パエリア!アヒージョ!スペイン料理といえばこれ!東京ではここで食べられる!

2018/08/28

スペインと聞いたら、あなたは何を思い浮かべますか。 フラメンコや闘牛などのスペイン独自の文化や、着工から100年以上経った今でも建設中の「サグラダ・ファミリア」のような建築物など、スペインには魅力的な観光地や見どころがたくさんありますよね。

さらに、スペインといえば、日本人の口にあう美味しい料理も魅力の一つ。実は、スペイン料理は2010年にユネスコの無形文化遺産に登録もされているんですよ。この記事では、 スペインはどんな国なのか、そして伝統的なスペイン料理にはどんなものがあるのかを紹介していきます。さらに、日本にあるオススメのスペイン料理店も厳選してご紹介!スペインに興味がある方、必見です♡

 

スペインの場所や観光名所

スペインは南ヨーロッパのイベリア半島に位置する国です。地図上でスペインを見つけるときは、まず長靴の形をしたイタリアを探してみましょう。このイタリアの左側に(西側)地中海があり、地中海を挟んだ所にあるのがスペインです。 首都はマドリードで、オリンピックがあったバルセロナはマドリードに次いで人口が多い地域です。

スペインには世界遺産がたくさんあります。特に、建築士アントニ(オ)・ガウディの建築物は世界遺産に登録されている、スペインが誇る名所。グエル公園や高級マンションの「カサ・ミラ」、見る人を圧倒させるサグラダ・ファミリアなどがあります。

美術館もお勧めです。世界3大美術館の1つになっているプラド美術館には約8,000点の絵画があります。ピカソ美術館も有名ですよ。

さらに、スポーツ好きな人には、リーガエスパニョーラのサッカー観戦なども良いでしょう。FCバルセロナなどが所属しています。

関連記事
古代ヨーロッパの雰囲気が残る「スペイン」で様々な文化や芸術を体感できる観光をしよう!
スペイン・マヨルカ島って?行くか悩んでいる方はこれをみて検討しよう
日本人に大人気の旅行先!スペインの魅力的な島 イビサ島を紹介

 

オススメのスペイン料理

パエリア

スペイン料理と言えば、エビやムール貝など魚介類がふんだんに使われたパエリアを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、本場のパエリアは日本で見るものとは少し違います。パエリアの発祥の地はスペイン東部バレンシア地方。そこで作られるパエリアは、魚介類ではなく、うさぎや鶏肉、かたつむり、いんげん豆を使います。魚介類が入ったパエリアは、20世紀後半にスペインが観光業で急速に発展していった中で作られるようになったものなのだとか。

 

アヒージョ

エビやマッシュルームなどを細かく刻んだニンニクとオイルで煮込むアヒージョも、日本では比較的有名なスペイン料理の一つ。スペイン中部に位置する都市マドリードから南の地方の代表的なタパス(小皿料理)です。

ソパ・デ・アホ

卵、ニンニク、硬くなったパンを使ったスープである「ソパ・デ・アホ」。「アホ」はにんにくという意味です。貧しい羊飼い達が、硬くなったパンを使った料理を考案したのが始まりだと言われています。

 

ボケロネス

「ボケロネス」はいわしの酢漬けのこと。スペインではバルの定番メニューになっています。生のいわしをワインビネガーなどの調味液に浸した料理で、サッパリした口当たりが白ワインによく会います。

コチニージョ・アサード

「コチニージョ・アサード」は、生後15日~20日で体重が約4㎏ほどの子豚を丸焼きにしたものです。マドリード近郊のセゴビアの名物料理で、スペインに行ったら必ず食べて!と多くの観光客がお勧めする絶品料理。皮がパリッとしていて美味しいので是非試してみてくださいね!

 

ポルボロン

お菓子でお勧めは「ポルボロン」です。アンダルシア地方発祥のクリスマスの代表的なお菓子で、口に入れるとホロホロと崩れていきます。口の中で溶けないうちに「ポルボロン」を3回唱えることができれば幸せになれると言われる魔法のお菓子なんですよ。

 

チュロス

チュロスは日本でもお馴染みですが、スペインでも大人気!チョコラテ(ホットチョコレート)と共に出されることが多く、チュロスをチョコラテに浸して食べるのが地元の人のお作法なのだそう。

関連記事
中国!フランス!トルコ! 世界三大料理の特徴と共通点の解説
様々な国や地域ごとの違いを楽しむ!世界の料理のおすすめを紹介

 

東京で本格的なスペイン料理を食べられるお店4軒

日本でもスペイン料理を味わえるお店はたくさんあります。特に東京にはたくさんのスペインバルやスペイン料理店があるんですよ!今回は都内でも屈指の人気店をご紹介します。

レストラン サンパウ

接待でよく使われるのは「レストラン サンパウ」です。スペインに本店があり、本店のレシピをもとにしたお料理を提供しています。夜は2万~3万円、昼は1万~1万5000円が予算の目安です。

スリオラー

銀座のスリオラー(ZURRIORA)もモダンなスペイン料理のお店として有名です。ディナーコースで1万3500円と1万6500円です。ランチは4800円と6800円があります。

アルドアック

カウンター8席のみの隠れ家的なお店が、代々木八幡駅南口から徒歩3分の「アルドアック」です。1人で経営されているので、完全予約制でディナーはお任せコースのみです。昼は3,000~4,000円、夜は1万~1万5,000円が目安でしょう。予約の時に予算を言うと、それに合わせて提供してくれます。なお未就園児は入店できないので注意してください。

エネコ東京

西麻布の「エネコ東京」も人気のモダンスペイン料理店です。夜は1万円~1万5,000円、昼は6,000~8,000円が予算目安です。小学生以下のお子さんも個室を予約すれば利用できます。

 

スペイン料理を楽しもう!

スペインへ行くのであれば、4~10月がベストシーズンだと言われています。地域によっては夏は40℃くらいにまで気温が上がるところもありますが、湿気が少ないので日本よりもずっと過ごしやすいのが特徴です。スペインの太陽や景色や人々の温かさがあなたの疲れた心や傷ついた心を癒してくれるでしょう。

スペイン旅行に行ったら、観光とともに是非楽しんで欲しいのが現地の食事です。地域によって味付けや具材が異なるスペイン料理には、この記事では紹介しきれないくらい色々な料理があるのです。是非、色々なレストランやバルに行って、あなたのお気に入りの一皿を見つけてみてくださいね。

休みが取れないからスペイン旅行になかなか行けない!という人は都内のスペイン料理店で、スペインの素晴らしい食文化を堪能してみてはいかがでしょうか?