セントーサ島の美しいビーチの風景

シンガポール屈指のリゾート「セントーサ島」の魅力 観光地やカジノも紹介!

2019/04/10

カジノやリゾート開発により、人気の観光スポットとなっているのがシンガポールです。

その中でもセントーサ島は、多くの施設が集まったリゾート地として開発されました。シンガポールのお金持ちにとっては、セントーサ島に別荘を持つのがステータスです。

この記事では、東南アジア屈指のリゾート地であるセントーサ島の魅力を紹介いたします。

セントーサ島ってどんな場所?

セントーサ島のビーチに架かる橋
セントーサ島は、シンガポールの南に位置しています。

昔はマラリアが流行しており、多くの人から恐れられていましたが、1970年代からリゾート地としての開発が始まりました。人気のレジャー施設が集まっており、シンガポールの観光の中心として人気の場所です。

島に入るには、入島料がかかります。料金は平日や休日、入る時間帯により異なります。

関連記事
様々な文化が混ざった「シンガポール料理」のおすすめを紹介!

日本からセントーサ島への行き方

セントーサ島へは、シンガポールのハーバーフロント駅から行きます。ケーブルカーでは約10分、セントーサ・エクスプレスでは約4分、徒歩では約15分で到着します。

日本からシンガポールへの直行便は多く、羽田空港、成田空港、関西国際空港、中部国際空港、福岡空港から直行便が運行しています。フライト時間は、7時間前後です。

チャンギ空港からセントーサ島への移動は、タクシーが便利です。タクシーでは、セントーサ島の入り口まで約30分で到着します。

関連記事
燃油サーチャージを出来るだけ抑えてお得に旅行をしてみよう!日本の燃油サーチャージを紹介
海外旅行の際にかかる費用の燃油サーチャージってなに?仕組みを紹介

セントーサ島の気候

セントーサ島は、赤道にかなり近い位置にあります。そのため、年間を通して30度近くまで上がる日が多いです。

特に5月から8月が1番暑く、35度以上の暑い日が続きます。10月から3月は雨季、4月から9月は乾季となります。

セントーサ島のおすすめ観光スポット

セントーサ島には魅力ある観光スポットがありますよ。

ここからはセントーサ島のおすすめ観光スポット「ユニバーサルスタジオ」「セントーサ・マーライオン」「ケーブルカー」「クレーン・ダンス」の4つを紹介いたします。

様々なアトラクションを楽しめるユニバーサルスタジオ


セントーサ島にあるユニバーサルスタジオには、ニューヨーク、SCI-FIシティ、遠い遠い国、マダガスカル、ハリウッド、ロストワールド、古代エジプトの7つのゾーンがあります。

営業時間は10:00から19:00で、入場料は大人S$76、4歳から12歳S$56、60歳以上S$38です。

東南アジア初のユニバーサルスタジオで、日本のユニバーサルスタジオとは異なるアトラクションやイベントが用意されています。日本よりも規模は小さいですが、待ち時間が全く違います。シンガポールの方がアトラクションの待ち時間が少なく、1日で多くのアトラクションに乗ることが可能です。

キャラクターとの記念撮影ができるスポットも、多く用意されています。

レストランでは、ラクサやチキンライスなどの、シンガポール料理が提供されています。

シンガポールで一番大きいマーライオン!セントーサ・マーライオン

シンガポールといえば、マーライオンが有名です。セントーサ島のマーライオンは、シンガポールの中でも1番大きく、高さは37mもあります。セントーサ・エクスプレスの、インビアステーションが最寄りです。

マーライオンの内部も、見学が可能で、内部では、マーライオンやシンガポールに関する映像を観たり、撮影スポットで記念撮影をしたりできます。記念品と引き換え可能なメダルは、入り口でもらえます。

マーライオンの口の部分と、頭の部分は展望台となっています。こちらでも記念撮影が可能です。天気の良い日には、インドネシアまで見渡すことができます。

関連記事
シンガポールで最も有名な観光地「マーライオン」を実際に見てみよう

セントーサ島の景色を楽しめるケーブルカー

セントーサ島を走るケーブルカーの様子
セントーサ島を南北に走っているのがマウントフェーバーライン、東西に走っているのがセントーサラインです。

営業時間は8:45〜22:00、チケットは21:15まで販売しています。両方の路線を使う場合は、大人S$33で子供S$22です。マウントフェーバーラインのみは、大人S$29で子供S$18となります。セントーサラインのみは、大人S$13で子供S$8です。

ケーブルカーでは、セントーサ島のほぼ全ての景色を楽しめますよ。

セントーサ島の夜を楽しめるクレーン・ダンス

セントーサ島の夜を楽しませているのが、クレーン・ダンスです。クレーン・ダンスは、クレーンを使った光と音楽のショーです。20時から30分程度のショーを、無料で楽しめます。クレーンが鶴の形になり、海水からの大噴水やレーザーなどの演出とともに、幻想的な動きをしています。

ショーの時間などはセントーサ島のホームページで確認できます。メンテナンスのため、中止になる期間もあるので、事前に確認する方がおすすめです。

セントーサ島にカジノってあるの?

セントーサ島にはカジノがあります。21歳未満の方は入場できません。入り口では、パスポートチェックが行われています。

ドレスコードは厳しくないため、カジュアルな服装で入場可能です。しかし、水着やビーチサンダル、タンクトップなどの脇が見えるもの、Tシャツなどは、カジュアルすぎるので避けた方が良いでしょう。

関連記事
シンガポールのカジノのドレスコード解説!これを着てカジノに行こう

セントーサ島のカジノホテル!リゾート・ワールド・セントーサ

リゾート・ワールド・セントーサは、1万5000平方メートルもある、大規模なカジノです。1000台以上のスロット、19種類のテーブルゲーム、VIPルームやプライベートルームがあります。

会員になると、カジノで貯まったポイントで食事などを注文できます。カジノ内にはバーカウンターがあるので、飲み物もすぐに用意してくれますよ。

24時間営業の、シンガポール政府公認カジノなので、治安も良いです。初心者でも、安全に楽しめるカジノですよ。カジノ以外にも、ユニバーサルスタジオ、海洋水族館、水のテーマパークなども隣接しています。

また、約1600室もある大型ホテルであり、オーシャン・スイートと呼ばれる部屋では、窓が水槽になっています。マンタなどの海洋生物を観察できる、個性的な部屋です。6つの異なるテーマのホテルが集まっており、個性的な演出と高級ベッドでゆったりと贅沢に過ごせます。

敷地内のエスパ・アット・リゾート・ワールド™・セントーサは、シンガポール最大の高級スパです。自然に囲まれたお忍び感覚のスパで、贅沢な時間を過ごせます。個室ではありませんが、広い敷地のスパなので他の人を気にすることなく、独占している気分になれます。

レストランは60店以上もあり、屋台風のカジュアルなものから、高級レストランまで多様なタイプがあります。

関連記事
国営カジノってどんなカジノ?世界のカジノ事情と特徴を紹介

日頃の疲れを癒せるセントーサ島で快適に過ごそう

セントーサ島にあるリゾートの風景
観光、レジャー施設、アトラクションやエンターテイメントなど、遊びの全てが揃っているのがセントーサ島です。

小さな島ですが、楽しい時間を演出してくれるのが、セントーサ島の最大の魅力ですよ。ぜひ旅行先に迷っている方はセントーサ島を検討してみてください!