愛され続けて800年?!ポルトガル/アルブフェイラ「ペネコビーチ」

2019/03/26

ユーラシア大陸の西の果て、北大西洋の広大な海原を臨む「ポルトガル」。その最南端にある「アルブフェイラ」は、日の光を受けてまばゆく輝く“白壁の街並み”が特徴的な、美しきリゾートタウン。

1960年代まではのどかな漁村に過ぎなかったというこの町は、今やポルトガルを代表する“絶景ビーチリゾート”へと変貌を遂げています。