの歓喜と言われている場所です。

この記事では、そんな、マレーシアのジョホールバルについて紹介をいたします。

ジョホールバルってどんな場所?

ジョホールバルにビルが立ち並ぶ様子
ジョホールバルは、マレーシア第2の都市で、縦長のマレーシアの最南端に位置しています。シンガポールとの国境に位置し、国境の街とも言われていますよ。歴史的建造物と近代建築が混在しており、見所の多い都市です。

また、ジョホールバルでは、開発を進めるイスカンダル計画という巨大プロジェクトが進行しているそうです。2025年までにシンガポールの約3倍のジョホール州を約10兆円かけて開発しています。今後の投資先としても注目されていますよ!

関連記事
旅費も安く抑えられて治安も良いマレーシアで快適な旅を楽しもう
物価は日本の1/3!人気の高いマレーシアの魅力とお土産を解説

日本からジョホールバルまでの行き方

日本からジョホールバルは直行便が就航していません。そのため、クアラルンプール経由かシンガポール経由で乗り継ぎして行くこととなります。

クアラルンプールへは、レガシーキャリアだとマレーシア航空やANA、JALなどが就航しています。成田からジョホールバルのレガシーキャリアの平均渡航費用は、6万円前後です。

クアラルンプールへの飛行時間は約7時間40分で、クアラルンプールからジョホールバルまでは約45分となっています。

ジョホールバルへの経由地であるクアラルンプールには、LCCも就航していますよ。LCCを利用すれば、最も安い時期だと往復1万5千円程度から行けてしまうこともあります。

また、ジョホールバルは、クアラルンプールやシンガポールから陸路でアクセスすることも可能です。クアラルンプールからは鉄道かバスで行くことになります。シンガポールからは車でアクセスすることができますよ。

シンガポールとジョホールバルを繋ぐ橋を渡ると、国境を越えます。シンガポールとの国境の街であるジョホールバルは、マレーシアでありながら首都であるクアラルンプールへの距離よりもシンガポールの方が近いです。

陸路は、クアラルンプールへは4時間半かかりますが、シンガポールまでは1時間半の距離ですよ。

関連記事
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

ジョホールバルの観光スポットやアクティビティ

ジョホールバルには旅行でぜひ訪れて欲しい観光スポットがいくつかあります。

ここからはジョホールバルでおすすめの観光スポットやアクティビティ「モスクやアートギャラリーなどの歴史的建造物」「デサル」「フルーツファーム」「ホタル鑑賞ツアー」「マリンスポーツやゴルフ」「カンポンビジット」の6つを紹介いたします。

モスクやアートギャラリーなどの歴史的建造物


ジョホールバルにはモスクなどを始めとした歴史的建造物が多く残されていますよ。

ジョホールバルにあるモスクの中で最も有名なモスクが、「スルタン・アブ・バカール・モスク」です。マレーシアで最も美しいといわれる木造モスクとも言われ、ジョホール海峡を見下ろす丘の上に建造されました。

また、ジョホールバルのランドマークにもなっている「スルタン イブラヒム ビルディング」もおすすめです。マレー様式とコロニアルスタイルの調和したデザインが特徴的な建造物ですよ!

現在はジョホールバルの州事務局となっていますが、庭園やレストランが観光客に人気となっています。

世界有数のロングビーチが特徴的なデサル

デサルはジョホール州東南部のビーチリゾートエリアです。ジョホールバルからは90kmほどの距離にあり、車で1時間程度でアクセス可能ですよ。

南シナ海に面した世界有数のロングビーチが特徴的な場所となっています。周囲には小さな漁村があったり、ヤシの木に囲まれた素朴な雰囲気があります。

フルーツ好きには堪らないフルーツファーム

ジョホールバル近郊のフルーツファームでは、広大な農園をツアー見学できますよ。

園内は100ヘクタール以上もあり、熱帯の果物であるマンゴーやドラゴンフルーツ、ドリアン、パッションフルーツ、グァバなどの植物が見られます。ツアー後にはカットフルーツやジュースなどをいただくことが可能です。

フルーツ好きな人におすすめの観光スポットとなっています。

神秘的な自然を楽しめるホタル鑑賞ツアー

ジョホールバルの中心地から車で40分程度の公園では、ホタル鑑賞が可能です。

また、ボートに乗って川を下る蛍ツアーなどもありますよ。川を遊船して数分で、周辺が多くのホタルの光に包まれます。マングローブの木々に光が見える光景は幻想的で、都会の喧騒を忘れて神秘的な自然が楽しめます。

