水の都「ベネチア」の一押しホテル

水の都「ベネチア」の一押しホテルをエリア別にご紹介!

2018/08/19

イタリア北東部に位置する水の都「ベネチア」は、多数の島を約400の橋で繋いだ美しい観光地です。自動車が入れないため、主な移動手段は水上バスやゴンドラに限られます。

実は、そんなベネチアも環境の変化とともに水位が上がり、近い将来水に沈んでしまう恐れがあると言われています。その前に、一度はベネチアの美しい街並みを見てみたいものですよね。

穏やかな気候の中で堪能するおいしい料理や、おとぎ話の中に入り込んだような色とりどりのガラス細工と舞踏会の仮面を見ながら、ベネチアで夢のひと時を味わってみませんか?

 

ベネチアの基本情報

ベネチアはイタリア半島の北東部に位置している、アドリア海の小さな島々からなる都市です。1,000年続いたベネチア共和国の歴史があり、島とその周りに広がる潟を利用して、多くの侵入者から国を守ってきた歴史があります。水路が張り巡らされた非日常的な景観もさることながら、その世界遺産の多さからも観光スポットとして人気があります。

 

日本からベネチアへの行き方

ベネチアへのオススメの行き方は2通りあります。

1,成田から直行便でミラノ→鉄道でベネチア

成田からミラノまでは直行便で約15時間かかり、ミラノからベネチアまでは鉄道で2.5時間〜3.5時間程度の距離です。

2,成田から他国→乗り継ぎ便でベネチア

ベネチアまでの乗り継ぎ便が出航しているのは、オランダのアムステルダムや、アラブ首長国連邦のアブダビ、フランスのパリなどです。

 

ベネチアまでの飛行機代

飛行機の往復チケットの金額は¥120,000~¥200,000程度かかります。

 

ベネチアの主な観光地

◆サン・マルコ広場

世界で最も美しい広場であると、ナポレオンが絶賛したサン・マルコ広場。この広場には、ベネチアで最も有名な大聖堂「サン・マルコ寺院」があります。

◆リアルト橋

街を走る大運河カナル・グランデに架かるリアルト橋は、その美しさから多くの観光客が訪れるスポットです。橋の上にはガラス製品やアクセサリーを売るお店も並んでいます。

◆ドゥカーレ宮殿

サン・マルコ広場に面したところに9世紀に建造されたドゥカーレ宮殿は、ヴェネツィア・ゴシック様式の代表的な建築です。

◆ため息橋

ドゥカーレ宮殿の尋問室と牢獄を結ぶ橋は、牢獄に送られる罪人がベネチアの美しい景色を見るのはこれが最後とばかりにため息をこぼす事から「ため息橋」と呼ばれています。ゴンドラに乗って、日没時にこの橋の下でキスをすると永遠に結ばれるという伝説もあることから、カップルに人気のスポットです。

 

ベネチアの宿泊施設の基本情報

ベネチアは、本島、リド島、メストレの3エリアに分類されます。

◆本島

その中でも本島はベネチア観光の中心地であり交通の便も良いため、3エリアの中でもホテルの代金は比較的高めです。時期によって違いはありますが、一泊あたり¥30,000~¥50,000程度が相場であり、安いホテルでも20,000円程度かかります。

◆リド島

リド島は、本島より南に浮かぶ細長い島で、ベネチアの中でも唯一車が走れます。映画「ベニスに死す」の舞台で、毎年ベネチア国際映画祭が開催されることでも有名です。ビーチに近い立地で人気があり、一泊¥10,000~¥15,000程度とリーズナブルな料金で宿泊することができます。

◆メストレ

メストレは、ベネチア潟の本島より橋でつながっているイタリア本土にある地域です。同じベネチアではあるにもかかわらず、その歴史は本島とは異なり、メストレは近代的な工業地域として発展しています。宿泊料金も安価で約¥8,000~¥12,000と手ごろです。本島に比べると物価は安く、交通も発達しているので宿泊は本土のメストレで、観光は橋を渡って本島に出かけたり、フェリーでリド島に出かけたりすることもできます。

 

エリア別!ベネチアのおすすめホテル

前述の通り、ベネチアでは、主に本島、リド島、メストレの3エリアで宿泊料金の相場が異なります。ここからは各エリアでオススメのホテルをご紹介するので、あなたの予算に合わせたホテルを見つけてみてくださいね!

 

本島でオススメのホテル

◆パレス・ボンヴェアッキ
価格帯:約30,000円〜/泊

「パレス・ボンヴェアッキ」はサン・マルコ広場にほど近く、観光にはとても良いロケーションです。インテリアもモダンで洗練されていて、清潔感があります。さらに、子供用のバスローブ、オムツ専用のゴミ箱なども用意されているため小さなお子さんがいる人にもオススメです。

◆スプレンディド ヴェニス スターホテルズ コレツィオーネ
価格帯:約25,000円〜/泊

「スプレンディト・ヴェニス・ベネチア・スターホテルズ・コレツィオーネ」は、サン・マルコ広場とリアルト橋の中間辺りに位置しています。日本人好みの清潔感溢れる室内と、フレンドリーで親切なスタッフ対応も好感が持てます。

 

リド島でオススメのホテル

◆ヴィラ・ラグーナ
価格帯:約18,000円〜/泊

水上バスの乗り場からすぐのところに位置する「ヴィラ・ラグーナ」は、利便性の高さが人気です。ビーチへも徒歩15分ほどで着くので、本島とリド島の観光をどちらも楽しみたいという方にはオススメです。ベネチア本島を眺めながら食べる朝食は格別!

◆パノラマ
価格帯:約19,000円〜/泊

リド島で人気のホテル「パノラマ」には、リゾート感が存分に味わえ本島が一望できる素敵なお部屋があります。ビーチからも水上バスの乗り場からも近く利便性も問題ありません。比較的部屋が狭いと感じるかもしれませんが、ベネチア本島の喧騒から離れてリラックスするにはもってこいのホテルです。

 

メストレでオススメのホテル

◆トリトーネ
価格帯:約12,000円〜/泊

メストレの商店街の近くに1960年に建てられた「トリトーネ」は、2005年に改装されており、モダンで洗練されたインテリアが好評の人気ホテル。ベネチア本島へもバスで15分程度とアクセスも良好です。

◆モンディアル
価格帯:約6,000円〜/泊

「モンディアル」はとてもリーズナブルなホテルです。フロントには美しいオブジェが飾られていてゲストを気持ちよく迎えてくれます。本島行きのバス停へのアクセスも良く、オススメです。

 

素敵なホテルでベネチアの旅を楽しんで

ベネチアは旅のスタイルに合わせて宿泊先を選ぶことが可能な街です。

世界遺産をたくさん楽しみたい、ゴンドラに乗ってみたいという場合は本島でアクティブに観光できる立地の良い場所を選びましょう。

のんびりとリゾート気分を味わいたいなら、リド島でラグーンを眺めながらおいしい食事をすることができます。

さらに、予算を抑えてとことんベネチアを楽しみたい時はメステレ地区を拠点にして、電車やバスの交通機関を利用するのもお勧めです。

どんな旅にしたいかをじっくり検討した上で、ベネリアで素敵な時間を過ごしてくださいね!