マダンアイキャッチ

直行便で行ける秘境リゾート!パプアニューギニア「マダン」

2019/02/28

エキゾチックな魅力の島国「パプアニューギニア」のリゾート…その筆頭として必ず名前を挙げられるのが、本島北部の海岸に位置する「マダン」です。

木彫りの民芸品や伝統的なアクセサリーを取り扱う「マーケット」を中心に、東西南北に向かって広がるこの街には、伝統料理を楽しめるローカルな飲食店をはじめ、海外旅行者向けのレストラン、同国最大の規模を誇るセミラグジュアリーホテルも立地しているなど、ステイ先の魅力としては十分。

そこで気になるのは“観光地としての魅力”…についてですが、こちらもご安心ください。

実はこの街、「マダンリーフ」という環礁に囲まれているため、海は穏やかで、水の透明度も抜群。ダイビングスポットとしては、すでにその名を広く知られているんです。

もちろん、そんなマダンには美しいビーチもアリ。特に、ホテルのボートでアクセスできる小島には美しい白砂の浜辺が広がっており、海水浴やシュノーケリングのほか、ビーチピクニックといった思い思いの楽しみ方で、ゆったりとした時の流れを担当することが可能となっています。

手つかずの自然と、人々が創り上げた多様な文化、そして穏やかなコーラルシーとが織りなす美しさを見れば、日本からの直行便の就航にも十分に納得できますね♪

ということで、直行便で行ける秘境リゾート「マダン」で、極上のリラクゼーションタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。

アクセス

日本からパプアニューギニアの首都「ポートモレスビー」までは直行便が就航しており、現地までは6時間50分ほどで入国することができます。費用は往復で10万円前後。ちなみに、費用と時間はその分かさみますが、オーストラリアを経由するするルートもあるため、2ヵ国周遊のプランを組むのも悪くないかもしれませんね。

なお「ポートモレスビー空港」から「マダン空港」までは国内線で1時間ほど。ただ、運航本数はそれほど多くはないため、出国前のスケジュール調整はしっかりと行っておく必要があります。