カジノでルーレットを楽しむ男性たち

カジノの勝率ってどれぐらいなの? 勝率に関わるハウスエッジについても解説!

2019/03/21

カジノでどうしても勝てないという方は、もしかしたら「勝てるゲーム」ではなく「負けるゲーム」で勝負しているのかもしれません。運の要素が強いカジノのようなギャンブルは、勝率を考えなければなかなか勝てません。

この記事では、カジノで勝てるゲームをするために大切な勝率とハウスエッジについて紹介をいたします。

ギャンブルの勝率を決めるハウスエッジってなに?

カジノでルーレットをするディーラーと客

ギャンブルと呼ばれるものは常に胴元が勝負の場を提供し、その代わりに賭け金から一定の手数料を徴収しています。賭け金に対する手数料の割合を、控除率と呼びますよ。

控除率から算出する期待値(賭け金に対して見込める利益)は、賭け金よりも少ないです。その賭け金から少なくなる分を、ハウスエッジと呼びます。

ここからは、そんなハウスエッジについて詳しく紹介をいたします。各ギャンブルでハウスエッジは異なるため、賭けに出る前にあらかじめハウスエッジを知っておくとよいでしょう。

カジノのハウスエッジは他のギャンブルに比べて低い

カジノのハウスエッジは他のギャンブルと比較すると非常に低いです。もちろんハウスエッジが低くなるほどプレイヤーには有利となります。ハウスエッジは以下の計算式で算出できますよ。

ハウスエッジ=(賭け金-期待値÷賭け金)×100(%)

例えば、カジノで人気のバカラの場合、プレイヤーに賭けた時のハウスエッジは1.24となり、バンカーに賭けた時は1.06です。つまり、それぞれに賭け続けると、平均して毎回1.24%と1.06%の損失が出ることになります。

オンラインカジノもハウスエッジは低め

オンラインカジノは実店舗よりも運営コストが少ないため、ハウスエッジはさらに低くなります。

ルーレットやブラックジャックなどのゲームは、実店舗でもオンラインカジノでも確率は本来変わりません。しかし、ルーレットのようにディーラーの技術が介入する可能性があるゲームの場合、実店舗のハウスエッジはプログラムで運用されるオンラインカジノよりも高くなる可能性があります。

関連記事
カジノの還元率って高いの!?還元率ってそもそも何なのかとカジノ還元率について紹介!
カジノゲームの1つ ルーレットの戦略「シフトベット」の使い方やメリットを紹介!
カジノ初心者でも勝率をアップさせられるルーレットの勝ち方を紹介

日本の宝くじやスポーツくじはハウスエッジが高い

日本には公営のギャンブルとして宝くじ・競馬・競輪などがあります。その控除率は総務省から公表されていますが、全てにおいて40%を超えていますよ。

カジノと比較すると非常に高い数値となっています。

カジノで勝率が高いゲームってなに?

カジノのルーレットとボールを持つ手

カジノのゲームにも様々な種類がありますが、ハウスエッジが低い、つまり勝率が高いゲームはどれになるのでしょうか。

ここからは「ルーレット」「ブラックジャック」「ポーカー」の3つのハウスエッジについて紹介をいたします。

アメリカンルーレットはヨーロッパルーレットよりハウスエッジが高い

ルーレットには1から36までの番号がついたポケットと「0」のポケットがあります。1から36までは赤と黒が半分ずつ割り振られているので、どちらかに賭けると確率は半々ですが、「0」があることで勝率は2分の1よりも少しだけ少ないです。

このように「0」があるルーレットをヨーロピアンルーレットと呼びますが、アメリカンルーレットの場合には「00」が加わるので、更に勝率は下がります。

例えば、「1」のポケットに1ドルを賭けるとすると、当たれば36ドルを得るので利益は賭け金を差し引いて35ドルで、当たる確率は38分の1です。そして外れると1ドルを失いますが、その確率は37分の38となります。

