ホテルデザインの54%が地元資材。進化したエコ・ラグジュアリーホテルとは

2019/06/29

NYは多様なラグュジュアリーホテルの建設ラッシュ

NYでは2017年頃からラグジュアリーホテルの建設ラッシュが続いています。代表格としては長らく廃墟となっていた135年の歴史を誇る古い建物(歴史的建造物に指定)をリノベーションした「ザ ビークマン トンプソン ホテル(The Beekman Thompson Hotel)」や、マンハッタンを見下ろせるルーフトップバー「ウェストライト(West Light)」を最上階に構えたホテル「ザ ウィリアム ヴェイル(The William Vale)」があります。

ネクストムーブメントはエコ・ラグジュアリーホテル

そんなニューヨークでは、従来のラグジュアリーホテルにサスティナビリティ(持続可能性)を意識した建築と運営という要素を加えた「エコ・ラグジュアリーホテル」がネクストムーブメントに。

その中でも注目を集めているのが、「ワンホテル ブルックリン ブリッジ(1 Hotels Brooklyn Bridge)」です。

「ワンホテル ブルックリン ブリッジ」とは

2015年にオープンしたマイアミのサウスビーチ、マンハッタンのセントラルパークに続き、2017年から営業を開始したワンホテル ブルックリン ブリッジ。

ニューヨークを拠点とする建築デザインスタジオ「インコーポレート」(https://inc.nyc/)が内装を手がけた10階建てで、周囲を水辺と公園に囲まれ、イーストリバーやマンハッタンを一望できます。

ホテル内にはイギリス発祥のラグジュアリーオーガニックスパ「バンフォード スパ(Bamford Spa)」を始め、レストラン、カフェ、プール付きのルーフトップバーがあり、宿泊者以外にもビジターが数多く訪れています。

床から天井まで広がる大きな窓が開放的な、ゲストルームでは、ワンホテル ブルックリン ブリッジのオリジナルアプリである「ワンガイド(1Guide)」で室内照明、テレビ、フロントとのコミュニケーションまで全てを完結できるようになっています。

地域とのコラボレーションで生まれるサスティナブル空間

ワンホテル ブルックリン ブリッジが単なるラグジュアリーホテルと一線を画す理由は、環境に配慮した建物の評価・認証システムLEEDガイドライン(Leadership in Energy and Environmental Design の略で非営利組織USGBC(http://usgbcma.org/)が開発及び運営を行っている)に基づいて建てられているということ。

そのガイドラインの一部は以下の通り。

  • ホテルデザインには54%地元資材が使用すること。
  • 雨水の再生システムを利用すること。
  • 施設内の電力供給には100%風力エネルギーを使用すること。
  • 低エネルギー電球の使用と3重浄水システムを使用すること。
  • ルームダイニングやミニバーの売り上げの一部を世界人道的活動組織「Action Against Hunger」(http://www.actionagainsthunger.org/)に寄付すること。
  • 自然をテーマにしたアートコレクションを常設すること。

実際に、プラスチックゴミの削減の為、お部屋にはペットボトルの水ではなく、飲料用の水道が完備されています。

また、廃材など地元の資源を生かしたインテリアは都会的でありながらもどこ温もりを感じるデザインに。ホテルのいたるところで、緑を感じることができ、都会的なマンハッタンとはまた違うブルックリン地区ならではの空気も満喫できます。

ホテルの徒歩圏内に話題の「タイムアウトマーケット」がオープンしますます人気スポットとなるダンボ地区。ぜひブルックリンを訪れたらワンホテル ブルックリン ブリッジに滞在して、持続可能な社会を目指す最先端の取り組みを体感してみて。

 

1 Hotel Brooklyn Bridge
住所:60 Furman St. Brooklyn, NY11201
電話番号:877-803-1111
公式サイト:https://www.1hotels.com/