遊び心満載の高級リゾート!モルディブ「ソネバ・フシ」は超ハッピーな場所

2019/02/26

インド洋に浮かぶ1,000を超える島々で構成された「モルディブ」は、比類なき美しさを誇る絶景マリンリゾート。

モルディブ

サファイアの色の美しいラグーンに囲まれたサンゴの島々には、1泊20万円を超える贅沢な“1アイランド1リゾート”が立地しており、その様相はまさに“地上の楽園”という形容がぴったりと当てはまるほどの壮観さ。

そんなラグジュアラスなモルディブ1島リゾートのなかでも、極めてユニークな輝きを放っているのが、国際空港のある「マレ」南西に位置する「ソネバ・フシ」

施設群のデザインからもすでに、その独創性が伝わってくるこの「ソネバ・フシ」ですが、その成立経緯もまた実にユニーク。というのも、リゾートが建っているこの島は、もともとは創業者のソネバ氏が 妻のエヴァに贈ったプレゼント。その後夫妻は協力し、2人の思い描く“地上の楽園”を島のうえに建設、そして、リゾートとして一般に開放しました。

そんな特異な出自を持つこのリゾートの理念は「No News,No Shoes」。島を訪れるゲストはその滞在中を通して、都市の喧騒の象徴たるニュースからも、履き物からも解放され、モルディブの自然と「ソネバ・フシ」のオリジナリティ溢れるアクティビティを存分に堪能することとなります。