バンコクアイキャッチ

空中に浮かぶBAR!? 超フォトジェニックな夜景をバンコク「ヴァーティゴ&ムーンバー」で

2019/02/21

タイ王国の首都「バンコク」は、「プーケット島」や「サムイ島」などといった離島リゾートに向かう際の乗り継ぎ地となることも多い、タイエキゾチックリゾートの玄関口。

数多くの伝統寺院・仏跡を有し、ディスティネーションとしての存在感も絶大なこのバンコク――近年ではビジネスセンターとしての発展も著しく、香港やシンガポールにも匹敵する幻想的なシティ・イルミネーションは、同国を代表する見所の1つとなっています。

そんなバンコクの“夜の絶景”を満喫するうえで絶対に押さえておきたいのが、市街中心部のラグジュアリーホテル「バンヤンツリー・バンコク」の61階に位置する「ヴァーティゴ&ムーンバー」

要予約・ドレスコードありの本格フレンチレストラン「ヴァーティゴ」と、カジュアルな雰囲気でカクテルを楽しむことができる「ムーンバー」からなるこのレストランバーが占めているのは、“超高層ビルのルーフトップ”という絶好のロケーション。

その解放感、そして息を呑むような眺望の美しさは、タイ国内にあっては他の追随を許さぬほどです。

そんな「ヴァーティゴ&ムーンバー」は、バンヤンツリーの宿泊者以外のゲストも利用可能。営業時間はレストランが18時から22時30分まで、バーは17時から翌1時までとなっています。

ということで、バンコク旅行の夜を彩る絶景スポット「ヴァーティゴ&ムーンバー」で、旅の思い出に煌びやかな1ページを加えてみてはいかがでしょうか。

アクセス

日本からバンコクまでは、東京・大阪・名古屋などの主要都市から直行便が運航されているため、アクセスは非常に容易。運航本数も東京からなら1日20便程度、他の都市でも3便ほどと少なくないため、滞在プランにも融通が利くのがうれしいですね。なお、所要時間は片道7時間程度、費用は時期によって異なりますが、往復で3万円から5万円程度が相場となっています。

続いてバンコクの「ドンムアン空港」から「ヴァーティゴ&ムーンバー」までの道のりですが、こちらもタクシー利用で30分ほどととっても簡単。ただし、夜の時間帯は渋滞に巻き込まれる可能性が高いため、特にこだわりがない限りは鉄道の利用がオススメです。

ちなみに、「ヴァーティゴ&ムーンバー」の最寄り駅は地下鉄の「ルンピニ駅」。駅からは徒歩10分ほどで現地に到着します。