田舎の雰囲気の中でのホタル鑑賞は、間近でホタルが見れる貴重な体験となるでしょう。

日本よりも格安で楽しめるマリンスポーツやゴルフ

ジョホールバルでは、パラセーリングやジェットスキー、ボートツアーといったアクティビティが楽しめます。リーズナブルなコースが多く用意されていますよ。

また、ジョホールバルではゴルフも楽しめる環境が整っています。日本でゴルフのコースに出るとそれなりにお金がかかってしまいますが、ジョホールバルでは格安で楽しむことが可能です。

関連記事
海外で楽しむ!海外リゾートゴルフの楽しみ方とおすすめリゾート紹介

現地の生活を体験できるカンポンビジット

ジョホールバルの宿泊では、現地のお宅を訪問し、田舎暮らしが体験できるカンポンビジットが人気となっています。

ホテルなどの宿泊施設に泊まるのとは違い、現地の生活を味わえる貴重な体験ができますよ!

ジョホールバルのおすすめのお土産

旅行に欠かせない要素といったら、お土産ですよね!

ここからは、ジョホールバルでおすすめのお土産「スパイシー系インスタントラーメン」「オリジナルのナッツ類」「クッキー」の3つを紹介いたします。

関連記事
マレーシア旅行のお土産にはお菓子がおすすめ!人気のお菓子を紹介!

持ち帰りも楽なスパイシー系インスタントラーメン

ジョホールバル 盛り付けられたインスタントラーメン
ジョホールバルで人気のあるお土産の一つとして、スパイシー系のインスタントラーメンがあります。日本では手に入らないような珍しい麺類のインスタントラーメンを買う人が増えていますよ。

スパイシー系の麺類はマレーシアならではの商品です。肉骨茶ラーメンやラクサといった種類があります。ジョホールラクサはジョホールバルの郷土料理で、ジョホール土産にピッタリです。

乾麺などは軽いというのもインスタントラーメンがお土産に向いている理由と言えるかもしれません。

定番のお土産!オリジナルのナッツ類

マレーシアのお土産では、ナッツ類も定番となっています。

日本に売っていないような珍しいナッツなどがおすすめです。ナッツ類は軽くて持ち運びも便利なので、お土産に最適ですよ。

高い人気を誇るクッキー

クッキーもお土産におすすめです。「Munchy’s」のクッキーなどは特に高い人気を誇っていますよ。

「Munchy’s」はクッキーの有名ブランドで、マレーシアのジョホール州で開業した会社です。また、明安(Ming Ang)のパイナップルクッキーなども美味しいと評判になっています。

ジョホールバルにカジノってあるの?

ジョホールバルにはカジノはありません。

マレーシアのカジノはクアラルンプル郊外にあるゲンティンハイランドの1つだけです。そのため、マレーシアでカジノを楽しむなら、クアラルンプルのゲンティンハイランドに行く必要があります。

しかし、ジョホールバルはマレーシアの最南端で、クアラルンプルよりもシンガポールの方が近くなっています。シンガポールではカジノが楽しめるので、ジョホールバルからシンガポールへ行くことをおすすめです。

ジョホールバルの近くでカジノが楽しめる地域は?

ジョホールバルの近くでカジノを楽しむなら、シンガポールへ行く必要があります。

ジョホールバルからシンガポールは近く、直行バスやタクシーなどの公共交通機関や自家用車で行くことが可能です。ジョホール海峡を挟んでわずか1kmの距離となります。

カジノをするならシンガポールの中心地へ行く必要があります。シンガポールの中心部への所要時間は、直行バスで約1時間程度となります。シンガポールには、有名なマリーナベイサンズがありますし、セントーサ島でもカジノを楽しむことが可能です。

関連記事
シンガポール最大規模 マリーナベイサンズの魅力とおすすめポイント

ジョホールバルは注目の街で旅行に最適!

ジョホールバルの夕方の空の様子
マレーシアのジョホールバルは日本からのアクセスも良く、おすすめの観光地です。今後も開発が進んでいくと思われる注目の街ですよ。マレーシアとシンガポールの国境付近の場所なので、マレーシアとシンガポールの両方を楽しむことが可能です。

クアラルンプールへ陸路で行くことが可能ですし、シンガポールにも近いので簡単に行けますよ。これからマレーシアやシンガポールへの旅行を予定している方は、ぜひ、ジョホールバルへ行ってみてはいかがでしょうか!