アジアのリゾートホテル

リラックスできる!アジアのリゾートホテル7選!旅行の際はここを検討してみよう

2018/08/19

残業や休日出勤など、現代の日本人は働きすぎだと言われることがありますよね。更に、せっかく有給が余っていても周りの目が気になってしまって休みが取りづらく感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

「最近仕事しかしてないな・・・」「なんだか疲れが取れない・・・」と感じているあなたに必要なのは、心も体もリラックスできる時間なのかもしれません。そこで今回は日頃の疲れを癒すのにピッタリな、アジアのリゾートホテルをたっぷり紹介します!

リラックスできるアジアのリゾートホテル7選

ここからは地域別にオススメのリゾートホテルをご紹介します。

カンボジア「ケップ」のリゾートホテル

カンボジアといえばアンコールワットなど数々の遺跡を目当てに数多くの観光客が訪れる国。そんなカンボジアにも実はリゾートがあるのです。

特にカンボジア南部に位置する特別市「ケップ」は、海の美しさと海鮮料理の美味しさで近年人気が高まっているリゾートの一つ。カンボジアの首都プノンペンからバスが出ており、約3時間半・7ドル程度で行くことができます。

新鮮な海の幸が堪能できるケップですが、特に蟹が名物で、クラブマーケット(カニ市場)が人気の観光地となっています。マーケットでは、蟹を購入するとその場で調理してくれるお店もあり、胡椒の実とニンニクで炒めてくれるカニ料理が絶品なんだとか♡

◆Q バンガローズ
プライベートヴィラ:有
価格帯:約2,300円〜/泊

複数のバンガローが敷地内に設置されているリゾートホテル「Q バンガローズ」は、リーズナブルな値段とアットホームな雰囲気で大人気。クラブマーケットなどの観光地からも近いことも人気の秘密です。

 

View this post on Instagram

 

Ali Gregoryさん(@ali_gregbot)がシェアした投稿

 

◆ヴェランダ ナチュラル リゾート
プライベートヴィラ:有
価格帯:約18,000円〜

ケップの市街地から500メートルという好立地にある「ヴェランダ ナチュラル リゾート」は、ケップ半島の美しい景観を堪能できるプライベートヴィラが大人気の高級リゾートホテルです。敷地内にある大型のプールは、インスタ映え間違いなし!

 

View this post on Instagram

 

paperback magazineさん(@paperback.asia)がシェアした投稿

更に、キッズスペースも完備されているため、家族旅行でリゾートを堪能したい方にもオススメですよ!

 

◆クナイ バン チャット リゾート
プライベートヴィラ:無
価格帯:約21,000円〜/泊

海沿いに佇む人気リゾートホテル「クナイ バン チャット リゾート」は、価格帯は高めであるものの、ホテルスタッフの接客の素晴らしさや、アンティーク家具を用いたお洒落なインテリアが旅行者に支持されています。

 

View this post on Instagram

 

Knai Bang Chattさん(@knaibangchatt)がシェアした投稿

お庭にはハンモックもあり、ここでゆっくりお昼寝する時間は格別!観光地からも近いので、夜はクラブマーケットでリーズナブルなお食事を楽しむ宿泊客も多いようです。

 

シンガポール「セントーサ島」のリゾートホテル

シンガポール島の南に位置するセントーサ島は、シンガポールの観光地として近年目覚ましい発展を遂げており、多くの観光客で賑わっています。

ユニバーサル・スタジオ・シンガポールや、キッザニア・シンガポールなど、大人だけでなく子供も楽しめる施設が多数あるため、ホテルやビーチでリラックスしたいけど、しっかり観光もして旅行をアクティブに楽しみたいという方にオススメな場所です。

そんなセントーサ島はシンガポール島からバスやタクシー、ケーブルカー、モノレール、さらには徒歩で行けるので利便性も抜群なのが嬉しいポイント!

◆アマラ サンクチュアリー リゾート セントーサ
プライベートヴィラ:有
価格帯:約24,000円〜/泊

120の客室がある大型のリゾートホテル「アマラ サンクチュアリー リゾート セントーサ」は、充実した設備や洗練されたモダンなデザインが人気です。敷地内にはプール、レストラン、バー、スパが完備されており、一日中ホテルで過ごすことができます。

 

View this post on Instagram

 

Jason Kohさん(@jasonkoh1688)がシェアした投稿

 

◆シロソ ビーチ リゾート セントーサ
プライベートヴィラ:有
価格帯:約37,000円〜/泊

 

続いて紹介するのが「シロソ ビーチ リゾート セントーサ」。このリゾートホテルの特徴は、なんといっても大型の美しいプール!森林浴をしながらプールに身体をゆっくり浮かべれば、心からリラックスできます。

 

View this post on Instagram

 

Chrisさん(@chrissiek80)がシェアした投稿

エコホテルとしても名高いシロソ ビーチ リゾート セントーサの敷地内にはクジャクやリスなどの動物が悠々と歩いており、豊かな自然を満喫できるのが嬉しいポイント。

WiFiが全室に完備されておらず、プールエリアなど限られた場所でしかWiFiが使えないという点に不便を感じる人もいるようですが、この機会にスマートフォンやPCを置いて思い切りゆっくりするのもオススメです。

 

ラオス「ルアン パバーン」のリゾートホテル

ラオス北部にある古都「ルアン パバーン(又はルアンパバン)」は、1995年にユネスコの世界遺産に登録された町です。日本からはタイ・バンコクで飛行機を乗り継ぎ、ルアンプラバーン国際空港までと、1回の乗り継ぎでいけるので、アジア旅行初心者でもオススメ。

石灰岩が織り成すライトブルーの光景が美しい「クアンシーの滝」、街並みが一望できる「プーシーの丘」、美しい装飾に圧倒される仏教寺院「ワット・シエントーン」など、ルアン パバーンには文化や歴史に触れる大人のリゾート旅行を楽しめるスポットが数多くあるのが特徴です。

気温が高いので、観光は午前中と夜がオススメ!なんと、毎晩ナイトマーケットが開かれるので、食事やショッピングも楽しめます。

 

◆ヴィラ マレー
プライベートヴィラ:無
価格帯:約10,000円〜/泊

フランス人オーナーが経営する「ヴィラ マレー」は、こじんまりとしながらも優雅な時間が流れる雰囲気が人気のリゾートホテルです。

 

View this post on Instagram

 

Villa Maly Boutique Hotelさん(@villamaly)がシェアした投稿

統一感のあるお洒落なインテリアもさることながら、「夜22時まで使えるプールが嬉しい」、「近くで自転車がレンタルできるので便利」という点も高ポイント。

 

◆ザ ベレリーヴ ブティック ホテル
プライベートヴィラ:無
価格帯:約11,000円〜/泊

お洒落な外観がインスタ映え必至の「ザ ベレリーヴ ブティック ホテル」の名物は、何と言ってもメコン川の眺め。メコン川を眺めがら美味しい朝食を食べたり、メコン川でサンセットクルーズをすることもできます。

 

View this post on Instagram

 

The Belle Rive Boutique Hotelさん(@thebellerive)がシェアした投稿

観光地からは少し離れていますが、自転車のレンタルもあるため心配なし。

 

今年は「リラックス」をテーマに旅しよう

海外旅行に行きたいと思っても、目的地を一発で決めるのは難しい時がありますよね。そんな時には「冒険」「癒し」など、何か一つ旅行のテーマを決めて、そのテーマに沿った場所を探す方法がオススメ!

もしあなたの次の旅のテーマが「リラックス」ならば、この記事でご紹介したリゾート地やホテルを是非チェックしてみてくださいね。