この2つを加えると、-0.05263という数字が出ますが、これが1ドルを賭けた時の平均の利益率となるので、ハウスエッジは5.26%と算出できます。

同様に計算するとヨーロピアンルーレットの場合には、以下のような計算式となりますよ。

1÷37×35+36÷37×(-1)=-0.0270.27

上記の計算式を見ると、ヨーロピアンルーレットのハウスエッジは約2.7%です。このハウスエッジは赤/黒賭けをしても同じ数値となります。

ブラックジャックのハウスエッジは非常に低い

ブラックジャックの勝率を計算するのは非常に難しく複雑です(デッキをいくつ使うのか、サレンダーを使えるのかなどルールによっても変わるため)。

そこで、デッキの数やルールによってハウスエッジがどの程度になるのかを自動計算するサイト「Blackjack House Edge Calculator」をぜひ利用してみてください。このサイトでは条件に合わせて自動でブラックジャックのハウスエッジを計算してくれますよ。

また、ブラックジャックにはベーシックストラテジーと呼ばれる基本戦略がありますが、そのルールに従って賭けた場合のハウスエッジはだいたい0.43%ほどになります。

ポーカーは種類によってハウスエッジが異なる

ポーカーの場合、プレイヤー同士が対戦するテキサスホールデムはカジノ運営が介入しないので、ハウスエッジは0です。

しかし、オンラインカジノなどにある、ディーラーと勝負をするスリーカードのようなポーカーにはハウスエッジが発生します。

配られた3枚のカードで勝負をするスリーカードのハウスエッジは、基本のAnteベットが3.37%でpair Plusベットが4.49%、6card Bonusベットが8.56%となりますよ。

関連記事
カジノのポーカーにも応用できる!インディアンポーカーの戦略を紹介
プレイヤー同士の心理戦が楽しいポーカーのベット方法を紹介

カジノで勝率を下げてしまう行為

カジノのハウスエッジは日本の公営ギャンブルなどと比べると非常に低いことがわかります。

しかし、自らの行為によって、勝率を落としてしまう場合もあるため注意が必要です。

ここからは、カジノで勝率を下げてしまう行為である「同じテーブルでゲームを長時間プレイ」「同じベット額を賭け続ける」「予算をあらかじめ決めていない」の3つを改善策も合わせて紹介いたします。

同じテーブルゲームで長時間プレイする

カジノのゲームは確率に支配されているため、長い時間プレイを続けるとハウスエッジの分だけ着実に損失を積み重ねることになります。

ハウスエッジは平均的な損失の割合なので、波によっては利益を得たり損失となったりします。その波を見極め、利益が出ている時に引き上げるのが勝つためのポイントといえるでしょう。

同じベット額を賭け続ける

ハウスエッジは確率を元にした控除率なため、同じ賭け金で賭け続けると確実に損失を膨らませていきます。そこで、ハウスエッジの波を見て賭け金を増減させることが大事です。

例えば、負けが続いていると確率的に勝つ可能性が高まっていきます(勝率が高まる)。その時に賭け金を増やせば、それまでの損失を回収しつつ利益を生み出すことが可能です。

予算をあらかじめ決めておかない

カジノで負け続けると、そろそろ勝てるのではないかという希望的観測が生まれます。しかし、確率的に見ると、相当数のゲームをしなければ有利な状況に好転するという可能性は高まりません。

悪い波の中で資金を溶かし続けることがないように、最初に予算を決めておくとよいでしょう。

ハウスエッジを気にしてカジノの勝率を上げよう!

カジノでルーレットを楽しむ男性たち

カジノで勝つコツは、低いハウスエッジのゲームをすること、その上で勝率的に有利な状況で勝負することです。

確率に支配されたカジノのゲームも、数時間程度のプレイでは偏りが出ることは珍しくありません。状況が不利な場合、無理して負けを取り戻そうとせずに撤退する勇気も必要です。

ハウスエッジを気にしてカジノの勝率を上げてみましょう!

TAGS