青空とクレタ島の風景

ギリシャ最大の島「クレタ島」のおすすめ観光スポットを紹介! アクセスなども解説

2019/04/09

クレタ島という島の名前を聞いたことはありますか?また、観光で行くにはいつがベストシーズンなのでしょうか。

この記事では、地中海のリゾート島であるギリシャのクレタ島について紹介をいたします。

クレタ島ってどんな場所?

クレタ島の歴史ある建物が建ち並ぶ様子
クレタ島は、ギリシャ共和国の南の地中海に浮かぶ島です。ギリシャ最大の島で、最南端の島でもあります。地中海東部に位置し、エーゲ海の南縁となります。サントリーニ島の南側にあり、エーゲ海の中で一番大きな島です。

年間を通して温暖なことや日照時間が長いことから、リゾート島として世界中から多くの観光客が訪れています。また、ツーリスト憧れのアイランドリゾートとなっています。

クレタ島の歴史

クレタ島は古代ミノア文明が栄えた土地で、有名なクノッソス宮殿などの多くの遺跡があります。古代ギリシャの最古の文明であるミノア文明(B.C.2000頃~B.C.1400年頃)が栄えた島です。

ヴェネチアの支配からオスマン帝国の支配下に入り、オスマン帝国が弱体化してからは繰り返される紛争の後、独立したばかりのギリシャ王国となりました。

地中海の代表的な観光地として、温暖な気候と自然景観が特徴となっています。ギリシャ神話にも登場し、クレタ島のミノス王がミノタウロスという牛頭人身の怪物を1度入ったら2度と出ることのできない迷宮に閉じ込めたという伝説があります。

日本からクレタ島への行き方

日本からクレタ島へは直行便はありません。そのため、ギリシャの首都・アテネから行くことになります。

アテネからクレタ島へは、エーゲ航空やオリンピック航空が運行していますよ。また、ヨーロッパやアジアの各都市で乗り継ぎをする方法もあります。経由地には、フランスのパリ、ドイツのフランクフルト、トルコのイスタンブール、ドバイなどがあります。

アテネへの格安航空券は、約6万円前後~約10万円前後です。

アテネからクレタ島の空港イラクリオン、ハニアへは往復約1~2万円程度で航空チケットを購入できます。そのため、クレタ島への費用は平均的に10万円前後ということになります。

また、ツアーでは例えば、「アテネ、クレタ島8日間で21万円前後~」といった安いものもありますよ。

クレタ島への経由地となるギリシャのアテネへは、日本からヨーロッパの主要都市を経由する場合、平均約17~20時間かかります。アテネへは、トルコのイスタンブールでの乗り継ぎが最短で15時間前後で行けます。

アテネからクレタ島へは国内線で約50分程度となるので、最短17時間前後でクレタ島へ行くことが可能です。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

クレタ島の気候

クレタ島は地中海性気候で、年間を通して降水量が少なく温暖です。

観光のベストシーズンは5月頃~10月頃となります。冬の11月頃~3月頃はオフシーズンで、天候も悪くなりがちです。夏は晴れた日が多く、冬は雨が多くなります。

クレタ島で絶対訪れたい観光スポット

クレタ島には訪れて絶対損をしない観光スポットが数多くあります。

ここからはクレタ島で絶対訪れたい観光スポット「イラクリオン古代博物館」「サマリア峡谷」「スピナロンガ」「クルナス湖」「オールド・ベネチアン・ハーバー」「ニア・コラ・ビーチ」の6つを紹介いたします。

クレタ島の約5500年の歴史を感じられるイラクリオン古代博物館

イラクリオン古代博物館は、クレタ島最大の街イラクリオンにある考古学博物館です。

新石器時代からローマ時代に至るまで、約5500年のクレタ島の歴史が1万5千点以上展示されています。ミノア時代のコレクションが秀逸です。時間をかけて見学したい観光スポットです。

絶景と大自然を満喫できるサマリア峡谷

サマリア峡谷は、絶景と大自然が満喫できる観光スポットです。クレタ島の南西に位置し、レフカ・オリ山脈とヴォラキアス山からの渓流を主な源流としています。サマリア峡谷では、300メートルをも超える高さの崖に挟まれた谷間のトレッキングがおすすめです。

クレタ島で必ず体験しておきたいトレッキング場所として人気となっています。

クレタ島から簡単にアクセスできるスピナロンガ


スピナロンガ島はクレタ島から近く、船で簡単にアクセスすることができます。かつて地中海を制覇していたヴェネチアの領土で、ヴェネチアの要塞として存在していました。

また、クレタ島やギリシャの各地から集められたハンセン病の患者たちが隔離されたという歴史があります。

クレタ島で唯一の淡水湖!クルナス湖

クルナス湖は、クレタ島で唯一の淡水湖として知られています。レティムノ県との県境近く、ハニアから47kmの距離の位置にありますよ。

周囲は3.5kmもあり、ボートなどで楽しむことができ、野生の亀に遭遇することもできます。また、真水でどこでも泳ぐことができます。

ヴェネチア風の建造物が特徴のオールド・ベネチアン・ハーバー

夕暮れのオールド・ベネチアン・ハーバーと海の風景
オールド・ベネチアン・ハーバーは、16世紀に建てられたヴェネチア風の建築物が特徴となっている港町です。クレタ島の第2の都市であるハニアにあります。

おしゃれなお店が並ぶ港は、夜のライトアップも非常に綺麗な観光スポットです。ハニアの街中は、ゆったりとした空気が流れていてリラックスするには最適です。

関連記事
ヴェネチア観光に欠かせない美しい景色を堪能できるため息橋の魅力
「水の都」ヴェネチアの天気の特徴と季節ごとのおすすめの服装を紹介

透明度が高く落ち着いた雰囲気のあるニア・コラ・ビーチ

ニア・コラ・ビーチは、気軽に行けるビーチとして人気があります。

ハニア・ビーチという名前でも親しまれており、旧市街から歩いて約15分程度で便利な場所にあります。透明度の高さはもちろん、落ち着いた雰囲気が楽しめるビーチです。

クレタ島滞在で、アクセスの良いビーチとして知られています。

クレタ島にカジノってあるの?

クレタ島のホテルには、カジノ施設が併設されています。

ギリシャでカジノを楽しむ場合、21歳以上であることが条件となります。身分証明書(パスポート)も必要で、服装の制限などもあります。半ズボンやサンダル、ジーンズ、トレーナーなどは入場できないので注意しましょう。

カジノは、身分証を見せて入場料を支払って入ります。入場料には食事や飲み物のクーポンが付いてきますよ。クーポンを使用してレストランで安い料金で食事をすることができます。

入場料は一度払えば、24時間出入りが可能です。

関連記事
国によって変わるカジノの年齢制限ってなんであるの?年齢制限を紹介
ドレスコードの意味ってなに?シーン別のドレスコードなどを紹介

クレタ島の近くでカジノが楽しめる地域

クレタ島の近くでカジノが楽しめる場所は、ロードス島やシロス島があります。ロードス島やシロス島のカジノには、多くの国内の観光客が利用していますよ。

クレタ島からロードス島へは飛行機で行くことが可能です。フェリーでアクセスすることも出来ますが、船だと11時間程度かかります。島々のホテルでは、プールやビーチ、ビーチバーなどもオープンするので、夏に行くのがおすすめです。

地中海を代表する島!クレタ島を訪れてみよう

クレタ島の透き通る海の様子
国土の20%程を「島」が占めていると言われるギリシャは、地中海、エーゲ海、イオニア海の3つの海にまたがっている観光立国となっていますよ。大小3,300もの島々があり、リゾートアイランドが多く存在します。

そんな中でも、クレタ島は地中海を代表する観光島です。自然景観と遺跡、美しいビーチはもちろん、国立公園や多くの渓谷・峡谷があります。綺麗な海に自然にリゾートアイランドでゆっくり癒されたい方は、ぜひ、クレタ島へ行ってみてはいかがでしょうか。